[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

FIFA 19 通常版 PS4版
価格:7076円(税込、送料無料) (2018/9/6時点)


【ACL動画】広島、大邱下しACL3連勝で首位浮上!ルーキー荒木が値千金ヘッド!

category - CL / EL 0
1: 名無しさん@蹴球 2019/04/23(火) 22:00:47.81
 ◇ACL1次リーグ第4節 広島1―0大邱(2019年4月23日 大邱)

D416OpMUEAE7GdT.jpg 

 サッカーのアジア・チャンピオンズ・リーグ(ACL)は23日、1次リーグ第4節が行われ、F組の広島はアウェーで大邱(韓国)に1―0で勝利。3連勝で勝ち点を9に伸ばし、グループ首位に浮上した。

 10日の第3戦では、ホームで大邱に2―0の快勝を収めた広島。この日はアウェーで序盤から劣勢を強いられたが、前半34分にセットプレーから先制。MF森島の左CKを、ニアに飛び込んだ大卒ルーキーの荒木がダイビングヘッドで合わせた。

 1点リードで折り返し、後半は防戦一方の展開に。それでもディフェンス陣が体を張ってシュートブロック。荒木の値千金の得点をチーム一丸で守り切り、アウェーの地で勝ち点3を手にした。



 1次リーグ初戦は広州恒大(中国)に敗れたが、第2節から3連勝。勝ち点6で並んでいた広州恒大がメルボルン(オーストラリア)と引き分けたため、広島が首位に浮上した。

 次節は5月8日、ホームで広州恒大と対戦する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190423-00000192-spnannex-socc

続きを読む

【動画】「恐怖のスピード!」エムバペが世界記録男ボルトに匹敵する“時速”をマーク!

category - 事件・話題 0
1: 名無しさん@蹴球 2019/04/23(火) 07:07:15.73
得点数を30点台に乗せ、キャリアハイを更新

20190423-00010000-sdigestw-000-2-view.jpg 

パリ・サンジェルマンのフランス代表FW、キリアン・エムバペが驚異的な数値を叩き出した。

日曜日に行なわれたリーグ・アン第33節、ホームでのモナコ戦。
すでに試合前、2位リールが引き分けたために2年連続8度目のリーグ優勝を決めていたパリSGは、エムバペのハットトリックの大活躍で3-1の勝利を収め、戴冠に華を添えた。

世間をあっと言わせたのは、エムバペの先制点だった。15分、パリSGがロングカウンターを仕掛ける。
ハーフウェイライン付近でボールを受けたエムバペはすぐさま右サイドのムサ・ディアビにパス。
すると猛然と敵陣中央を駆け抜け、瞬く間に守備者ふたりを置き去りにした。タメを作ったディアビの好パスを受け、難なくゴールを割ったのだ。

テレビ中継局がこのダッシュ時の速度を集計したところ、ビックリするような値が出た。
トップスピードが時速38キロに達していたというのだ!

これはあのウサイン・ボルトを上回るもの。2009年の世界陸上で、ジャマイカの英雄は100メートル走の世界新記録、9秒58をマークした。
その平均スピードは、時速37.58キロ。
わずかに今回のエムバペが勝利したのである。つまり20歳の韋駄天がまったく同じペースで100メートルを走破すれば、ボルトの世界記録を塗り替えられるということだ。

ただ、ボルトの場合は「平均スピード」であって「トップスピード」ではない。レコード樹立時のトップスピードは時速44.72キロに達していた。

それでも、エムバペの走りは圧巻だ。英紙『The Sun』はSNS上における以下のような称賛コメントを掲載している。

「恐怖を感じさせるほどのスピードだ! 決定的な殺傷能力がある」
「地球上のどんな優秀なディフェンダーをも混乱させるだろう。非現実的な才能だ」
「なんて加速力だろう。驚異的としか言いようがない!」

モナコ戦の3発で今季リーグ戦の得点数を30としたエムバペ。
自身のキャリアハイを更新するとともに、初のリーグ・アン得点王の座もほぼ確定させ、まさに“最速”でスターダムを駆け上がっている。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190423-00010000-sdigestw-socc

続きを読む

【動画】森岡亮太、復活のスーパーゴール!シャルルロワは4-0大勝で3連勝

category - 各国代表・リーグ 0
1: 名無しさん@蹴球 2019/04/23(火) 10:15:37.71
[4.22 ベルギー・リーグ2A第5節 シャルルロワ4-0ベールスホット・ウィルレイク]

20190423-43466233-gekisaka-000-4-view.jpg 

 ベルギー・リーグのプレーオフ2A第5節が22日に行われ、MF森岡亮太の所属するシャルルロワはホームでベールスホット・ウィルレイクと対戦し、4-0で勝利した。ベンチスタートの森岡は後半18分に途中出場。2-0の同35分に追加点を挙げ、4試合ぶりとなる今季3得点目を記録した。

 2連勝中のシャルルロワは前半アディショナルタイム5分、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を経て獲得したPKをFWアダマ・ニアネが決めて先制すると、前節のウェスターロ戦(2-0)を欠場していた森岡を後半18分に投入。後半27分にはカウンターからFWビクター・オシムヘンのゴールで2-0とした。

 そして迎えた後半35分、左サイドからのFKが相手にヘディングでクリアされ、高く跳ね上がったボールにPA手前中央の森岡が反応。後ろに下がりながら落下地点に入り、右足で鮮やかなダイレクトシュートを突き刺す。プレーオフ2A第1節シントトロイデン戦(1-3)以来、4戦ぶりとなる今季3ゴール目となった。



 シャルルロワは後半40分にFWジェレミー・ペルベのPKでさらに1点を追加し、4-0で快勝。3試合連続の無失点で3連勝を飾った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190423-43466233-gekisaka-socc

続きを読む

ヤヤ・トゥーレがJリーグ参戦?欧州以外でのプレイを示唆!

category - 移籍情報・噂 0
1: 名無しさん@蹴球 2019/04/22(月) 17:39:56.25
GettyImages-877239636-800x537.jpg 

マンチェスター・シティーやバルセロナで活躍した元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレ(35)が、Jリーグに参戦するかもしれない。英BBC放送のインタビューで現役続行を示唆。アジアでのプレーにも興味を示した。

アフリカ年間最優秀選手賞を4度受賞した名選手が、日本で現役を続ける可能性が出てきた。5月13日に36歳になるMFは18年9月にギリシャ1部オリンピアコスに移籍したが、11月に退団。現在は移籍金が発生しないフリー選手となっている。同選手はインタビューで「あと、2、3年はプレーすることができると思う。引退はしない。誰も私からサッカーを奪うことはできない」と現役続行を明言した。

どこでプレーするかを聞かれると「アメリカ、中東、アジアもあるかもね」と欧州以外でプレーする可能性を示唆した。「考える時間もあるし、来季に向けてしっかり考えて決断するよ」と話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190422-04220394-nksports-socc

続きを読む

他サイト新着記事