蹴球まとめちゃんねる ≫ ラ・リーガ

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

FIFA 19 通常版 PS4版
価格:7076円(税込、送料無料) (2018/9/6時点)


【動画】柴崎岳(デポルティボ・ラ・コルーニャ)>開幕戦で先制点演出!地元紙絶賛「昇格の夢を見せてくれると確信」

category - ラ・リーガ 0
1: 名無しさん@蹴球 2019/08/19(月) 13:02:36.03
オビエド戦でフル出場し、3-2の勝利に貢献 「絶え間ない献身性」にも賛辞

20190819-00211444-soccermzw-000-1-view.jpg 

日本代表MF柴崎岳が所属するデポルティボ・ラ・コルーニャは現地時間18日にリーガ・エスパニョーラ2部第1節オビエド戦に臨み、3-2と白星スタートを切った。柴崎は先発フル出場を果たして先制ゴールの起点になるなど活躍したなかで、地元紙から「日本人のファンタジスタ」と賛辞を送られている。

 この日、柴崎は4-2-3-1の左ボランチとしてキックオフの笛を聞いた。すると前半20分、ボールを奪い取った柴崎が攻撃の起点となって攻撃を展開し、コートジボワール人FWママドゥ・コネの先制ゴールを導き出した。後半はお互いが2点ずつを挙げる打ち合いとなり、柴崎は中盤を落ち着かせる役割を90分間にわたって任された。

 1部復帰を目指すデポルティボにとって、幸先の良い勝ち点3。そのなかで柴崎の働きを高く評価しているのは地元メディアの「ラボス・デ・ガリシア」だ。「日本のファンタジスタとエレファンツ(コートジボワール代表の愛称)の積み重ね」とのタイトルで、柴崎とコネの働きを評価。特に柴崎についてはこのように記されている。

「ガクはガス(体力)が続くことを、祈り続けなければならなかった。攻撃面でも守備面でもだ。彼の絶え間ない献身性、そして驚くべきキックから危険なパスを送り込んだ。何よりも後方からパスを入れつつ(守備での危険な場面を)カバーすることで、相手のラインを打ち破るのを楽にした」

 このように攻守両面での気の利いたプレーぶりが評価されている。そしてこの90分間で得たメディアからの信頼はかなり大きいようだ。

「(デポルティボの本拠地の)リアソールは、昇格の夢を見せてくれる選手だと確信し、恋に落ちていた。日本人はデビュー戦で輝き、デポルでの融合が上手くいっていることが明らかになった」

 1990年代後半から2000年代前半にかけて「スーペル・デポル」と呼ばれる黄金期を築いたデポルティボも、近年は1部と2部を行き来する低迷期にある。その状況を打開する役割を期待されている柴崎だが、初の公式戦でのプレーはクラブ内外に実力を示したと言えるだろう



https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190819-00211444-soccermzw-socc

続きを読む

【動画】バルセロナ、11年ぶりにリーガ黒星発進!アドゥリス劇的ボレー弾でビルバオが勝利!

category - ラ・リーガ 0
1: 名無しさん@蹴球 2019/08/17(土) 08:47:22.55
リーガ・エスパニョーラ第1節が16日に行われ、アスレティック・ビルバオとバルセロナが対戦した。

20190817-00969001-soccerk-000-view.jpg 

2019-20シーズンのリーガ・エスパニョーラが、2連覇王者バルセロナと昨シーズン8位のアスレティック・ビルバオの一戦で幕を明けた。
エースのリオネル・メッシを負傷で欠くバルセロナはなかなか決定機を作れず、32分になってペナルティエリア内に残っていたルイス・スアレスが、相手のバックパスに反応してターンしながら左足を振り抜いたが、これは左ポストに弾き返された。

その直後、右足を痛めたスアレスは自ら交代を要求。負傷交代を余儀なくされて、代わりにラフィーニャが投入された。
44分にはラフィーニャがエリア手前右から強烈なミドルシュートを放ったが、これはGKの好セーブとクロスバーに阻まれた。

後半に入ってバルセロナは、52分にラフィーニャがエリア内左からシュート、70分にはイヴァン・ラキティッチがエリア内のこぼれ球をダイレクトで叩いたが、どちらも得点には結びつかなかった。

試合が動いたのは89分。1分前に途中出場したアリツ・アドゥリスが右サイドからのクロスを豪快なジャンピングボレーでゴール右隅に叩き込み、ビルバオに劇的な決勝点をもたらした。
バルセロナは攻撃陣が不発に終わり、11シーズンぶりに黒星スタートを喫した。

次節、バルセロナは25日にホームでベティスと、アスレティック・ビルバオは24日にアウェイでヘタフェと対戦する。

【スコア】
アスレティック・ビルバオ 1-0 バルセロナ

【得点者】
1-0 89分 アリツ・アドゥリス(ビルバオ)


【スターティングメンバー】
アスレティック・ビルバオ(4-2-3-1)
U・シモン;カパ、ヌネス、イェライ、ベルチチェ;U・ロペス(81分 エチェバリア)、D・ガルシア;デ・マルコス(66分 サンセット)、R・ガルシア、ムニアイン;ウィリアムス(88分 アドゥリス)

バルセロナ(4-3-3)
テア・シュテーゲン;N・セメド、ピケ、ラングレ、J・アルバ;S・ロベルト(76分
C・ペレス)、デ・ヨング、アレニャ(46分 ラキティッチ);デンベレ、スアレス(37分 ラフィーニャ)、グリーズマン

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190817-00969001-soccerk-socc

【サッカー】<バイエルン>コウチーニョ獲得合意を発表…1年間のレンタル、買い取りOP付き
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1565996405/

続きを読む

香川真司、スペイン2部のレアル・サラゴサへ移籍決定!2年契約を締結

category - ラ・リーガ 0
1: 名無しさん@蹴球 2019/08/09(金) 21:51:42.93
20190809-00966575-soccerk-000-view.jpg 

スペイン2部のレアル・サラゴサは日本代表MF香川真司をドルトムントから獲得したことを発表した。2年契約を締結している。

クラブは香川の加入について「これまで得ている多くの経験がチームにもたらされることになる」と説明。来週会見を行う予定としている。

香川は2010年夏にセレッソ大阪からドルトムントに加入。2012年夏にマンチェスター・Uへとステップアップを果たした。その後、出場機会の減少などもあり、2014年夏にドルトムント復帰。

2018-19シーズンは構想外となったこともあり、2019年1月からはトルコのベシクタシュへとレンタル移籍した。

新シーズンはドルトムントで構想外となっており、新天地を探していたが、かねてから香川がプレーしたいと話していたスペインへの移籍が実現することとなった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190809-00966575-soccerk-socc

続きを読む

香川真司、レアル・サラゴサが候補に急浮上!数時間以内に契約が発表されるとも

category - ラ・リーガ 0
1: 名無しさん@蹴球 2019/08/09(金) 19:25:56.52
一時はスペイン1部セルタ入りが噂されるも正式発表されず
 
ドルトムントの日本代表MF香川真司は、新天地探しが難航している。
一時はスペイン1部セルタとのクラブ間合意も報じられたが、いまだ正式発表されていない。
そんななか、2部のレアル・サラゴサが候補に急浮上し、契約に迫っているという。スペイン紙「マルカ」などが報じた。

香川はドルトムント通算7年目の2018-19シーズン、ルシアン・ファブレ監督の構想外となり、ベンチ外が続く苦しい日々を過ごした。
冬の移籍市場でトルコ1部ベジクタシュへの期限付き移籍を決断。デビュー戦で2ゴールを挙げる活躍を見せたが、レギュラー奪取とはならず、リーグ戦14試合4得点でシーズンを終えた。

保有権がドルトムントに戻ったが、香川はプレシーズンツアーやキャンプには帯同せず、移籍先を模索してきた。
ベジクタシュへの完全移籍や、自身が希望するスペインリーグに所属するセルタとの契約も噂されたが、正式発表には至らず、ミヒャエル・ツォルクSDはドイツ誌「キッカー」で香川を「特別なケース」と呼び、
「みんなにとって良い形で解決できることを願っている」と語っていた。

そんななか、スペイン紙「マルカ」などによれば、スペイン2部のサラゴサが候補に急浮上し、契約が迫っているという。
昨季2部で15位と低迷したサラゴサだが、香川が最初に海外へ渡った際に争奪戦に名乗りを上げたクラブの一つともされ、長い月日を経て再び獲得の可能性が出てきたようだ。

また、スペイン紙「AS」は数時間以内に契約が発表されるとも報じている。
果たして、香川は念願のスペイン移籍が実現するのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190809-00209641-soccermzw-socc

no title

続きを読む

【悲報】マラガ・岡崎慎司、まさかのリーグ登録禁止!理解不能な王族オーナーに非難

category - ラ・リーガ 0
1: 名無しさん@蹴球 2019/08/08(木) 19:13:03.88
サッカーのスペイン2部マラガに入団した日本代表FW岡崎慎司(33)が窮地に陥っている。

okamara.jpg 

地元紙「マルカ」は、スペインプロリーグ機構(LFP)が7月31日以降、規約に定められた選手年俸の総額を超えたマラガに対し、岡崎ら新加入した選手のリーグ登録を禁止していると報じた。

 この処分は1部グラナダと2部マラガ、2部ラスパルマスに科されたが、マラガの原因はオーナーを務めるカタール王族のアブドゥラ・アル・アルタニ氏にあるという。新シーズンに向けて所属選手の放出を認めておらず、年俸総額が膨らむばかりの異常な事態に陥っているからだ。

 クラブ側は移籍金750万ユーロ(約8億8000万円)でビリャレアルからオファーが届くFWハビエル・オンティべロスをはじめ所属選手の売却を好条件で進めたい考えだが、アルタニ氏が承認しないために頓挫。クラブのルイス・カミネロ・スポーツディレクターも、意味不明なオーナー方針に「普通ではない」と頭を抱えるばかりだ。

 実際、アルタニ氏はここ数か月、クラブの実務に取り組んでいないという。地元メディアによると、こうした現状に少数株主たちは「あなたの経営には何も期待しない。保有する株を手放して出て行ってほしい」と非難する声明を発表し、クラブ会員であるマラガ市長も問題を憂慮し「状況は決していいとは言えない」と異例のコメントを出した。

 さらにサポーターは大規模な抗議集会を予定するなど、チームの周辺で混乱が続く。今季の選手登録は夏の移籍市場が閉まる9月2日まで。状況が改善しなければ、岡崎は加入を熱望したスペインで試合に出られなくなるが…どうなるのか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190808-00000030-tospoweb-socc

続きを読む

他サイト新着記事