[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

FIFA 19 通常版 PS4版
価格:7076円(税込、送料無料) (2018/9/6時点)


柴崎岳、ビリャレアルが獲得を検討!新体制で3人の補強予定

category - 移籍情報・噂 0
1: 名無しさん@蹴球 2018/12/12(水) 19:21:09.71 _USER9
a791bb8a-s.png 

サッカースペイン1部リーグ、ヘタフェの日本代表MF柴崎岳(26)に対しビリャレアルが獲得を検討していることが12日、明らかになった。スペインを中心にした移籍情報などを扱うウェブサイト、ゴール・デジタルが伝えている。

 記事によると監督交代により体制が変わったばかりのビリャレアルは冬市場で少なくとも3人の補強をする予定。そのうちひとつはチリ人選手MFイトゥーラの離脱が決定的となっているボランチのポジションで、複数候補の中に柴崎の名前がリストアップされているという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181212-00000102-dal-socc

続きを読む

日本代表、アジアカップに臨むメンバー発表!…中島、堂安らに加え守田も招集

category - 日本代表 0
1: 名無しさん@蹴球 2018/12/12(水) 13:36:27.06 _USER9
20181212-00010001-goal-000-2-view.jpg 

JFA(日本サッカー協会)は12日、来年1月から始まるAFCアジアカップ2019に臨む日本代表のメンバーを発表した。

森保一監督が初のA代表指揮官に就任してから数ヶ月、ワールドカップ出場組と新世代の「融合」を掲げながら、日本代表は強化に取り組んできた。これまでの強化試合5試合で4勝1分、15ゴール4失点と見事な戦いを見せながら、森保監督が「本番」と位置づけるアジアカップへ向けてチームづくりを進めている。

そして12日、その「本番」に挑むメンバーを発表した。

注目の中島翔哉、南野拓実、堂安律ら新世代のエースは順当に選出。W杯メンバーである吉田麻也や酒井宏樹、長友佑都、大迫勇也らもアジアでの戦いに挑むこととなった。また、浅野拓磨が選出されている。


2011年以来2大会ぶり最多5度目の優勝を目指す日本代表。9日にトルクメニスタンとの初戦を戦った後、13日にオマーン、17日にはウズベキスタンと激突する。

招集メンバーは以下の通り。

■GK
東口順昭/ガンバ大阪
権田修一/サガン鳥栖
シュミット・ダニエル/ベガルタ仙台

■DF
長友佑都/ガラタサライ(トルコ)
槙野智章/浦和レッズ
佐々木翔/サンフレッチェ広島
室屋成/FC東京
三浦弦太/ガンバ大阪
冨安健洋/シント=トロイデンVV(ベルギー)
吉田麻也/サウサンプトン(イングランド)
酒井宏樹/マルセイユ(フランス)

■MF
遠藤航/シント=トロイデンVV(ベルギー)
青山敏弘/サンフレッチェ広島
伊東純也/柏レイソル
中島翔哉/ポルティモネンセ(ポルトガル)
南野拓実/ザルツブルク(オーストリア)
堂安律/フローニンゲン(オランダ)
原口元気/ハノーファー(ドイツ)
柴崎岳/ヘタフェ(スペイン)
守田英正/川崎フロンターレ

■FW
北川航也/清水エスパルス
大迫勇也/ブレーメン(ドイツ)
浅野拓磨/ハノーファー(ドイツ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181212-00010001-goal-socc

続きを読む

香川真司がCLメンバー外で“退団説加速”と地元紙報道!地元ファン74%が新天地行きを支持

category - ブンデスリーガ 0
1: 名無しさん@蹴球 2018/12/12(水) 07:00:56.42 _USER9
スペイン行き熱望報道に加え、ベンチを温める日々が続いて去就報道が過熱

20181212-00153617-soccermzw-000-1-view.jpg 

 ドルトムントのMF香川真司は、ブンデスリーガ首位を走るチームで思うように出場機会を得られず、今冬に移籍する可能性が報じられ続けている。現地時間11日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ最終節モナコ戦に招集外となったなか、地元紙は「彼に居場所はない」と苦境を伝えるとともに、「冬に退団するという憶測を加速させている」と報じている。

 香川はここまでブンデスリーガで2試合、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)とDFBポカールで1試合ずつに出場。出場時間は205分に止まっている。

 11月6日にはU-23チームの一員としてレギオナルリーガ(4部相当)でプレーし、1試合4アシストを記録。しかし、トップチームではポジション争いでライバルに遅れを取っており、リーグ戦では9月26日のリーグ第5節ニュルンベルク戦(7-0)以降は出番がない。

 1月の移籍マーケット再開が近づき、メディアも各クラブの選手補強や放出の動きに注目。ブンデスリーガ首位を快走するドルトムントでは、出番の少ない選手に関する放出の噂が盛んに報じられ、11月には香川自身がスペイン行きを望んでいるとの報道が出た。

 11日のCL最終節モナコ戦の遠征メンバーから外れたなか、ドイツ地元紙「ルール・ナハリヒテン」は、「再びスカッドに不在。カガワのBVBでの時は終わる」と言及。「モナコへの旅は日本人不在で行われる。複数人の選手を欠くなか、彼に居場所はない。カガワがニース行きの便に乗っていなかったという事実は、冬に退団するという憶測を加速させている」と報じている。

「BVBはシンジ・カガワを冬に行かせるべきか?」とのテーマを設け、オンライン上で読者アンケートを実施。74%のファンが「はい、彼は別のクラブで再び自分を証明できる」と答え、「いいえ、彼のようなプレーヤーをBVBは常に使うことができる」と残留を推奨する声は26%だった。

 今冬の移籍市場で、香川はどのような決断を下すのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181212-00153617-soccermzw-socc

続きを読む

他サイト新着記事