蹴球まとめちゃんねる TOP  >  プレミアリーグ

【悲報】「岡崎は出ていけ!シュートは打てない、ボールを持てば倒れる」決定機外した岡崎に批判

[ 2017年02月19日 17:58 ] カテゴリ:プレミアリーグ | TB(0) | CM(0)
1: 名無しさん 2017/02/19(日) 14:30:01.90 ID:CAP_USER9
ミルウォール戦では決定機活かせず

GettyImages-642607482-compressor.jpg 

18日にFA杯5回戦でミルウォールと対戦したレスター・シティは、決定機を活かせずに0-1でまさかの敗北を喫してしまった。
ミルウォールは後半7分に退場者まで出していただけに、レスターの戦いぶりは何ともお粗末だ。
特に批判を浴びているのが先発フル出場した日本代表FW岡崎慎司だ。

岡崎には後半35分に絶好の決定機があったのだが、至近距離から放ったシュートはGKにストップされてしまった。
あそこで得点を決めていればレスターが勝っていた可能性もあり、ストライカーなら決めてほしいところだった。
このプレイに一部のレスターサポーターも激怒している。

e34ce60d.gif 

サポーターからは、「チルウェルと岡崎は出ていけ!我々の邪魔だ」、「岡崎があんなチャンスをミスするのにどうやってラニエリを批判するんだ?」、
「岡崎はシュートを打てないし、全てのチーム相手にボールを持てば倒れている」など、
決定機を決めなかったことや、その他のパフォーマンスに批判が集まっている。

岡崎といえばハードワークを武器に昨季のプレミア制覇に大きく貢献したのだが、ストライカーとしての評価は微妙なところだ。
FWは今回のような展開でこそ得点が求められており、サポーターが怒るのも無理はないだろう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170219-00010008-theworld-socc

引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1487482201/

【悲報】レスター、岡崎先発フル出場もミルウォール(3部)に敗北…FA杯5回戦

[ 2017年02月19日 06:00 ] カテゴリ:プレミアリーグ | TB(0) | CM(0)
1: 名無しさん 2017/02/19(日) 01:58:33.81 ID:CAP_USER9
FA杯5回戦 2/18(土)24:00 ザ・ニュー・デン

GettyImages-642607482-compressor.jpg 

ミルウォール 1-0 レスター・シティ

得点
ショーン・カミングス(後半45分)

警告
前半45分 ジェイク・クーパー(ミルウォール)
後半9分 ロン・ロベルト・ツィーラー(レスター)
後半7分 ジェイク・クーパー累積警告の為退場(ミルウォール)

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11037471

引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1487437113/

吉田麻也はどうなった!「プレミアリーグ、全チームの最速選手TOP5」

[ 2017年02月12日 21:54 ] カテゴリ:プレミアリーグ | TB(0) | CM(0)
1: 名無しさん 2017/02/12(日) 18:53:56.52 ID:CAP_USER9
a506ad2c-8549-4dec-930d-995aa5b40077.png 

これからが佳境のプレミアリーグ。ここでは、『Mirror』が伝えていた「全20チームにおいて、今季最も速いスピードを叩き出している5選手」の顔触れを見てみよう。
▼ ウェストハム

1位 MFミカイル・アントニオ 34.74km/h

2位 MFシェイク・クヤテ 34.27km/h

3位 MFマーク・ノーブル 34.08km/h

4位 FWシモーネ・ザーザ(現バレンシア)33.98km/h

5位 MFホーヴァル・ノールドヴァイト 33.51km/h
▼ WBA

1位 MFマット・フィリップス 35.2km/h

2位 MFジェームズ・マクリーン 35.04km/h

3位 DFアラン・ニョム 34.7km/h

4位 MFナセル・シャドリ 34.27km/h

5位 FWサロモン・ロンドン 33.98km/h
▼ ワトフォード

1位 MF エティエンヌ・キャプー 34.83km/h

2位 DFクリスティアン・カバセレ 34.57km/h

3位 MF ロベルト・ペレイラ 34.42km/h

4位 FWノルディン・アムラバト 34.11km/h

5位 DFホセ・ホレバス 34.07km/h
▼ トッテナム

1位 DFカイル・ウォーカー 35.18km/h

2位 FWフィンセント・ヤンセン 34.69km/h

3位 MFムサ・シソコ 34.56km/h

4位 MFヴィクター・ワニャマ 34.39km/h

5位 FWハリー・ケイン 34.3km/h

▼ スウォンジー

1位 MFウェイン・ラウトリッジ 34.45km/h

2位 FWモ・バロウ 34.34km/h

3位 FWルシアーノ・ナルシン 34.3km/h

4位 DFジョルディ・アマ 33.61km/h

5位 DFニール・テイラー 33.49km/h
▼ サンダーランド

1位 MFリンデン・グーチ 35.19km/h

2位 DFラミヌ・コネ 34.4km/h

3位 MFジョージ・ハニーマン 34.38km/h

4位 FWヴィクター・アニチェベ 34.16km/h

5位 DF ハビ・マンキージョ 34.08km/h
▼ ストーク

1位 DFエリック・ピーテルス 35.1km/h

2位 FWマルコ・アルナウトヴィッチ 34.77km/h

3位 DFライアン・ショウクロス 33.82km/h

4位 FWマメ・ディウフ 33.78km/h

5位 MFジャンネッリ・インブラ 33.11km/h
▼ サウサンプトン

1位 FWシェイン・ロング 35.31km/h

2位 DF吉田麻也 34.78km/h

3位 DFライアン・バートランド 34.5km/h

4位 DFフィルヒル・ファン・ダイク 33.92km/h

5位 DFクコ・マルティナ 33.91km/h

▼ ミドルズブラ

1位 FWアダマ・トラオレ 34.97km/h

2位 FWアルバロ・ネグレド 34.24km/h

3位 DFベン・ギブソン 33.86km/h

4位 MFガストン・ラミレス 33.84km/h

5位 DFアントニオ・バラガン 33.75km/h
▼ マンチェスター・ユナイテッド

1位 FWマーカス・ラッシュフォード 35.21km/h

2位 DFエリック・バイリー 34.84km/h

3位 MFジェシー・リンガード 34.54km/h

4位 DFルーク・ショウ 33.77km/h

5位 DFフィル・ジョーンズ 33.59km/h
▼ マンチェスター・シティ

1位 MFルロイ・サネ 34.73km/h

2位 MFヘスス・ナバス 34.65km/h

3位 MFラヒーム・スターリング 34.51km/h

4位 MFフェルナンジーニョ 34.14km/h

5位 DFジョン・ストーンズ 33.99km/h
▼ リヴァプール

1位 FWサディオ・マネ 34.75km/h

2位 DFナサニエル・クライン 34.73km/h

3位 DFアルベルト・モレノ 34.66km/h

4位 MFジョーダン・ヘンダーソン 34.57km/h

5位 FWディヴォック・オリギ 34.54km/h

▼ レスター

1位 FWジェイミー・ヴァーディ 35.1km/h

2位 FWアーメド・ムサ 34.67km/h

3位 MFデマライ・グレイ 34.63km/h

4位 DFベン・チルウェル 34.51km/h

5位 FWイスラム・スリマニ 34.35km/h

2: 名無しさん 2017/02/12(日) 18:54:21.92 ID:CAP_USER9
▼ ハル・シティ

1位 DFアンドリュー・ロバートソン 33.83km/h

2位 DFカーティス・デイヴィス 33.48km/h

3位 FWアベル・エルナンデス 33.34km/h

4位 MFサム・クルーカス 33.21km/h

5位 MFアハマド・アル・ムハンマディ 33.13km/h
▼ エヴァートン

1位 FWロメル・ルカク 35km/h

2位 FWジェラール・デウロフェウ(現ミラン)34.57km/h

3位 FWエンネル・バレンシア 34.38km/h

4位 MFアーロン・レノン 34.37km/h

5位 FWアルナ・コネ 33.95km/h
▼ クリスタル・パレス

1位 FWウィルフリード・ザハ 34.79km/h

2位 DFジェフ・シュルップ 34.31km/h

3位 DFパトリック・ファン・アーンホルト 34.29km/h

4位 DFエゼキエル・フライアーズ 34.17km/h

5位 DFパプ・エンディアイ・スアレ 33.93km/h


▼ チェルシー

1位 MFウィリアン 34.51km/h

2位 MFエデン・アザール 34.45km/h

3位 FWペドロ 34.43km/h

4位 FWミシ・バチュアイ 34.08km/h

5位 MFヴィクター・モーゼス 33.97km/h
▼ バーンリー

1位 FWアンドレ・グレイ 34.87km/h

2位 FWヨウハン・グズムンドソン 34.41km/h

3位 DFマイケル・キーン 33.61km/h

4位 DFスティーブン・ウォード 33.21km/h

5位 DFマシュー・ロートン 33.17km/h
▼ ボーンマス

1位 DFブラッド・スミス 35.19km/h

2位 FWベニク・アフォービ 34.64km/h

3位 FWジョシュア・キング 34.61km/h

4位 FWカラム・ウィルソン 34.44km/h

5位 MFジュニア・スタニスラス 34.38km/h
▼ アーセナル

1位 FWセオ・ウォルコット 34.78km/h

2位 DFエクトル・ベジェリン 34.77km/h

3位 FWアレクシス・サンチェス 34.72km/h

4位 DFローラン・コシェルニ 34.51km/h

5位 MFアレックス・オックスレイド=チェンバレン 34.2km/h

全体トップは吉田を抑えてセインツ最速となったアイルランド代表FWシェイン・ロングの35.31km/h。

http://qoly.jp/2017/02/12/five-fastest-players-at-each-premier-league-club-iks-1?part=5

引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1486893236/

【悲報】リーグ6位のマンU、CL出場権逃せば経営にも大打撃…損失は100億円超

[ 2017年02月07日 14:37 ] カテゴリ:プレミアリーグ | TB(0) | CM(0)
1: 名無しさん 2017/02/06(月) 18:00:19.74 ID:CAP_USER9
 マンチェスター・Uは来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得できなければ、およそ8500万ポンド(約119億円)の収入を失うことになるようだ。5日付のイギリス紙『デイリーメール』が報じている。

20170206-00549877-soccerk-000-1-view.jpg 

 マンチェスター・Uは、ユニフォームサプライヤーであるアディダス社と2015-16シーズンからの10年間で総額7億5000万ポンド(約1053億円)を受け取る契約を結んでいる。今シーズンはその2年目に当たるが、もし2シーズン続けてCL出場権を逃した場合には、年間契約料のおよそ30パーセントに当たる2250万ポンド(約3160万円)が減額されるという。その上、CLに出場できなければ、テレビ放映権料の分配金と賞金も失うことになり、トータルで8500万ポンド(約119億円)近くの収入減になるようだ。

 昨シーズンのプレミアリーグで5位に終わったマンチェスター・Uは、今シーズンに向けて元チェルシー指揮官のジョゼ・モウリーニョ氏を新監督として招へい。さらに、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチや、フランス代表MFポール・ポグバといったスター選手を次々に獲得し、大型補強を敢行した。しかし、今シーズンもプレミアリーグ第24節を終えた時点で、CL出場権が与えられる4位と勝ち点2差の6位に甘んじている。

 まだ多くの試合が残されているとはいえ、CL出場権の喪失はクラブ経営にとっても大きな痛手となる。果たして、“赤い悪魔”はここから巻き返すことができるだろうか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170206-00549877-soccerk-socc

引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1486371619/

【悲報】レスター岡崎は走ってるだけ?地元紙も辛辣評価「スタミナはあるが、攻撃時に何もしていない」

[ 2017年02月06日 20:22 ] カテゴリ:プレミアリーグ | TB(0) | CM(2)
1: 名無しさん 2017/02/06(月) 12:40:53.73 ID:CAP_USER9
ゴールを挙げられない日々

20170206-00010017-theworld-000-2-view.jpg 

昨季に見せていた彼らの勇姿を思い出すことは、日に日に困難となりつつある。
イングランドのレスターが5日、プレミアリーグ第24節でマンチェスター・ユナイテッドと対戦し、0-3と完敗を喫している。

またしても白星を挙げることができなかった。
日本代表FW岡崎慎司は先発出場を飾り、相変わらずハードな運動量でピッチ上を駆け巡ったものの、決定機を演出することはできず、45分間でその役目を終えている。

英『Leicester Mercury』はそんな岡崎に対して5点の低評価を付け、「守備時にはおなじみの運動量で無尽蔵のスタミナを見せつけたが、攻撃時には何もできなかった」との寸評。
昨季、ライバルFWとして凌ぎを削り合ったレオナルド・ウジョアが指揮官との関係を悪化させている中、
岡崎に対する期待は高まっているはずだが、なかなか調子に乗り切れない日々が続いている。

この日の黒星でレスターは公式戦4連敗となり、リーグでは16位に。
前年のプレミアリーグ王者による2部降格は、いよいよ現実味を増している状況だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170206-00010017-theworld-socc

http://www.nikkansports.com/soccer/world/premier/data/standings/
順位表

http://www.nikkansports.com/soccer/world/premier/data/ranking/
得点ランキング

引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1486352453/

他サイト記事
ブログパーツ
オススメ
お知らせ

rss-35.png hatena-35.png
相互リンク募集中です
お気軽にメール下さい!
カテゴリー
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ