蹴球まとめちゃんねる ≫ 各国代表・リーグ

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

FIFA 19 通常版 PS4版
価格:7076円(税込、送料無料) (2018/9/6時点)


フランス、リーグ・アンがシーズン10試合を残して打ち切り&パリSGの3連覇が正式決定!マルセイユはCL出場権を獲得

category - 各国代表・リーグ 0
1: 名無しさん@蹴球 2020/05/01(金) 04:33:02.73
昇降格は2チームずつ

 20200501-00072533-sdigestw-000-5-view.jpg 

フランスのプロフットボールリーグ(LFP)は4月30日、1部のリーグ・アンと2部のリーグ・ドゥの2019-2020シーズンを打ち切ることを正式に発表した。

28日に、フランス政府が新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、9月までのスポーツイベントの禁止を発表。これを受けて、LFPは30日に理事会を開き、シーズン終了が正式に決定した。欧州5大リーグでは初の事例となる。

消化試合が異なるため、最終順位は1試合当たりの平均勝点で決定し、2.52ポイントのパリ・サンジェルマンが3シーズン連続9回目の戴冠を果たした。

3連覇を成し遂げたパリSGは、公式ツイッターで「このタイトルを医療スタッフと最前線で戦うすべてのヒーローに捧げたい」というナセル・アル・ケライフィ会長のコメントを発表している。
 
なお、19位のアミアンと、今冬まで昌子源(現ガンバ大阪)が在籍していた20位のトゥールーズが2部へ降格。入れ替わりで、リーグ・ドゥ1位のロリアンと2位のRCランスが昇格する。

また、酒井宏樹が所属する2位のマルセイユは、3位のレンヌとともにチャンピオンズ・リーグ出場権を獲得。4位のリールがヨーロッパ出場権を確保している。

リーグ・アンの最終順位とは以下の通り。()内は1試合当たりの平均勝点。

1位:パリSG(2.52)
2位:マルセイユ(2.00)
3位:レンヌ(1.79)
4位:リール(1.75)
5位:ニース(1.46)
6位:スタッド・ドゥ・ランス(1.46)
7位:リヨン(1.43)
8位:モンペリエ(1.43)
9位:モナコ(1.43)
10位:ストラスブール(1.41)
11位:アンジェ(1.39)
12位:ボルドー(1.32)
13位:ナント(1.32)
14位:ブレスト(1.21)
15位:メス(1.21)
16位:ディジョン(1.07)
17位:サンテティエンヌ(1.07)
18位:ニーム(0.96)
19位:アミアン(0.82)
20位:トゥールーズ(0.46)

5/1(金) 4:07配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200501-00072533-sdigestw-socc

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/standings/54
順位表

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/stats/54
得点ランキング

続きを読む

オランダ・エールディヴィジ今季終了! 64年の歴史で初の王者なし

category - 各国代表・リーグ 0
1: 名無しさん@蹴球 2020/04/25(土) 09:53:56.65
オランダ・エールディヴィジが2019-20シーズンの打ち切りを発表した。

20200425-00010000-goal-000-4-view.jpg

世界中で猛威を振るう新型コロナウイルスの影響を受けるオランダでは、先日にマルク・ルッテ首相が9月までのプロフットボールをはじめとしたイベント開催の禁止を発表。これを受け、今シーズンのエールディヴィジが再開不可能と考えられていた。

そして24日、オランダサッカー協会(KNVB)は「2019-20シーズンを行うことは不可能となった」と発表し、2019-20シーズンのエールディヴィジの早期終了が決定。なお、オランダリーグで優勝者なしでシーズンが打ち切られることは、第2次世界大戦中を最後になく、1956年に始まったエールディヴィジでは初めてのこととなる。

今シーズンの順位は、各クラブが25試合から26試合を消化した中断時点での順位表を固定。ただし、首位に立つアヤックスの優勝は認められず、また自動降格圏17位のADOデン・ハーグ、RKCワールワイクは来シーズンも1部での戦いを続けられることが決まった。

2020-21シーズン欧州カップ戦への挑戦権に関しては、アヤックスがチャンピオンズリーグ(CL)の予選最終ラウンドから、同勝ち点で2位の菅原由勢が所属するAZがCL予選2次ラウンドから参戦。3位フェイエノールトがヨーロッパリーグ(EL)グループステージにストレートインし、4位の堂安律が所属するPSVとヴィレムIIがそれぞれEL予選3次ラウンド、2次ラウンドから戦うことが予定される。

国内カップ戦KNVBカップもこのまま打ち切られ、決勝ユトレヒト対フェイエノールトは行わず、リーグ戦同様に王者なしで幕を閉じるようだ。

また、2部からの昇格に関して24日に投票が行われた結果、2020-21シーズンを現状の18チーム制で行うことが支持されたため、カンビュールとデ・フラーフスハプの上位2クラブは来シーズンも下位リーグで戦うことが決まった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200425-00010000-goal-socc

続きを読む

【動画】ボタフォゴ本田圭佑がデビュー戦PK弾!トップ下で63分までプレーし次々にチャンスを演出

category - 各国代表・リーグ 0
1: 名無しさん@蹴球 2020/03/16(月) 06:01:42.09
攻撃の起点となり決定機を創出

ETL0ivZU4AEo1T3.jpg 

現地時間3月15日に開催されたカンピオナート・カリオカ(リオデジャネイロ州選手権)の第3節で、本田圭佑が所属するボタフォゴは、
ホームでバング―と対戦。発熱で10日のパラナ戦を回避した本田が、ついにブラジルデビューを飾った。

4‐2‐3‐1のトップ下に入った本田は、開始6分に左サイドのルイス・エンリケに見事なスルーパスを供給。GKとの1対1を決め切れず、ゴールには繋がらなかったが、いきなりビッグチャンスを創出する。

その後も本田が積極的にボールに触って起点となり、ボタフォゴが何度もチャンスを作り出す。迎えた28分、FWラファエウ・ナバーロが敵GKに倒されてPKを獲得。
キッカーを任せれた本田が落ち着いてゴールに左に決め、先制点を挙げる。新型コロナウイルスの影響で無観客でなければ、本拠地ニウトン・サントスは熱狂していたことだろう。

いきなり初ゴールを奪った33歳は、前半終了間際にも味方の落としからミドルシュートを狙うなど、果敢にプレーする。

1点リードで折り返して迎えた後半、バングーに押し込まれたボタフォゴは、58分にループシュートで同点に追いつかれる。そして63分に本田は途中交代。
病気明けということもあり、予め時間が決められていたのかもしれない。

ボタフォゴは勝ち越しを狙って相手を押し込むも、フィニッシュの局面での精度を欠いて、試合はこのまま1‐1のドローで終了した。

PKで先制弾を挙げただけでなく、チャンスメークでも違いを作り出した本田。贔屓目なしで上々のデビューと言っていいだろう。



https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200316-00070859-sdigestw-socc

続きを読む

【動画】シンシナティ久保裕也、開幕2試合目でMLS初ゴール!エリア外から右足無回転ミドル!

category - 各国代表・リーグ 0
1: 名無しさん@蹴球 2020/03/08(日) 13:02:58.35
MLS(メジャーリーグサッカー)のアトランタ・ユナイテッド対FCシンシナティ戦が現地時間7日に行われ、ホームのアトランタが2-1で勝利を収めた。シンシナティのFW久保裕也は先発でフル出場し、1得点を記録している。

20200308-00365990-footballc-000-1-view.jpg 

 先週末に行われた2020シーズンMLS開幕戦に先発出場してデビューを飾ったが、無得点に終わっていた久保。2戦目となる今節も先発で起用された。

 試合は21分と55分にゴールを挙げたアトランタが2点をリードする展開。しかし64分、ペナルティーエリア手前左側で横パスを受けた久保が右足でシュートを放つと、アメリカ代表GKブラッド・グザンの逆を突いたボールがゴール右に突き刺さってシンシナティが1点差に詰め寄った。

 久保はベルギーのヘントでプレーしていた昨年7月にヨーロッパリーグ予選で2得点を挙げて以来、約7ヶ月半ぶりのゴール。だがシンシナティはそれ以上の反撃はならず開幕から2連敗を喫している。



https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200308-00365990-footballc-socc

続きを読む

【動画】西野監督率いるU-23タイ代表、イラクと引き分け史上初の1次リーグ突破!観客は涙

category - 各国代表・リーグ 0
1: 名無しさん@蹴球 2020/01/15(水) 00:35:00.18
20200114-00000201-spnannex-000-2-view.jpg

前日本代表監督の西野朗監督(64)率いるU―23タイ代表が14日、自国開催のU―23アジア選手権1次リーグ最終戦イラク戦に臨み、1―1で引き分けた。A組2位で史上初の1次リーグ突破が決定した。終了の笛が鳴ると、西野監督は選手と熱く抱擁。スタンドの観客は涙を流した。

 開始6分。VARによる判定で相手のハンドが確認されて得たPK。13番のMFジャルンサックが左に決めると、西野監督は体の近くで小さくガッツポーズした。その後も何度もGKと1対1を作る積極的な攻撃が繰り広げられた。

 「グループステージをいかに突破していくかに全力を注ぐ」と話していた指揮官。第2戦のオーストラリア戦から先発7人を変更して戦い、後半4分に追いつかれても同11分に攻撃の主軸2枚を投入する積極的な采配で主導権を渡さなかった。

 同国のA代表を兼任しており、実質の指揮はまだ約2カ月。「オフェンスのタレントは非常に高い。ディフェンス力に関しては正直かなりレベルアップしないといけない」。攻守で実力が相対する現状の中、短期間でチームをまとめ上げて快進撃を続けている。

 上位3チームは東京五輪の出場権を獲得できる今大会。あと2回勝てば、タイは五輪切符に初めて手が届く。



https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200114-00000201-spnannex-socc

続きを読む

他サイト新着記事