セビージャMF清武弘嗣、「残留してCL」か「移籍して出場機会」か…バレンシアへのレンタル移籍浮上

[ 2017年01月17日 07:32 ] カテゴリ:移籍情報・噂 | TB(0) | CM(0)
1: 名無しさん 2017/01/17(火) 00:36:33.33 ID:CAP_USER9
日本代表MF清武弘嗣(27=セビリア)が苦悩を深めている。

冬の移籍市場で放出が噂される清武は、ますます苦しい立場になり、今後はベンチ入りすら危ぶまれる状況だ。
すでにバレンシア(スペイン)へのレンタル移籍や、同FW原口元気(25)が所属するヘルタ(ドイツ)入りが浮上している。

本人は昨年末に一時帰国した際に「ゆっくり考えたい」と話した。
今後の道を模索する中、公認資格を持つ選手代理人は「このままセビリアにいても出番は保証されないだろうけど、
CL(欧州チャンピオンズリーグ)で勝ち上がったから、本人も悩ましいんじゃないか。簡単に出られる大会じゃないし、賞金も大きい。
それを捨てられるか」と、清武の心境を推測した。

CLは世界最高峰の舞台であり、清武が昨夏にセビリア移籍を決めたのも同大会への参加が大きな要因だった。
チームは決勝トーナメント進出を決め、状態もいいことから欧州制覇の可能性もある。

国内リーグも2位で優勝を狙える位置にいる。出場機会は少なくても“歴史的瞬間”に立ち会える可能性があるのだ。

こうした状況から、仮に1月の移籍市場で好条件のオファーが届いても簡単には決断できないというわけ。
しかもチームが勝ち進めば、高額なボーナスを受け取れる。果たして、清武はどんな結論を下すのか。

東スポWeb
http://news.livedoor.com/article/detail/12548546/

no title

引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1484580993/

元ドイツ代表FWポドルスキ、ヴィッセル神戸移籍へ!年俸10億円の3年契約、複数メディア一斉に報じる

[ 2017年01月17日 05:00 ] カテゴリ:移籍情報・噂 | TB(0) | CM(0)
1: 名無しさん 2017/01/17(火) 01:50:12.90 ID:CAP_USER9
Jリーグにスーパースターがやってくる。

独紙『ビルト』など複数メディアは16日、ガラタサライに所属する元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが日本へ移籍すると一斉に報じた。

lukas-podolski-japan.jpg 

中国1部の北京国安からオファーを受けたことなどが伝えられていたポドルスキだが、その可能性は消滅し、移籍先はヴィッセル神戸になるという。
独紙『エクスプレス』は3年契約で、年俸はボーナス込みで800万ユーロ(約9億6000万円)にもなると記している。

ポドルスキはドイツ代表の一員として2014年のブラジルW杯優勝に貢献し、代表通算129試合48得点という実績を誇る。
クラブレベルではケルンやバイエルン・ミュンヘン、アーセナル、インテルなどで活躍した。

昨季から在籍するガラタサライでは主力として活躍していたもの、今季は負傷などもあってリーグ戦では10試合の出場、そして3ゴールを挙げるにとどまっていた。
6月に32歳を迎えるベテランストライカーは現所属クラブとの契約を1年残して環境を変えることを決断したようだ。

Jリーグは今季から外国人枠の拡大を決定しており、各クラブは国籍に関係なく5人の外国人選手を保有できる
(ベンチ入りできるのは従来と変わらず、出場枠3人+アジア枠または提携国枠の1名)。

このルールに照らし合わせると神戸は外国人枠を1つ余らせており、ポドルスキの登録に障害はない。

昨季Jリーグ得点王のレアンドロ、ブラジルで実績十分のニウトンとウエスクレイ、
韓国代表の正GKキム・スンギュを擁するチームはW杯王者の加入でさらに強さを増し、J屈指の破壊力を誇る陣容を完成させようとしている。

フットボールチャンネル 1/17(火) 1:40配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170117-00010001-footballc-socc

エキスプレス紙
http://www.express.de/sport/fussball/sayonara-poldi--japan-klub-macht-podolski-dieses-mega-angebot-25558452

引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1484585412/

【動画】エイバル乾貴士の“水泳帽”姿が話題に…海外メディアが奇妙な止血法を伝える

[ 2017年01月17日 00:30 ] カテゴリ:選手・小ネタ | TB(0) | CM(0)
1: 名無しさん 2017/01/16(月) 16:52:23.57 ID:CAP_USER9
 エイバルに所属するMF乾貴士の“水泳帽”姿が海外で話題となっている。『ESPN』のスペイン版など、多くの海外メディアが報じている。

E4B9BEE382B9E382A4E3839EE383BC03.jpg 

 15日、リーガ・エスパニョーラ第18節スポルティング・ヒホン戦に先発出場した乾は、3-1で迎えた前半38分にDFリージョとの接触により頭部から流血。包帯を巻いて止血するのが一般的だが、乾は黒い水泳帽のようなものを被ってプレーを続けた。

 これに多くの海外メディアが注目し、『ESPN』のスペイン版は「止血のための奇妙な策」と珍しい止血法について伝えた。

 また、乾が応急処置を終えてピッチに戻る際、ユニフォームに血液が付着したため、主審に着替えるよう求められたが、チームスタッフが誤って背番号のないユニフォームを渡してしまい、乾は一時的に背番号なしでプレーすることになった。その後、背番号8のユニフォームに着替えた乾は、後半29分までエイバルの攻撃を牽引し、3-2の勝利に貢献した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170116-01635952-gekisaka-socc

44: 名無しさん 2017/01/16(月) 20:16:06.01 ID:hTHKoaQX0
動画
乾の水泳帽wかわいい
https://youtu.be/XhZbc3IJo58

引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1484553143/

C・ロナウドのPK成功数が56回に!リーガ最多タイへ…成功率は80パーセント超

[ 2017年01月16日 23:20 ] カテゴリ:選手・小ネタ | TB(0) | CM(2)
1: 名無しさん 2017/01/16(月) 18:34:42.70 ID:CAP_USER9
レアル・マドリードに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、リーガ・エスパニョーラにおけるPK通算成功数で歴代1位に並んだ。15日、UEFA(欧州サッカー連盟)の公式HP『UEFA.com』が伝えている。

20170116-00542242-soccerk-000-1-view.jpg 

 同日開催されたリーグ第18節で、日本代表MF清武弘嗣所属のセビージャと対戦したレアル・マドリード。試合はスコアレスで迎えた67分、レアル・マドリードはスペイン代表DFダニエル・カルバハルが倒されて獲得したPKを、C・ロナウドがしっかりと決めて先制に成功した。

 同サイトによると、C・ロナウドは同得点で、リーグ戦のPKによる得点数を56へ伸ばした模様。この数字はかつてレアル・マドリードなどで活躍した元メキシコ代表FWウーゴ・サンチェス氏に並んで、リーグ歴代トップであるという。C・ロナウドは65本のPKで56ゴールを記録しており、成功率は約86パーセント。レアル・マドリードの全公式戦では、PKで71ゴールを挙げているという。

 同ランキングにおいて、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシは5位。同選手は42得点をPKで決めている。また、8位に入った現ニューヨーク・シティFC所属の元スペイン代表FWダビド・ビジャは、PKを32回成功しているが、バルセロナ在籍時代はPKで得点を挙げたことがなかったという。

 なお、試合はレアル・マドリードが終盤に2失点を喫し、セビージャに逆転負け。公式戦無敗記録が40でストップした。

■リーガ・エスパニョーラPK成功数ランキング(所属は現役選手のみ)
1位 クリスティアーノ・ロナウド(56得点/ポルトガル/レアル・マドリード)
1位 ウーゴ・サンチェス(56得点/メキシコ)
3位 ロナルド・クーマン(46得点/オランダ)
4位 リュボスラフ・ペネフ(43得点/ブルガリア)
5位 リオネル・メッシ(42得点/アルゼンチン/バルセロナ)
6位 ダニエル・ルイス(34得点/スペイン)
6位 ラファエル・マラニョン(34得点/スペイン)
8位 ダビド・ビジャ(32得点/スペイン/ニューヨーク・シティFC)
9位 アンデル・ガリターノ(31得点/スペイン)
10位 キニ(30得点/スペイン)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170116-00542242-soccerk-socc

引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1484559282/

【ストップ、爆買!】中国サッカー協会、リーグの外国人出場規定を5人から3人に減らすことを決定!

[ 2017年01月16日 15:18 ] カテゴリ:各国代表・リーグ | TB(0) | CM(1)
1: 名無しさん 2017/01/16(月) 12:19:03.68 ID:CAP_USER9
ド派手なバブルの日々にいよいよ釘を刺された格好だ。
欧州ならびにアジアの複数メディアは15日、
中国サッカー協会が自国リーグにおける外国人出場規定を3人に減らすことを決定したと報じている。

カルロス・テベスやアクセル・ヴィツェル、そしてオスカルなど、次々とワールドクラスの名手を迎え入れ、
その隆盛を楽しんでいる中国スーパーリーグだが、“身内”によるルール変更が彼らの足かせとなりそうだ。

『Asia Today』を含む複数の韓国メディアによると、
この1ヶ月間だけで115億円以上の莫大な支出が他国へ流出する現状を恐れた中国サッカー協会は、
自国リーグにおける外国人選手の出場枠を従来の5人から3人へ縮小することを決断。

曰く、同協会はこの突然のルール訂正を3月より開幕する新シーズンから早速適用することになるという。

これらの変更を受け、『Asia Today』は「今回のルール改正による最も大きな犠牲を被るのは安い年俸でプレイする韓国人選手だ。
破格の年俸を受ける欧州からの助っ人外国人との競争に敗れ、彼らは端へと追いやられるだろう。
中国でプレイしていた韓国人選手にとって今回の訂正案はまさしく青天の霹靂ともいえる」と綴り、韓国人プレイヤーの行く末を案じている。

ここ1~2年で凄まじく勢いを強めてきた中国による“選手爆買”だが、その天井がいよいよ見え始めてきたと言えるだろう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170116-00010006-theworld-socc

写真
no title

引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1484536743/

他サイト記事
ブログパーツ
オススメ
お知らせ

rss-35.png hatena-35.png
相互リンク募集中です
お気軽にメール下さい!
カテゴリー
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ