蹴球まとめちゃんねる ≫ 日本代表

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

FIFA 19 通常版 PS4版
価格:7076円(税込、送料無料) (2018/9/6時点)


【画像】日本代表新ユニの背番号が見えずらいと話題にwwwwwww

category - 日本代表 0
1: 名無しさん@蹴球 2019/11/15(金) 01:01:47.96
2022年カタールワールドカップ・アジア2次予選のキルギス代表対日本代表戦が14日に行われている。男子日本代表にとっては新ユニフォームの初披露の機会でもあるが、そのユニフォームに関して想定外の問題点も浮上している。

 日本サッカー協会(JFA)は今月6日に代表メンバー発表とあわせて新デザインのユニフォームの発表を行った。「日本晴れ(ニッポンバレ)」をコンセプトとし、浮世絵から着想を得たというグラフィックだという。

 キルギス戦はアウェイでの試合ではあるが、日本代表はホーム用の青の新ユニフォームを身に着けてピッチに立った。だがユニフォーム発表会とは異なり、実際に選手たちが着用した姿を目にして感じられるのは、「背番号が見づらい」という点だ。

 新ユニフォームの前面は濃淡の異なる様々な青系の色を織り交ぜたデザインだが、背面は青一色。そこに赤文字で背番号が入れられているが、遠目には番号を識別しづらい。赤地に白文字で入れられたキルギスの背番号が非常に明瞭であるのとは対照的だ。

 今後も同様の背番号デザインが使用されるとすれば、ホーム用ユニフォームが主に用いられる日本国内での試合が海外中継される場合、視聴者や実況者にとって選手の識別が困難となりそうだ。日本代表を研究したい他国にとってはスカウティングが困難になるという思わぬプラス効果に繋がる可能性もあるかもしれないが…。

EJVUP05UwAAhzUY.jpg 



https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191114-00347968-footballc-socc

続きを読む

【動画】日本代表、キルギスに勝利!南野拓実の代表史上初4戦連続弾+原口元気の直接FK弾

category - 日本代表 0
1: 名無しさん@蹴球 2019/11/14(木) 22:07:26.27
20191114-43473972-gekisaka-000-1-view.jpg

2019/11/14(木) 20:15キックオフ
ドレン オムルザコフ スタジアム

2022年カタールワールドカップ
アジア2次予選

日本 vs キルギス



https://soccer.yahoo.co.jp/japan/game/score/2019111401

151: 名無しさん@蹴球 2019/11/14(木) 22:10:44.32
>>1

[11.14 W杯アジア2次予選 日本2-0キルギス ドレンオムルザコフ]

 日本代表は14日、カタールW杯アジア2次予選の第4戦を行い、キルギス代表に2-0で勝利した。荒れたピッチの影響もあり苦しい展開が続いたが、MF南野拓実(ザルツブルク)が歴代5人目となる国際Aマッチ5試合連連続、史上初のW杯予選開幕4試合連続のゴールで先制点をマーク。日本は予選4連勝で首位独走状態を保った。

 発表されたばかりの新ユニフォームで臨んだ一戦。森保一監督は10月15日の予選第3戦タジキスタン戦から先発4人を入れ替えた。

 GK権田修一(ポルティモネンセ)がゴールを守り、4バックは右からDF酒井宏樹(マルセイユ)、DF植田直通(セルクル・ブルージュ)、DF吉田麻也(サウサンプトン)、DF長友佑都(ガラタサライ)。ダブルボランチはMF柴崎岳(デポルティボ)とMF遠藤航(シュツットガルト)が務め、2列目は右からMF伊東純也(ゲンク)、南野、MF原口元気(ハノーファー)。1トップにはFW永井謙佑(FC東京)が入った。

 試合は3-3-3-1の変則システムを繰り出してきたキルギスが一気に主導権を握った。日本ダブルボランチの前と背後に技術の高い選手を置き、中盤に密集を作ると、1トップのFWミルラン・ムルザエフが最終ラインのサイド裏にフリーラン。このような形から立て続けにチャンスを作り、前半9分にはゴール前の波状攻撃で決定機をつくった。

 なんとか攻めたい日本は前半14分、永井の背後へのスプリントから右サイドにボールが渡り、伊東のクロスに南野が合わせたが、ヘディングシュートは大きく枠外。その後も勢いを失わないキルギスは18分、最終的にはオフサイドに終わったが、ゴール正面のFKから権田を強襲するシュートを放った。

 日本は直後の前半19分、遠藤の縦パスに南野が抜け出すも、フリーで放った右足シュートはGKがビッグセーブ。布陣上の優位性を活かすキルギスはその後もチャンスを連発し、31分には遠藤を抜き去ったMFグルジギト・アリクロフの折り返しにMFアリマルドン・シュクロフが合わせ、日本は権田のビッグセーブに救われた。

 それでも前半40分、日本は遠藤の縦パスを伊東がフリックすると、抜け出した南野が相手GKに倒されてPKを獲得。これを南野が右に決め、劣勢の中で大きな先制点を奪った。南野は歴代4人目のAマッチ5試合連発、史上初のW杯予選開幕4戦連発となった。43分、柴崎のFKに合わせた酒井のヘッドは枠を外れたが、前半を1点リードで終えた。

 後半最初のチャンスもキルギス。1分、アリクロフが切れ味鋭いドリブルで植田を抜き去り、クロスを吉田に当ててCKにつなげた。日本は2分、中盤で遠藤のインターセプトから数的優位の攻撃を見せたが、スルーパスに反応した永井のトラップが左に流れ、ループシュートは相手DFにクリアされた。

 焦りの見えてきたキルギスに対し、徐々に主導権を奪っていく日本。後半8分には柴崎と遠藤が連係したボール奪取から、遠藤がドリブルで前に運ぶとゴール正面でFKを獲得する。キッカーは原口。ゴール左隅に縦回転で落ちるボールを蹴り込み、リードを2点に広げた。原口は昨年11月のキルギス戦に続き、同対戦2試合連続での直接FKゴールとなった。

 それでも諦めないキルギスは後半13分、シンプルなハイボール攻撃からムルザエフが決定機を導くも、シュートは権田の正面。それでもサイドを効果的に使った攻撃から優勢を保ち、24分には再びムルザエフが振り向きざまのシュートを放ち、日本はまたも権田のスーパーセーブに救われた。

 キルギスは選手交代でシステムを3-4-2-1にしてくる中、日本は後半32分に遠藤と伊東に代えてMF山口蛍(神戸)とMF中島翔哉(ポルト)を投入。中島は左サイドに入り、原口が右サイドに回った。その後も劣勢が続き、41分には永井を下げてFW鈴木武蔵(札幌)を起用。そのままなんとか試合を締め切り、無失点のまま4連勝を飾った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191114-43473972-gekisaka-socc
no title

続きを読む

【画像】U-22日本代表、メンバー発表!堂安が“3年越し”の初招集、久保も選出

category - 日本代表 0
1: 名無しさん@蹴球 2019/11/05(火) 17:09:14.12
17日のU-22コロンビア戦に向け、堂安が東京五輪世代のチームに待望の初合流
 日本サッカー協会は5日、17日に行われるキリンチャレンジカップU-22コロンビア代表戦(12時50分キックオフ/エディオンスタジアム広島)に臨むメンバー22人を発表した。東京五輪世代のエース候補であるMF堂安律(PSV)が、チーム発足から3年越しの初招集。18歳のMF久保建英(マジョルカ)も3回目の選出となった。

 東京五輪開催まで1年を切り、2020年1月には五輪出場権を懸けたU-23アジア選手権が開催される。五輪開催国の日本はすでに本大会の出場権を獲得しているが、メンバーの見極めは徐々に佳境に向かっていく。

 森保一監督は、A代表のレギュラークラスにのし上がっている堂安を初招集。2016年のチーム発足から3年を経て、東京五輪を目指すメンバーに合流することになった。

 また、すでにA代表デビューを果たしている久保も選出。2018年11月のドバイカップU-23、19年3月のU-23アジア選手権予選に続き、3回目の合流となる。今回、海外組は堂安と久保を含めて計8人が選ばれた。

 U-22コロンビア代表戦に向けたメンバー22人は以下の通り。

GK
大迫敬介(広島)
谷 晃生(G大阪)

DF
板倉 滉(フローニンゲン)
渡辺 剛(FC東京)
岩田智輝(大分)
町田浩樹(鹿島)
立田悠悟(清水)
原 輝綺(鳥栖)

MF
中山雄太(PECズヴォレ/オランダ)
三好康児(アントワープ/ベルギー)
田中駿汰(大阪体育大)
遠藤渓太(横浜FM)
堂安 律(PSV/オランダ)
食野亮太郎(ハーツ・スコッツトランド)
菅 大輝(札幌)
田中 碧(川崎)
橋岡大樹(浦和)
菅原由勢(AZ/オランダ)
久保建英(マジョルカ/スペイン)

FW
小川航基(水戸)
前田大然(マリティモ/ポルトガ
上田綺世(鹿島)

EImEJznUwAEzMgz.jpg 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191105-00227311-soccermzw-socc

続きを読む

他サイト新着記事