【日本代表】名波浩「(香川)真司よ、殻を破れ!」「10番に向いていない」その真意とは?

1: 名無しさん 2018/04/24(火) 12:21:32.23 
 ◇【レジェンドからの言葉(3)】名波浩

voiceImg02.jpg 

 日本が初めてW杯に出場した98年フランス大会で10番をつけた名波浩氏(45=磐田監督)が背番号10との向き合い方に対する持論を語った。

日の丸を背負う意識が希薄な日本代表への物足りなさも口にし、ロシア大会で魂のこもったプレーを期待。W杯メンバー23人が一つになることを躍進のポイントに挙げた。

 W杯で10番を背負った者にしか分からない感覚がある。名波氏は「日本代表に真司は必要だと思う」とエースナンバーの後継者に期待するからこそ、香川に殻を破ることを切望する。磐田では同じく10番の後継者である中村俊輔と監督と選手の間柄。「サウナで俊輔と一緒になった時に“真司は10番に向いていないな”という話になった」と明かした。

 「真司は責任を感じすぎる。メンタルが強い弱いではなく、インに入ってしまう。インに入るか、楽観的なのかで全然違う。
次の一歩を踏み出せるかが、自分のパフォーマンス次第では日本の10番は務まらない。チームのことを考えないといけない立場。真司はまだ“点を取らなきゃ”とか、自分のことを考えすぎる。変わるところを見たい。

自分次第で変われると思うから。俊輔も代表に選ばれたばかりの頃は“俺が俺が”だったけど、06年(W杯ドイツ大会)が終わってからはチーム全体を考えるプレーやコメントが増えた。そうじゃなかったら、多分、ジュビロは俊輔を獲っていない」

 現在の日本代表には物足りなさを感じている。名波氏はJリーグの試合でボールを奪われた日本代表の選手が、主審より遅いスピードで帰陣する姿を目にした。

「そんな選手が日本代表というのが許せない。普段(のJリーグで)できないことが代表でできるわけがない。魂を感じない。女子(日本代表)の方がプライドを感じるし、見ていて面白い。素人の方から“女子を見習えよ”と言われても仕方ない」。欧州で活躍する選手が増え技術面が格段に進歩しているからこそ、歯がゆい。

 日本代表はハリルホジッチ前監督が電撃解任され、西野監督が就任した。W杯初戦までにチームが活動できる期間は1カ月弱。名波氏はチームが一体となる重要性を強調した。

 「戦術の落とし込みはほぼできない。12~23番目の選手が日本のために働けるかがポイントになる。自分はサブだと思った時に気持ちを切り替えて、日本サッカーのために何ができるかを本気で考えられるか。地位や名誉を得るためにW杯に出たいと思っている選手がいるなら選ばない方がいい。

面白いサッカーをやれとは思わないし、勝ちに徹するサッカーをやれとも思わない。日本が今後、いい方向に進むような集団であってほしい」。日本は6大会連続でW杯に出場中。ロシアのメンバーには22年カタール大会への道筋をつける責任がある。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180425-00000000-spnannex-socc

引用元:5ch.net

続きを読む

ハリル再来日がフランスで大々的に報道!「ハリル前監督の涙,名誉を取り戻すために戦う」

1: 名無しさん 2018/04/23(月) 18:14:38.26 
日本代表監督を解任されたバヒド・ハリルホジッチ氏(65)の“涙の来日”が、同氏の自宅があるフランスでも大きく報じられた。

22日の人気サッカー番組「テレフット」は、21日に来日し涙をこらえて語る映像を流した。

同番組には解任前だった1日に出演。ワールドカップへの意気込みや選手への熱い思いを語っただけに、
司会者らは「解任はシュールレアリスムだ(現実離れしている)。ひどいことで(W杯直前での解任は)コートジボワールに続く2度目だ」などと語った。

なお、フランス人のベンゲル監督のアーセナル退任にも触れ、新天地を「中国代表、日本代表、ドルトムント、パリサンジェルマンが候補」などと伝えた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180423-00187586-nksports-socc
 
no title

日本代表監督を解任されたヴァイッド・ハリルホジッチ氏が21日に来日した。その様子は各国メディアでも盛んに報じられている。
日本サッカー協会(JFA)は今月9日に、ハリルホジッチ前監督の解任と、後任として西野朗監督の就任を発表した。ロシア・ワールドカップまでわずか2ヶ月あまりというタイミングでの監督交代は大きな衝撃をもたらした。

21日午後に来日したハリルホジッチ氏の空港での様子は、各国メディアでも伝えられている。特に同氏の第二の母国であり現在居住するフランスメディアからの注目度が高い。
「サッカー人生で最も難しい時期」「糞のように扱われた」「ゴミ箱に捨てられたような状態」など、メディアの取材に応じたハリルホジッチ氏の言葉が記事タイトルに用いられ強調されている。
過去に同氏が代表監督を務めたアルジェリアの『DZバロン』は「ヴァイッドは名誉を取り戻すために戦う」と来日について伝えた。

ハリルホジッチ氏は27日午後に国内で会見を開くことを予定している。その席での発言にも世界から注目が集まることになりそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180423-00266537-footballc-socc

引用元:5ch.net

続きを読む

<日本代表「ハリルホジッチ解任」の吉凶>人間関係はギスギスの極みで最悪。采配も稚拙な愚将、クビで正解か?

1: 名無しさん 2018/04/23(月) 07:15:16.69 
お互いが自分のやり方を押しつけて、人間関係はギスギスの極みで最悪。采配も稚拙な愚将、クビで正解か? 選手たちの運命やいかに

0ab1dab6-b79d-8eaa-3713-5b3a946f9286.jpg 

■本田圭佑はツイッターで

〈It's never too late.〉和訳すると“遅すぎることはない”。4月10日、サッカー日本代表の本田圭佑はツイッターでこう呟いた。「何を指しているのかは一目瞭然。
その前日の4月9日、サッカー日本代表監督のヴァヒド・ハリルホジッチ氏の解任が発表されたんです」(スポーツ紙記者)

 2015年から約3年間、代表監督を務め、ロシアW杯の出場も決めたハリルホジッチ氏のまさかの解任。その衝撃は計り知れない。
「電撃解任の理由は、成績不振。確かに日本代表はW杯出場が決定して以降は、3勝4敗2分けで低迷していました。とはいえ、ロシアW杯を2か月後に控えたこの時期に、なぜ? と疑問も残ります」(前同)

 本田は“遅すぎることはない”と呟いているが、はたして、どうなるか? 後任には、アトランタ五輪サッカー日本代表監督で、Jリーグではガンバ大阪などを率いた西野朗氏が選ばれたが、大丈夫なのか?

■長谷部誠は何度もハリルの解任を進言していた
 そこで、本誌が『ハリルホジッチ解任の吉凶』を徹底取材すると、今回の解任劇を“吉”とする見方がかなり強い。
三十数年、サッカー日本代表の試合を取材しているスポーツライターの戸塚啓氏は、こう言う。「ハリル解任は当然の流れ。タイミング的には遅すぎると思いますよ」

 その理由として挙げられるのは、ハリルのサッカー戦術と日本のサッカーが“合っていない”ことだ。「ハリルのサッカーは“縦に速い”。
距離の長いパスを主軸に、選手をとにかく前線に走らせるスタイルです。ただ、日本人サッカーはもともと、短めのパスをつないでいくことを得意としています。ミスマッチがあったんです」(前同)

 サッカー専門誌の編集者もこう語る。「ハリル監督の口癖は“デュエルで勝て”。デュエルとはフランス語で1対1のことです。
日本人は、海外の選手に比べてフィジカルが弱く、個の力で突破できない弱点があった。ハリルは、そんな日本人選手を改革しようとしたんですね」

 そして、長年、決定力不足が問題だった日本サッカーを変えようとしたのだが、結果が伴わなかった。
「W杯のアジア予選なら、それなりに通用したんですが、欧州や南米の強豪相手では、まったく歯が立たなかったんです」(前同)

 それが如実に現れたのは、先の3月下旬に行われたベルギー遠征。
「W杯の同じグループの対戦国を想定した遠征でしたが、マリとは1-1の引き分け、ウクライナには1-2で敗戦。この2国はW杯出場を逃した格下なのに、このありさま。ハリルジャパンの限界が見えたような結果でした」(夕刊紙記者)

 それだけではない。ハリルと選手の間の信頼関係も末期状態だったという。ベルギー遠征後、MFの森岡亮太は、「監督と選手の間にイメージのギャップ? それは見ていても分かると思う」と不満気味にコメント。
DFの槙野智章は、「自分たちの良さは何か。ショートパス、間を使いながらプレーするのも必要だったかなと思う」と、監督の戦術に対して真っ向、批判をブチまけた。
「キャプテンの長谷部誠は、何度も協会にハリルの解任を進言していたようです。しっかり者の長谷部が動いていたのだから、余程でしょう」(前出の夕刊紙記者)

 このように、ハリル解任は、日本サッカーにとって“吉”という見方が強い。

つづく

2018.04.23 05:00  大衆
https://taishu.jp/articles/-/59056

2: 名無しさん 2018/04/23(月) 07:15:29.48 _USER9
■今の日本はワールドカップで勝てない
 だが、これですべてがうまく進むとも言えないのだ。「正直、今の日本がW杯で勝てるとは思えない。1次リーグで、コロンビア、セネガル、ポーランドという強豪と当たります。
ハリルが辞めたところで、今の日本選手の実力では、とうてい太刀打ちできません」(前出のスポーツ紙記者)

後任の西野監督への疑問の声も。「西野監督といえば、ガンバ大阪の黄金時代を築き上げた名監督ですが、あれは当時、遠藤保仁という天才が全盛期で活躍したおかげ。
その後、ヴィッセル神戸、名古屋グランパスの監督に就任したものの、結果が残せずに解任されているんです」(前同)

サッカー通の間では、「西野よりも、手倉森誠氏が良かった」との意見も多かったが、同氏は西野体制下で森保一氏とともにコーチを務めることが発表された。
「W杯まで残り2か月という期間を考えると、一番大事なのは、選手のモチベーションを上げること。その点、手倉森氏は“モチベーター”と呼ばれるほど、選手をヤル気にさせるのがうまい。あの本田でさえも、彼のことは“兄貴”と呼ぶほど慕っています」(同)

前出の戸塚氏も言う。「個人的には監督は手倉森が良かったと思いますが、西野氏も技術委員長としてハリルジャパンのチームに帯同していました。
ハリルが選手に言って、嫌がられていたこと、うまくいかなかったことを反面教師として見ているのは大きい。これは“内部昇格”で監督に就任した、最大のメリットの一つといえます」

本田の言う通り、今回の解任は決して“遅すぎることはない”はず。ロシアW杯で日本中を熱くさせる試合を期待したい。

週刊大衆 2018年4月30日号

引用元:5ch.net

続きを読む

【日本代表】フル代表を率いた経験すらない西野氏はハリル氏に勝る部分なし!

1: 名無しさん 2018/04/22(日) 19:31:30.19 
ハリル解任。JFAが捨てたのは、コアファンの信頼である

0ab1dab6-b79d-8eaa-3713-5b3a946f9286.jpg 

 2018年4月9日、日本サッカー協会は2015年3月12日より3年以上サッカー日本代表の指揮を取ったヴァイド・ハリルホジッチ監督の契約を解除した。(文:澤山大輔[VICTORY編集部])

■正気の沙汰とは思えない

 解任の理由の是非については、ここでは論じない。2018年4月14日現在、真相を知る手段はないからだ。やれスポンサーや広告代理店の圧力だ、選手が直訴しただ、
コミュニケーションがうまく取れなかっただ、JFA田嶋幸三会長の独断だ、酷いものではハリルが選手の海外移籍においてキックバックを受け取っていたからだ、云々……何が本当なのか皆目わからない。
 
 だから、表に出ている情報のみの話をしたい。サッカー的な常識でいえば、W杯開幕まで約2ヶ月、親善試合・テストマッチが3試合残されるのみの段階で、
3年間チームを率いたハリルホジッチ監督を解任すること、その後任に過去1試合たりとも国際Aマッチで指揮をとっていない西野朗・技術委員長がつくことを説明することは不可能だ。
 
 ハリルホジッチ監督は、2014年W杯でアルジェリアを率いてベスト16になった実績を持つ。だが西野氏はフル代表を率いた経験すらない。

>>2-5あたりに続く)

VICTORY
https://victorysportsnews.com/articles/6711/original

4: 名無しさん 2018/04/22(日) 19:32:40.55 
(中略)
 
 「JFAは、こうした反応を重く受け止めよ」などのおためごかしで済ませることはできない。一度失われた熱狂を取り戻すのは、「例え戻ったとしても」長い年月がかかる。
一度さめたものに再び熱狂するのは、よほどの物語が必要だ。それこそ「初のW杯出場」「初のW杯自国開催」といったような。
 
 そうした物語を用意するのは、もはや不可能だ。そんな中で今回のような愚策が投じられたことは、サッカー日本代表のブランドに取り返しがつかないダメージとなる可能性が高い。
仮に現チームでロシアW杯が奇跡的に好成績を収められても、そこに正当性をもはや見いだせない以上「さめた心」が熱くなることは難しいだろう。
 
 「オールジャパン」がロシアW杯で好成績を収めたとしても、彼ら彼女らが戻ってくるかはわからない。JFAが失ったものは、途方もなく大きく、取り返しがつかない。

<了>

引用元:5ch.net

続きを読む

【動画】北澤豪氏、怒るハリル氏に「お涙頂戴という話ではない!」年末から解任議論と説明

1: 名無しさん 2018/04/22(日) 17:59:45.01 
サッカー元日本代表で、現在は日本サッカー協会の理事も務める北沢豪氏が22日、日本テレビ系の「シューイチ」(日曜、前7時30分)で、サッカー日本代表のハリルホジッチ前監督の解任について、言及した。昨年12月の東アジアE-1選手権で韓国に1-4で敗れた際にすでに監督交代が協会内で話合われていたことを明かした。また、来日しているハリルホジッチ前監督が協会に対して怒りをあらわにしているが、「お涙頂戴という話ではないのかなと思う」と感想を述べた。

630420552_a-800x533.jpg 

 監督交代について「非常に残念ですよね。ロシアW杯までハリルホジッチ監督でいくべきだとは思うんですけど、なぜこのタイミングでというのはあると思うんですが」と見解を述べた上で、東アジアE-1選手権の話題に触れた。

 「韓国に大敗した。そのところで話し合いはされていた。この方向だとW杯は難しいんじゃないかと。改善しなければいけないんじゃないかということで3月(欧州遠征)を迎えたわけです」

 欧州遠征ではマリには1-1で引き分け、ウクライナには1-2で敗北。スコア以上に試合内容も乏しかった。北沢氏は「そこで改善されていなかったので、今回、こういうことになった。急ではなくて、前から話し合われていたんだけど、結果、改善されないから、このままではW杯で勝つことはできないから、ということで監督交代になった」と経緯を説明した。

 なお、日本協会の田嶋幸三会長は9日の会見で、「選手とのコミュニケーションや信頼関係が多少薄れてきたこと」と、「今までのさまざまなことを総合的に評価」したことを理由にハリルホジッチ前監督を解任したと説明している。

 また、北沢氏はハリルホジッチ前監督が「私をゴミ箱に捨てた」などと協会に対して強い不快感を示していることについては、「自分(ハリルホジッチ前監督)のキャリアというところで、これから仕事をしていく中でこういう辞め方は難しくなるので、ちょっと言い方が極端になっているかなと思う」と心中を察した。ただ、27日に行われるハリルホジッチ前監督の会見を受け、日本協会の対応が変わることは「ないですね」と断言。「勝負の世界には契約があるので、うまくいかなくなったら監督が交代することはあることなので。ちょっと、お涙頂戴という話ではないのかなと思う」と語った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180422-00000035-dal-socc

108: 名無しさん 2018/04/22(日) 18:31:01.67
>>1
Jリーグのスーパーゴール&ハリルホジッチ前監督の解任を北澤が解説!4月22日(シューイチ)

https://youtu.be/po3_GJ3eYk0

引用元:5ch.net

続きを読む

お知らせ


rss-35.png hatena-35.png
相互リンク募集中です
お気軽にメール下さい!

最新記事

他サイト記事