蹴球まとめちゃんねる ≫ 日本代表

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

FIFA 19 通常版 PS4版
価格:7076円(税込、送料無料) (2018/9/6時点)


【悲報】中島翔哉さん、ウルグアイ戦も…「楽しんで良いサッカーを」

category - 日本代表 4
1: 名無しさん@蹴球 2019/06/18(火) 21:00:42.84
20190618-00949226-soccerk-000-3-view.jpg 

コパ・アメリカ グループステージ第1節が18日に行われ、グループCの日本代表とチリ代表が対戦。日本は0-4で敗れ、完敗スタートとなった。

 試合後、中島翔哉は「流れとかもあるけど、その中でチャンスを作ったり、ボールを奪ったり、試合からいなくなる時間をもっと減らさないといけないと思います」と試合を振り返った。

 左サイドで先発した中島は、得意のドリブルやコーナーキックからチャンスを演出するも、日本は無得点で敗戦。グループステージ突破へ痛すぎる黒星を喫した。

 次戦は中2日でウルグアイ代表と対戦する。短期間で再び訪れる強豪との戦いとなるが、中島らしく「またウルグアイという良い相手なので、楽しんで良いサッカーをして、みんなでまとまって勝ちに行きたい」と意気込んだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190618-00949226-soccerk-socc

続きを読む

【悲報】柴崎岳、チリ戦を前に本音!「できればフルメンバーで来たかった」

category - 日本代表 0
1: 名無しさん@蹴球 2019/06/17(月) 07:35:08.90
チリ戦の前日会見に出席、コパ・アメリカの日本代表メンバー構成について言及

20190617-00196744-soccermzw-000-1-view.jpg

 森保一監督率いる日本代表は現地時間17日のコパ・アメリカ(南米選手権)初戦でFIFAランキング16位のチリ代表と対戦する(エスタディオ・ド・モルンビー/現地20時・日本時間18日8時)。指揮官とともに前日会見に出席したMF柴崎岳(ヘタフェ)は「できればフルメンバーで来たかった」と胸中を吐露した。

 今大会では東京五輪世代の若手を中心にメンバーを編成。MF中島翔哉(アル・ドゥハイル)やMF柴崎岳(ヘタフェ)、DF冨安健洋(シント=トロイデン)ら森保ジャパンの常連に加え、昨夏のロシア・ワールドカップ(W杯)に出場したFW岡崎慎司(レスター・シティ)やGK川島永嗣(ストラスブール)らベテランを加えた陣容で臨む。

 森保監督は「招待国である我々は招集が難しい。所属クラブは派遣義務がなく招集が難しかった」と若手主体の構成となった背景を説明。その一方、柴崎は「昨日のアルゼンチン、コロンビア戦を見てもインテンシティーが高い。僕自身も(大会を)楽しみにしていますし、個人的にも結果を求めながら成長していきたい」と語り、今大会のメンバー構成について思いを吐露した。

「できればフルメンバーで来たかったというのが率直な感想。でも、それは仕方がない」

 初戦ではMFアルトゥーロ・ビダル(バルセロナ)、FWアレクシス・サンチェス(マンチェスター・ユナイテッド)などを擁するチリと激突。20日にウルグアイ、24日にエクアドルと対戦するなか、「彼らが日本サッカー界の未来を担っている」(柴崎)という若手たちとともに勝利を目指す。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190617-00196744-soccermzw-socc

続きを読む

【朗報】久保建英、チリ戦でA代表初先発出場へ!主力組で練習

category - 日本代表 1
1: 名無しさん@蹴球 2019/06/17(月) 02:18:43.04
【サンパウロ(ブラジル)15日(日本時間16日)=岡崎悠利】14日に開幕した南米選手権(ブラジル)に招待出場している日本代表は17日(日本時間18日)にチリとの初戦を迎える。
スペインの名門Rマドリードへの移籍が決まったMF久保建英(18)は、先発する見通し。日本人初の快挙を成し遂げて海外からも注目される中、“Rマドリードの久保”として初の公式戦はA代表の舞台となった。
本気の南米勢を相手に、世界が認めた力を見せる。

20190616-06160317-nksports-000-view.jpg 

  ◇    ◇    ◇

「白い巨人」ことRマドリードが手に入れた気鋭の18歳が、チリとの大会初戦でスタメン入りする見通しとなった。
関係者によれば、この日、サンパウロで行われた非公開練習では主力組で戦術練習をこなしたもよう。東京五輪世代が中心のチームでも最年少だが、攻撃を引っ張る存在としての期待が高まる。

Jリーグから、いきなりRマドリードへの移籍で衝撃を与えた。まずはリーグ3部相当のBチームでプレーするとはいえ、日本人で誰も経験したことのない挑戦。
14日の練習後には自ら「大会に集中したい。大会のことだけでお願いします」と報道陣に申し出た。めまぐるしく状況が変わる中、チリ戦だけに目を向けるために気持ちをコントロールする。

南米の地は、日本代表にとって鬼門となっている。99年南米選手権で初挑戦して以降、コンフェデレーションズ杯、W杯ブラジル大会のA代表全公式戦で1度も勝利がない。
若手主体で臨む今大会も苦戦は必至だ。「自分が必要だぞ、というのを周りに示したい」と謙虚に意気込む18歳に、日本の歴史を変える勝利を呼び込む期待が寄せられている。

チリは試合5日前の練習で、ルエダ監督が「不測の事態がなければこのメンバーで臨む」とスタメンを明かした。異例とも言える“公表”は、日本に対する余裕の表れともいえる。
久保は「ボールをさらすと足ごと持っていかれる。いい意味で非常に危険な選手が多い。けがだけは気をつけて、最大限のプレーを」と、警戒感が交ざった意気込みを口にしていた。
大会連覇中のチリ相手にいつものプレーを見せられるか、Rマドリード挑戦を前にした1つの試金石になる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190616-06160317-nksports-socc

続きを読む

【動画】U-22日本代表、トゥーロン国際大会初優勝ならず!!PK戦の末にブラジルに敗れる

category - 日本代表 1
1: 名無しさん@蹴球 2019/06/16(日) 01:08:53.89
トゥーロン国際大会
決勝
2019/6/15(土)23:00
スタッド ドヌール

D9HXrYiUcAEdHWf.jpg 

U-22ブラジル 1-1 U-22日本
PK(5-4)

【得点者】
アントニー 前半19分
小川 航基 前半39分


https://soccer.yahoo.co.jp/japan/game/score/2019061528

続きを読む

他サイト新着記事