【動画】レスター岡崎慎司、公式戦4点目!英各紙が称賛!「もはやゴールマシンだ!」「レスターの生命線」

1: 名無しさん 2017/09/24(日) 09:15:53.66 
日本代表FW、岡崎慎司の勢いが止まらない。現地時間9月23日に行なわれたレスター対リバプール(プレミアリーグ6節)で、公式戦4点目を突き刺した。
 
 この試合、プレミアリーグでは2試合ぶりに先発起用された岡崎は、序盤から積極果敢な動きを披露。すると前半のアディショナルタイム、チームが2点のビハインドを追うなかでその瞬間は訪れた。
 
 左CKをファーサイドで受けたハリー・マグワイアが、相手DFジョー・ゴメスと競りながら中央へ落とすと、ゴール前に転がったボールを岡崎が滑り込みながらつま先に当てて流し込んだのだ。
 
 身体を張った気迫のゴールで、今シーズンのプレミア3ゴール目をゲットした岡崎。その後両チームが1点ずつを取り合い、レスターは2-3と敗れたが、好調なサムライに対する現地メディアは、おおむね好意的だ。
 
 地元紙『Leicester Mercury』は、合計5ゴールが生まれた乱打戦を「最初から最後までスリリングな展開だったが、レスターは勝点を落とし、シンジ・オカザキとジェイミー・ヴァーディーのゴールも指揮官への慰めにはならなかった」と厳しく総括している。

ついて、「シンジはゴールマシンだ。この試合ではレスターの生命線だった」と書き綴り、さらに採点欄では、チームトップタイの「7」を付けた。「オカザキはインターナショナルマッチ以降、これまでとはまるで別のアクションを示してくれている」と、その献身性と決定力の高さを改めて評価している。
 
 さらに、英国の国営放送『BBC』も賛辞を贈る。
 
 得点シーンを速報的に伝えていた同メディアは、「リバプールの守備におけるラインコントロールには疑わしいものがある」としながらも、「マグワイアの当たり損ねのヘディングをシンジ・オカザキは見事にサポートした。彼はレスターの重要なライフライン(生命線)だった」と得点シーンをまとめている。
 
 また、採点・寸評において、岡崎にチームトップのヴァーディー(7.5)に次ぐ、「7」と高評したのが英紙『デイリーメール』だ。「リバプールのCKでの連係ミスを突いたオカザキは相手チームの勢いを半減させた」と、その得点が後半の盛り返しを呼び込んだと、その泥臭い得点を称えている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170924-00030334-sdigestw-socc

no title

引用元:2ch.sc

続きを読む

【動画】岡崎慎司、リバプール相手に2戦連続ゴール!レスターは1点及ばず敗退

1: 名無しさん 2017/09/24(日) 03:27:35.02 
[9.23 プレミアリーグ第6節 レスター・シティ2-3リバプール]

20170924-01644397-gekisaka-000-2-view.jpg 

 プレミアリーグ第6節が23日に行われた。日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティはホームでリバプールと対戦し、2-3で敗れた。リーグ戦3試合ぶりの先発出場を果たした岡崎は、前半アディショナルタイムに今季3点目を奪取。後半30分までプレーしたが、勝利に結びつかなかった。

 19日のカラバオ杯3回戦で対戦した両クラブが再びキングパワー・スタジアムで相まみえる。その試合を岡崎とFWイスラム・スリマニのゴールで2-0と快勝したレスターは、DFウェズ・モーガンとDFベン・チルウェル、MFマーク・オルブライトンを除く8人を変更。FWジェイミー・バーディやMFリヤド・マフレズらがスターティングメンバーに名を連ねた。

 後半35分にはスリマニを入れ、最後まで同点を目指したレスターだったが、その後はGKシュマイケルや守備陣の活躍が目立つ状況となり、そのまま2-3でタイムアップ。レスターはリバプールとの接戦を制することができなかった。一方のリバプールは3試合ぶりの白星を飾っている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170924-01644397-gekisaka-socc

2: 名無しさん 2017/09/24(日) 03:28:05.07 _USER9
レスター 2-3 リバプール

得点
0-1 15' モハメド・サラ―


0-2 23' コウチーニョ


1-2 45+3' 岡崎慎司


1-3 68' ジョーダン・ヘンダーソン
2-3 69' ヴァーディー
2-3 73' ヴァーディー(PK失敗)

岡崎慎司は先発出場し75分にイヘナアチョと交代

http://www.livescore.com/soccer/england/premier-league/leicester-city-vs-liverpool/1-2522797/

順位表
http://www.livescore.com/soccer/england/premier-league/

引用元:2ch.sc

続きを読む

【動画】リヴァプールに1G1Aの岡崎慎司、文句なしのMOM!「日本のヒットマン」

1: 名無しさん 2017/09/20(水) 18:09:43.35
「ベンチから飛び出してすぐさま仕留めた」。

文句なしのマン・オブ・ザ・マッチだ。英国の各メディアがその働きぶりを称えた。

20170920-00030166-sdigestw-000-11-view.jpg 
 
 リバプールと対戦したレスター・シティをカラバオ・カップ(リーグカップ)のベスト16に導いた岡崎慎司。0-0の58分に投入されると、7分後の65分に先制点を奪って見せる。CKの流れから味方がヘディングでつないだ球を強引にねじ込んだのだ。さらに78分には、右サイドでの力強いドリブルからイスラム・スリマニにパスを送り、アルジェリア代表FWが鮮やかなグラウンダーショットを決める。日本代表FWは1ゴール・1アシストの出色の出来で、レスターの2-0快勝劇に貢献した。
 
 まずはレスター地元紙の『Leicester Mercury』だ。「シェイクスピアが先発落ちした日本代表のレスポンスに感銘」と題し、クレイグ・シェイクスピア監督の「常日頃から高い集中力でトレーニングに臨み、完璧な準備をしている。それがシンジという男なんだ。ベンチスタートであってもあれだけの仕事をやってのけるシンジを、誇りに思う」とのコメントを紹介。加えて同紙は、「日本代表の遠征後は疲れが目立ち、スタメンを外れていたがついに本領を発揮した。試合を決めるパフォーマンスだ」と報じた。
 
 岡崎を「日本のヒットマン」と例え、「ベンチから飛び出してすぐさまリバプールを仕留めた」と表現したのが、タブロイド紙の『The Sun』だ。同紙はさらに「オカザキはひと時も無駄にしなかった。精力的に動き回って流れを変え、2得点に絡む圧巻の内容。リバプールにカラバオ・カップから“サヨナラ”させたのだ」と書き綴り、「凄まじい集中力とプレー精度だ」と評した。
 
 そして、米スポーツ専門チャンネルの『ESPN』UK版。「チャンスを浪費したリバプールに天罰を下した」と銘打ち、「殊勲者はもちろん1ゴール・1アシストのオカザキ。32分間の出場で見事に勝利をもたらした。45分間でピッチを去った(リバプールの)コウチーニョとは大違いの奮闘ぶりだった」と記した。
 
 両チームともターンオーバーを採用したカップ戦。レスターはエースのジェイミー・ヴァーディをメンバー外とし、ベンチにはケレチ・イヘアナチョ、アーメド・ムサ、リャド・マハレズといった飛び道具がベンチに控えていたが、シェイクスピア監督は迷わず岡崎を送り込んだ。『ESPN』は「その指揮官の選択が英断だった。選手交代で流れを掴んだレスターはシュート8本で効率良く2得点を挙げ、5点は取れただろうリバプールは21本のシュートを無駄にしたのだ」と論じた。
 
 レスターは土曜日のプレミアリーグ5節で、ふたたび本拠地にリバプールを迎える。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170920-00030166-sdigestw-socc

引用元:2ch.sc

続きを読む

【動画】レスター岡崎慎司、1G1A!リヴァプール下しEFL杯4回戦進出!

1: 名無しさん 2017/09/20(水) 05:43:17.50
20170920-00644885-soccerk-000-2-view.jpg 

【スコア】
レスター 2-0 リヴァプール

【得点者】
1-0 66分 岡崎慎司(レスター)


2-0 78分 イスラム・スリマニ(レスター)

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11085887

フットボールリーグ・カップ(EFLカップ)3回戦が19日に行われ、岡崎慎司が所属するレスターがリヴァプールが対戦した。

 岡崎はベンチからのスタート。レスターのFWはイスラム・スリマニ、レオナルド・ウジョアという組み合わせになった。

 試合はフィリペ・コウチーニョやドミニク・ソランケを中心にリヴァプールが攻める展開。しかしレスターも粘り強い守備でゴールは割らせず前半をスコアレスで折り返した。

 後半に入り8分が経過したところでレスターは岡崎をウジョアに代えて投入。するとのその岡崎が66分、ビセンテ・イボーラの落としをエリア内で受けると、ワントラップし右足でゴール左に流し込んだ。

 さらに78分、スローイングの流れから左サイドで前を向いた岡崎がスリマニにパス。スリマニはゴール前まで持ち込み、左足を振り抜くとボールはゴール左上に突き刺さった。

 試合はここで終了のホイッスル。代わって入った岡崎が1ゴール1アシストと大活躍、劣勢だったチームを勝利に導いた。

 4回戦(ベスト16)の組み合わせは後日発表される。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170920-00644885-soccerk-socc

引用元:2ch.sc

続きを読む

オススメ

スポンサーリンク

お知らせ


rss-35.png hatena-35.png
相互リンク募集中です
お気軽にメール下さい!

最新記事

他サイト記事