【動画】イブラヒモビッチ、長期離脱から約7カ月ぶりに復帰!得点には絡めずも“イブラ節”も復活

1: 名無しさん 2017/11/19(日) 18:01:02.52 
イブラ 約7カ月ぶりに復帰 得点には絡めずも“名言”も

20171119s00002021283000p_view.jpg 

http://m.sponichi.co.jp/soccer/news/2017/11/19/kiji/20171119s00002021284000c.html

 【プレミアリーグ第12節 ユナイテッド4―1ニューカッスル ( 2017年11月18日 )】

今年4月に右膝じん帯損傷の重傷を負って長期離脱していたマンチェスター・ユナイテッドの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(36)が、約7カ月ぶりに復帰を果たした。

18日、ホームのニューカッスル戦に負傷後初めてベンチ入りし、4―1の後半32分に地元ファンの大歓声を受けながらピッチへ入った。1トップに入ると、44分には右サイドへまわったベルギー代表FWのR・ルカクへパスを展開。
その1分後には右クロスから、負傷していた右足で派手なジャンピングボレーを放ち、スタンドを沸かせた。

 得点には絡めなかったが、試合後は“イブラ節”も復活した。「特別な気持ちだ。(プレーの)クオリティーは変わっていない。オレはやれると分かっていたから、心配はなかった」と自画自賛。
記者から膝のじん帯負傷で引退の恐れはなかったか問われると「ライオンは、人間のように回復しない」と新たな“名言”を残した。


 イブラヒモビッチは、パリ・サンジェルマン(フランス)から加入した昨季、公式戦46試合に出場してチーム最多の28ゴール(リーグ28試合17ゴール)と活躍したが、4月に右膝じん帯を損傷。
地元メディアでは全治8カ月と報じられ、6月で一度、契約が満了した。
7月以降はフリーの立場でクラブの練習施設でリハビリを行い、8月に1年契約。背番号は昨季まで元イングランド代表FWウェイン・ルーニー(32=エバートン)が付けていた「10」となった。

 8月時点でモウリーニョ監督は「シーズン後半に間違いなく重要な存在になってくれる」と来年1月以降に本格復帰する見通しを示していたが、それを大きく上回る早さで復活。
母国スウェーデン代表は来年のW杯ロシア大会出場を果たしており、イブラヒモビッチが代表復帰する可能性が報じられている。


引用元:2ch.sc

続きを読む

【朗報】ウェストハム、新監督としてモイーズ氏を招へい!契約期間は6カ月

1: 名無しさん 2017/11/07(火) 19:24:50.11 
前サンダーランド監督のデイヴィッド・モイーズ氏がウェストハムの指揮官に就任した。クラブの公式サイトは6カ月間の契約と報じている。

871128698-350x233_thum630.jpg 

 モイーズ監督は監督就任を喜んでいる。「サポーターに会える日が待ち遠しいね。チームの手助けをしたい」

「大変な仕事が待ち受けているが、ファンが私たちを支えてくれると信じている。シーズン終了時に、今よりいい結果が得られると思う」

 会長であるデイヴィッド・サリヴァン氏は監督の選考理由を話している。「私たちには新しい監督が必要だった。経験と知識に秀でている監督がね。
彼はウェストハムを正しい道に導いてくれると思う。選手をまとめ上げ、素晴らしいアイディアとともにチームをレベルアップさせてくれるだろう」

https://news.nifty.com/article/sports/soccer/12192-665028/

引用元:2ch.sc

続きを読む

【動画】ソン・フンミン、プレミア通算20ゴール到達!アジア人選手の歴代最多記録を更新

1: 名無しさん 2017/11/06(月) 20:54:16.25
◆ ソン・フンミンがクリスタル・パレス戦で決勝弾 英雄パク・チソン氏の記録を抜く

20171106-00010003-soccermzw-000-4-view.jpg 

トットナムの韓国代表FWソン・フンミンが、5日のプレミアリーグ第11節の本拠地クリスタル・パレス戦に先発フル出場し、決勝ゴールを決めて1-0勝利に貢献した。“ソニー”の愛称で親しまれるストライカーはプレミアリーグでの通算得点数を「20」に伸ばし、同胞のレジェンドであるパク・チソン氏を抜いて同リーグのアジア人選手最多得点記録を更新した。

 首位マンチェスター・シティ、2位マンチェスター・ユナイテッドに次ぐ3位のトットナムは、ここまでわずか1勝で最下位に沈むクリスタル・パレス相手に苦戦を強いられた。
前半を0-0で折り返す展開のなか、均衡を打ち破ったのがソン・フンミンだった。デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンのパスを受けて左サイドを駆け上がり、左足のシュートでゴールネットを揺らした。

 2試合ぶりとなる今季2ゴール目は、節目のリーグ通算20得点目となっている。そして、同時にアジア人選手としての金字塔にもなった。データ会社「オプタ」によれば、プレミアリーグにおけるアジア人選手最多スコアラーになったという。得点ペースも非常に早く、72試合目での到達となった。

◆ 岡崎は通算12得点でアジア人選手歴代4位

 これまでの歴代最多記録は、マンチェスター・ユナイテッドなどで活躍した元韓国代表MFパク・チソン氏で154試合出場19得点。さらにトップ5のうち4人が韓国人選手で、スウォンジーMFキ・ソンヨンの145試合13得点が同3位、クリスタル・パレスのMFイ・チョンヨンが100試合8得点で同5位。
レスター・シティの日本代表FW岡崎慎司が75試合12得点で同4位につけている。

 前節マンチェスター・ユナイテッドとの上位直接対決を落としたトットナム。最下位のクリスタル・パレス相手の取りこぼしは絶対に避けなければならない状況で、殊勲の活躍を見せた韓国代表のエース。
英紙「デイリー・メール」は、「ソン・フンミンがスパーズを救った」と絶賛している。近年、躍進を見せるスパーズで定位置をつかむ男が、アジア人選手として偉大なマイルストーンを打ち立てた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171106-00010003-soccermzw-socc

引用元:2ch.sc

続きを読む

<岡崎慎司のベンチスタートにレスター地元紙も驚き…>一方で指揮官の采配には高評価!

1: 名無しさん 2017/10/30(月) 09:02:57.67 
イングランド・プレミアリーグは29日に第10節が行われ、レスターはエヴァートンに2-0と勝利した。クロード・ピュエル新体制の初陣で、FW岡崎慎司がベンチスタートとなったことに、地元紙『レスター・マーキュリー』も「サプライズだ」と伝えている。

20171030-00000049-goal-000-3-view.jpg 

ホームにエヴァートンを迎えた一戦で、レスターは普段の4-4-2から4-2-3-1にフォーメーションを変更。MFリヤド・マフレズがトップ下に入り、サイドハーフには若手のDFベン・チルウェルとMFデマライ・グレイが入り、岡崎とMFマーク・オルブライトンはベンチスタートとなった。

ピュエル監督のこの采配は功を奏し、グレイは29分にチームの2点目となるゴール挙げるなど2ゴールに関与。チームの勝利の立役者となった。

“奇跡の優勝”メンバーで、今季も好調を維持していた岡崎とオルブライトンを先発から外したことに、『レスター・マーキュリー』も「多くの人にとって驚きだった」と伝えた。その一方で、ピュエル監督は「完璧なスタートを切った」とし、初陣で勝利を飾った新指揮官を褒め称えている。

今季ここまで、リーグ戦8試合で4ゴールを奪い、早くも昨季の記録を更新するなど絶好調を維持していた岡崎。新監督での初戦はベンチスタートとなったが、今後はどのように起用されていくのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171030-00000049-goal-socc

引用元:2ch.sc

続きを読む

韓国代表ソン・フンミン、プレミアリーグのアジア人得点記録に並ぶ!得点ペースは歴代最高

1: 名無しさん 2017/10/24(火) 19:02:48.80
トッテナムFWソン・フンミンは、プレミアリーグでの得点数を「19」に伸ばし、元マンチェスター・ユナイテッドのパク・チソン氏が持つアジア人最多得点記録に並んだ。プレミアリーグ公式が伝えている。

20171024-00010003-goal-000-1-view.jpg 

ソン・フンミンは、22日に行われたプレミアリーグ第9節リヴァプール戦に先発出場。すると1点リードで迎えた12分、右からのハリー・ケインのクロスをダイレクトで合わせてゴールを奪った。チームの4-1での勝利に大きく貢献している。

そしてこのゴールは、ソン・フンミンにとって自身プレミア通算19ゴール目。韓国代表の大先輩で、マンチェスター・Uで7年間に渡って活躍したパク・チソン氏の持つアジア人最多得点記録に並んでいる。

2015年からトッテナムでプレーする25歳のFWは、出場70試合でこの記録に到達。185分に1ゴールのペースで得点を挙げており、岡崎慎司(1G/340.2分)や香川真司(1G/415.8分)を上回る、アジア人氏史上最高のペースでゴールを積み重ねている。

次節、トッテナムは「オールド・トラッフォード」でマンチェスター・Uと対戦する。ソン・フンミンは、大先輩が活躍した“夢の劇場”で、得点記録を更新することになるかもしれない。

以下、プレミアのアジア人歴代得点ランキングとその得点数。

1位(19):ソン・フンミン(トッテナム/韓国)
〃:パク・チソン(マンチェスター・U/韓国)
3位(13):キ・ソンヨン(スウォンジー・シティ/韓国)
4位(12):岡崎慎司(レスター/日本)
5位(8):イ・チョンヨン(クリスタル・パレス/韓国)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171024-00010003-goal-socc


引用元:2ch.sc

続きを読む

オススメ

スポンサーリンク

お知らせ


rss-35.png hatena-35.png
相互リンク募集中です
お気軽にメール下さい!

最新記事

他サイト記事