蹴球まとめちゃんねる TOP  >  選手・小ネタ

“皇帝”長谷部誠がブンデス234試合出場の大記録達成へ…奥寺康彦まで残り「1」

[ 2017年02月23日 22:57 ] カテゴリ:選手・小ネタ | TB(0) | CM(0)
1: 名無しさん 2017/02/23(木) 20:24:11.31 ID:CAP_USER9
フランクフルトに所属する長谷部誠は、ブンデスリーガ通算233試合の出場を果たしている。次節のヘルタ・ベルリン戦に出場すれば、奥寺康彦が持つ大記録と並ぶことになる。

makoto-hasebe-12092016_rlxut8rd8jou1gxu46ezel79q.jpg 

長谷部の所属するフランクフルトは、現在ブンデスリーガで5位と上位につける。昨季、入れ替え戦の末に辛くも1部リーグに残留したことを考えれば大躍進と言っていいだろう。そして長谷部は躍進を続けるチームで中心的な役割を担っている。リベロやボランチという重要なポジションで、21節を終えた時点で19試合に出場している。

長谷部は2008年の冬にヴォルフスブルクに加入した。以来、ブンデスリーガでプレーを続け、今季で11年目のシーズンとなっている。出場数は233を数え、あと1試合で日本人のブンデスリーガ最多出場という30年以上破られることのなかった記録に並ぼうとしている。

フランクフルトは25日、原口元気が所属するヘルタ・ベルリンと敵地で対戦する。チームは2連敗中と調子を落としているが、欧州カップ戦の出場権を争う相手をしっかり叩いた上で大先輩の記録に並びたいところだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170223-00000020-goal-socc

引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1487849051/

【朗報】柴崎岳がテネリフェ島に戻る!全体練習合流に目途!クラブが発表

[ 2017年02月23日 00:43 ] カテゴリ:選手・小ネタ | TB(0) | CM(2)
1: 名無しさん 2017/02/22(水) 23:21:04.61 ID:CAP_USER9
C49r2BgWQAIhtY1.jpg 

スペイン2部のテネリフェは22日、公式ツイッターでMF柴崎岳が近日中にも全体練習に復帰することを明かした。

 今冬の移籍でスペインに渡った柴崎だが、到着直後に胃腸炎で離脱。その後は不安障害の症状が出たため、テネリフェ島を離れてバルセロナに滞在するなどしていた。

 現地報道でも22日にテネリフェ島に戻ったことが伝えられていた。クラブも認め、全体練習合流に目途が立ったことを発表している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170222-01637145-gekisaka-socc

引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1487773264/

【悲報】年俸46億円の上海申花FWテベス、わずか2ヶ月で“上海脱出”!?生活順応できず…

[ 2017年02月22日 14:13 ] カテゴリ:選手・小ネタ | TB(0) | CM(0)
1: 名無しさん 2017/02/22(水) 09:08:45.77 ID:CAP_USER9
早くも母国へ帰還か

20170222-00010009-theworld-000-1-view.jpg 

彼が悪いのか、それとも上海という街に原因があるのかは分からない。ただし、イタリアメディアは年俸46億円を受け取るはずのカルロス・テベスがわずか在籍2ヶ月で退団を考慮していると報じている。

かつてボカ・ジュニアーズでディエゴ・マラドーナの後継者として崇められたテベスは、マンチェスター・ユナイテッドやユヴェントスといったビッグクラブを渡り歩き、献身的な守備と冴え渡るゴールセンスにより世界的なCFへと成長。その華麗なる欧州での戦いを2015年に終えると、昨年12月からは破格のサラリーを提示した中国の上海伸花に所属している。

しかし、わずか2ヶ月で風向きは変わったようだ。アルゼンチン『Ole』によると、33歳のベテランは中国での生活スタイルに適応することができず、ウルグアイ人指揮官グスタヴォ・ポジェとも対立しており、電撃退団を視野に入れているという。

また、仮にテベスがこの時点での移籍を決断した場合、違約金として650万ユーロ(約7億8000万円)の支払い義務が生じるものの、それはテベスにとって“払うべき価値のある”出費だと綴っている。

王様のように迎えられ、多くの中国人サポーターを興奮させた元アルゼンチン代表ストライカーだが、現在は古巣ボカへの復帰を真剣に検討中だという。

theWORLD(ザ・ワールド) 2/22(水) 9:00配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170222-00010009-theworld-socc

引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1487722125/

【朗報】テネリフェ柴崎、地元レストランで食事するまで回復!

[ 2017年02月19日 21:42 ] カテゴリ:選手・小ネタ | TB(0) | CM(0)
1: 名無しさん 2017/02/19(日) 17:21:36.25 ID:CAP_USER9
C49vdbHWMAIx4ZN.jpg 

 鹿島からスペイン2部テネリフェに移籍し、7日から離脱しているMF柴崎岳(24)が18日、ホームのアルメリア戦をスタンドで観戦した。地元情報サイト「エルドルサル」によると、スタジアムでテネリフェの女子チームでプレーする元U―20日本代表のDF堂園彩乃(26)と対面。柴崎は来週中にも全体練習に合流できるよう、心理療法士と治療に取り組んでいるという。地元メディアでは“ホテル引きこもり報道”もあったが、地元有名レストランで食事するまで回復していると伝えた。

 柴崎について、テネリフェは当初、胃の不調で離脱と発表していたが、クラブの医療部門が13日に「不安障害」の可能性を指摘。ボレゴ・ゼネラルディレクターは地元メディアで「適応に苦しんでいる」「適応過程がいつ終わるのか、誰にも分からない」などと説明。退団報道については否定していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170219-00000123-spnannex-socc

引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1487492496/

中村俊輔”食事はファミレス、風呂場もなし”でジュビロ磐田へ移籍!「ガスります?それともロイホ?」

[ 2017年02月18日 23:53 ] カテゴリ:選手・小ネタ | TB(0) | CM(0)
1: 名無しさん 2017/02/18(土) 19:47:34.49 ID:CAP_USER9
「俊さん、今日の食事どうします? ガスります? それともロイホ?」

Soccerking_332947.jpg 

 2015年終了と同時に、年間使用料6億円で結んでいたマリノスタウンの定期借地契約が満了となったため、昨シーズンの1年間、横浜F・マリノス(以下FM)選手の間では、冒頭のような会話が飛び交っていた。

 かつて、マリノスタウンには4面のグラウンド、レストラン、ケアルームを完備するクラブハウスが隣接していたため、選手は練習後を心配する必要はなかった。

 それも昔の話。昨シーズン、選手たちは練習場を転々とした。そこは風呂なし、ケアルームなし。当然、食事する施設もなく、冒頭の会話のようにファミレスの名前が挙がるのだった。

「練習用具を管理する場所もないから、ホペイロ(用具係)が毎回ワゴン車から出し入れし、選手も手伝っていたほど。J1とは到底思えない、まるで企業からサポートを受けられなかった1980年代の日本サッカーリーグに戻ったかのようだった。俊輔はなによりも体のケアを大事にする。こんな環境ではやっていけないと不満を募らせたことが、移籍へと繫がった」(担当記者)

 年始早々、サポーターを驚かせた中村俊輔(38)の磐田への移籍には、こうした事情が隠されていた。

■受け入れる磐田の思惑

 年間王者3回、Jのクラブとして初めてアジアクラブ選手権を制するなど、名門として名を馳せた磐田。だが、近年は世代交代に失敗し、J2降格も経験。それだけに俊輔の加入は大きいが、年齢、高年俸のリスクもともなう。

「年俸は5000万ダウンの8000万円といわれているが、実際は1億円。たしかに高年俸だが、磐田は十分に元が取れると計算している。実際、早くも俊輔のユニホームには、予約が殺到している。昨年は実現しなかった清水との静岡ダービーも、今年は清水がJ1に昇格したことで開催できる。それを1万5000人しか入らない通常のヤマハスタジアムではなく、5万人収容のエコパスタジアムで主催すれば、俊輔人気で、入場料収入も大幅に増えると目論んでいる」(サッカーライター)

 スポーツ紙記者は、俊輔本人も現役が長くないと自覚し、万全の状態で臨むことを心がけていると語る。

「今回の移籍は、マリノスの環境に不満を持った俊輔から持ちかけたもの。彼ほどマリノスタウンを有効に使っていた選手はいない。午前練習時もゆっくり風呂に入り、カロリー計算された食事をし、マッサージを受け、昼寝までしていた。施設から出るのは夕方過ぎ。じつは子供が4人いて、自宅では落ち着けないこともあったからだった」

 2013年、年間MVPに輝いたとき、俊輔はこう挨拶した。
「この受賞は、ひとえに素晴らしい環境で日々練習できたからです」

 現役生活最終章の決断はカネやファンよりも、よりよい職場環境を選んでのことだった。俊輔の再挑戦が始まる――
2017年2月18日 12時0分 Smart FLASH
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12691464/

引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1487414854/

他サイト記事
ブログパーツ
オススメ
お知らせ

rss-35.png hatena-35.png
相互リンク募集中です
お気軽にメール下さい!
カテゴリー
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ