[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

FIFA 19 通常版 PS4版
価格:7076円(税込、送料無料) (2018/9/6時点)


本田圭佑、新天地でボランチ転向?「新しいポジションで新しいチャレンジになる」

category - 選手・小ネタ 1
1: 名無しさん@蹴球 2018/10/18(木) 10:40:18.60 _USER9
20181018-00293603-footballc-000-8-view.jpg 

オーストラリア1部のメルボルン・ビクトリーに所属し、カンボジア代表GMでもある32歳の本田圭佑が18日に記者会見を行なった。

 以前、本田は2020年の東京オリンピックを目指していることを明かしていた。ライバルに打ち勝つためにも、プレー面の向上が求められる。メルボルン・ビクトリーでは、どのような本田圭佑をピッチ上で見せていきたいか問われると 「試合を観てもらえればわかると思いますが、ポジションが変わりますので。まぁ、新しいポジションで新しいチャレンジになるので」と答えている。詳しくは話さなかったが、新しいポジションはボランチだと思われる。

 メルボルン・ビクトリーは現地時間20日にメルボルン・シティとの“ダービー”を控えている。この試合に向けて本田は「残り1日しっかり練習して、自分の力をどれだけ出せるかということが楽しみで仕方ないです」と語っている。オーストラリアで成し遂げたい目標に関しては「優勝ですね」とし、「簡単な目標ではないと思うんですけど、幸いプレーオフルールがオーストラリアにはあるということで、プレーオフに入って勝負に勝てれば…。とにかくリーグで1位になりたいなと思っています」とコメントしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181018-00293603-footballc-socc

続きを読む

【悲報】小柳ルミ子さん、日本代表勝利もウルグアイに不満「本気じゃないんだもの」

category - 事件・話題 0
1: 名無しさん@蹴球 2018/10/18(木) 15:38:34.34 _USER9
ルミ子 日本勝利もウルグアイに不満「本気じゃないんだもの」

1052283054-800x533.jpg 

 大のサッカーファンで知られる歌手の小柳ルミ子が18日、ブログを更新し、16日に行われたサッカー日本代表対ウルグアイ戦について「私はいまいち盛り上がらなかった」とコメント。その理由について「ウルグアイが本気じゃないんだもの」と不満を募らせた。

 ルミ子は仕事終了後に会場にかけつけ、生観戦。試合は日本が4-3で勝利し、会場はもちろん、翌日の報道なども盛り上がりを見せた。

 だがルミ子は「日本代表の勝利、良かった、良かった」としながらも「でも私はいまいち盛り上がらなかった」とした。

 その理由は「ウルグアイが本気じゃないんだもの」とバッサリ。「プレッシングには来ないし、寄せも甘いし、ミスパスは多いし、連携、連動もミスだらけだし、こぼれ球の反応も遅いし、直ぐに日本にカットされてカバーニ迄ボールが行かない」と切り捨てた。

 ルミ子はこれまでもウルグアイの試合を生で何度も見てきているが「一昨日のようなゆる~~~~~いパフォーマンスは見た事ない」といい、「ウルグアイはこんなもんじゃないから。本気でやってほしかった」と、緩いウルグアイからの4得点は興奮できないとコメント。

 欧州リーグはシーズンが始まったばかりとあって「本気でやってくれる訳ないよな~」と事情を汲みつつも「でもなぁ~今迄観たウルグアイの試合で最低のパフォーマンス。それでも3点獲っちゃうんだから大したもんだ」と半ば呆れ気味につづった。

 日本については「ウルグアイが手を抜いていたとは言え日本代表選手はベストを尽くして頑張った」と評価。過信は禁物としながらも「決定力不足と言われ続けて来た日本代表JP 中島翔哉、南野拓実、堂安律の頑張りによって明るい未来が見えてきた」とつづっていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181018-00000071-dal-ent
no title

続きを読む

世界ランク5位ウルグアイを撃破!新生・日本代表はロシアW杯当時より強い?

category - 日本代表 1
1: 名無しさん@蹴球 2018/10/17(水) 20:53:39.59 _USER9
20181017-00013883-nallabout-000-1-view.jpg 

◆インパクト大の“三銃士”

世界ランク5位を撃破! 新生・日本代表はロシアW杯当時より強い?
サッカー日本代表の勢いが止まらない。3対0で勝利した12日のパナマ戦に続いて、16位のウルグアイ戦でも白星をあげたのだ。写真は新生日本代表でインパクトを残した(左から)中島翔哉、堂安律、南野拓実(写真:JFA/アフロ)

10月16日に行なわれたウルグアイとのテストマッチで、日本代表は4対3のスリリングな撃ち合いを演じた。南米の伝統国ウルグアイは、最新の国際サッカー連盟のランキングで5位に食い込んでいる実力だ。直前に韓国に敗れていたこともあり、日本代表戦には通常のテストマッチ以上の熱量で臨んできた。

4対3というスコアは、サッカーでは大味なゲームと言える。ただ、堅守を伝統とするウルグアイから4点を奪っただけでなく、さらに多くのチャンスを作り出したのは、掛け値なしに評価されていい。

森保監督のもとで戦うのはまだ3試合目だが、ロシアW杯に出場したストライカーの大迫勇也と同大会に出場していない中島翔哉(24歳)、南野拓実(23歳)、堂安律(20歳)の攻撃陣は躍動感溢れるプレーを見せた。南野は3試合連続となる2得点をあげ、堂安は代表初得点をマークした。無得点の中島も南野の先制点をアシストし、大迫の5本に次ぐ4本のシュートをすべてく枠内へ持っていった。若い選手を従えた大迫も、チームの2点目をゲットしている。

若い3人が記したインパクトは、パナマ戦に先発した原口元気にも見劣りしない。原口、香川真司、乾貴士らのロシアW杯組を交えたポジション争いは、さらに激しさを増していきそうだ。

◆すでにロシアW杯出場の「西野ジャパン」より強い?

世界ランク5位のウルグアイは、ロシアW杯でベスト8入りした。そのチームを撃破したということは、森保監督が率いる新生・日本代表はロシアW杯の際に西野朗前監督が束ねたチームをすでに上回っているのか?

前回の記事で陰の激戦区と紹介したGKは、ウルグアイ戦では東口順昭がスタメンで起用された。森保監督の構想では、彼が第1GKということになりそうだ。

長友佑都、吉田麻也、酒井宏樹の3人が引き続き招集されている守備のブロックは、ロシアW杯当時と同じクオリティを保つことができている。

中盤では長くキャプテンを務めた長谷部誠が日本代表から引退したが、ロシアW杯で控えのひとりだった遠藤航が急成長を遂げている。ロシアW杯メンバーの柴崎岳と遠藤、さらには山口蛍、大島僚太と、人材は揃っている。

2列目と呼ばれる中盤の攻撃的ポジションは、中島、南野、堂安が新たな選択肢としてチームに加わり、ロシアW杯より充実している印象だ。

最前線の1トップは、ロシアW杯で得点を決めた大迫が不動の存在だ。ウルグアイ戦でも屈強なDFと互角以上に渡り合い、攻撃の起点となっていた。

西野前監督が束ねたチームとの単純な比較はできないが、タレントの不足感じさせるポジションはない。ロシアW杯と現在のチームのどちらが強いかを決めるのは難しいが、来年1月に迫ったアジアカップへ視界良好なのは間違いない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181017-00013883-nallabout-socc

続きを読む

Jリーグ原博実氏が堂安律を絶賛!「本田圭佑が出てきた頃のようだ」

category - 選手・小ネタ 4
1: 名無しさん@蹴球 2018/10/17(水) 19:29:02.57 _USER9
「堂安は本田圭佑のようだ」Jリーグ原氏が絶賛

20181017-00000124-sph-000-4-view.jpg 

 Jリーグの原博実副理事長(59)が17日、都内のJFAハウスで取材に応じ、16日の国際親善試合でFIFAランク5位の強豪ウルグアイを4―3で破った日本代表のMF堂安律(20)=フローニンゲン=を「本田圭佑が出てきた頃のようだ」と絶賛した。

 堂安は、ウルグアイ戦で代表初ゴールを決めるなど、2得点のMF南野拓実(ザルツブルク)、得意のドリブルなど積極的なプレーが光った中島翔哉(ポルティモネンセ)らと勝利に貢献。埼玉スタジアムで試合を視察した原氏は「堂安の体の強さは、本田圭佑が(代表に)出てきた頃と同じ。体で相手をブロックして抑えたら負けない。左足の一振りもあるし成長が楽しみ」と、長年日本代表の中心として君臨し、ロシアW杯後に代表引退を表明した本田圭佑(メルボルンV)の名前を挙げながら、更なるレベルアップを期待した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181017-00000124-sph-socc

続きを読む

ヴェンゲル、就職先は未定も「日本に向かうことだって考えられる」

category - 事件・話題 2
1: 名無しさん@蹴球 2018/10/17(水) 19:44:42.97 _USER9
rFN0s9g.jpg 

今夏アーセナル指揮官の座から退任したアーセン・ヴェンゲル氏は、自身の将来に関しては、「日本も考えられる」と話している。ドイツ『シュポルト1』が伝えた。

先日、ハノーファーで行われた元ドイツ代表DFのペア・メルテザッカー氏の引退試合に監督として参加したヴェンゲル氏。メディアに「“サッカー年金者”の姿は似合わないのでは?」と問われると、リラックスした様子で「私は“サッカー年金者”としては最悪だよ。ただ、35年間あのレベルで休みなく働いてきた。それも珍しいだろう。なので、健康のためにも2~3カ月休むのも悪くないかもしれない」と返答。またその後については次のように続けた。

「その後、またすべてが始まる。絶対とは言えないが、(就職先は)おそらくブンデスリーガにはならないだろう。でも実際にどうするのかについてはまだ言えない。自分でもまだハッキリしていないからね」

「私にとってコンペティションはとても大切。だが、どのような役職となるのかについては分からない。どことなるのかもまだ分からない。故郷の村かもしれないし、日本に向かうことだって考えられるよ」

90年代には2シーズンほど名古屋グランパスエイトを率いたこともある現在68歳のフランス人指揮官だが、やはり今後もクラブレベルのサッカーに携わっていきたいようだ。代表の監督を務めることについては「それも可能」としながらも、「だがその場合には問題が生じる。週末には『薬』を欲する。どんな『薬』と同じように、それを突然失うとなれば、辛いだろう」と表現している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181017-00000005-goal-socc

続きを読む

他サイト新着記事