蹴球まとめちゃんねる ≫ CL / EL

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

FIFA 19 通常版 PS4版
価格:7076円(税込、送料無料) (2018/9/6時点)


UEFA、チャンピオンズリーグとヨーロッパリーグ一斉延期を決断か??

category - CL / EL 0
1: 名無しさん@蹴球 2020/03/12(木) 21:20:34.18
Uefa_cl_el_logo-973x525.jpg

 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、欧州各国では国内リーグなどの試合延期や無観客開催などが相次いでいる。チャンピオンズリーグ(CL)やヨーロッパリーグ(EL)も延期が濃厚になったと報じられている。

 欧州各国でウイルス感染者や死亡者の増加が続く中、サッカー界の状況もここ数日で一気に深刻化が進んだ。イタリアではセリエAの全試合を4月3日まで中止することが決定。ユベントスのイタリア代表DFダニエレ・ルガーニは現地時間11日にウイルス感染が確認され、セリエAで初の感染者となった。

 一方スペインでも、レアル・マドリードのバスケットボールチーム選手に感染者が出たことも影響してリーガエスパニョーラの今後2週間の全試合延期が決定。ドイツやフランス、イングランドなどその他の各国でも多くの試合が影響を受けている。

 試合の一斉中止は、ついに欧州サッカー連盟(UEFA)の主催試合にも及ぶことになるかもしれない。伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は「全ての国際大会をストップすることが決まった」と報道。スペイン『マルカ』紙も「正式発表はまだだがCLとELも中止される」と伝えている。

 CLではこれまでウイルスの影響により中止された試合はなかったが、いくつかの試合が無観客で開催されていた。一方ELでは、現地時間12日に予定される決勝トーナメント2回戦1stレグの試合のうち、セビージャ対ローマ戦とインテル対ヘタフェ戦がすでに中止決定済み。だがその他の試合も中止されることになるかもしれない。

www.footballchannel.jp/2020/03/12/post366669/

続きを読む

【CL動画】ジョレンテの2発でアトレティコがベスト8!南野は4枚目のカードで出場も…リバプール連覇の夢潰える

category - CL / EL 0
1: 名無しさん@蹴球 2020/03/12(木) 07:34:21.00
ES3L2iMUMAEGU.jpg 

リバプール 2-3 アトレティコ・マドリード
第01戦   0-1
合計    2-4

[得点者]
ジョルジニオ・ワイナルドゥム(前半43分)  リバプール
ロベルト・フィルミーノ   (延長前半4分)リバプール
マルコス・ジョレンテ    (延長前半7分)アトレティコ
マルコス・ジョレンテ    (延長前半16分)アトレティコ
アルバロ・モラタ      (延長後半16分)アトレティコ 



※南野拓実は延長後半8分から出場
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20085328

UEFA-CL決勝T1回戦 結果
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/schedule/41

28: 名無しさん@蹴球 2020/03/12(木) 07:36:09.91
>>1

 現地時間3月10日、チャンピオンズ・リーグ(CL)ラウンド・オブ16の第2レグが行なわれ、欧州王者リバプールが、アトレティコ・マドリーとホームで対戦した。

 敵地での第1レグを0-1で落としたリバプールは開始5分、右サイドからのクロスにMFヴァイナルダムがヘッドで合わせるも、GKオブラクにセーブされる。その後もペースは握るものの、アトレティコの堅守の前に決定機を作り出せない。

 34分には右サイドで粘ってボールをキープしたサラーが中央へ送り込んだボールに、マネがダイレクトで合わせたが、オブラクの正面を突く。

 ようやくネットを揺らしたのは43分だった。チェンバレンの右サイドからの正確なクロスにヴァイナルダムがヘッドで合わせてゴールをこじ開けた。これで、アグリゲートスコアで1-1のタイとなる。

 後半は一気に逆転を狙うホームチームが一方的に押し込み、アトレティコが時折カウンターを繰り出す展開が続く。61分にはジョアン・フェリックスのシュートをGKアドリアンが弾いたところをコレアに詰められそうになるも、スペイン守護神が阻止してピンチを防ぐ。

 すると67分、リバプールにビッグチャンスが訪れる。サラーがエリア内で仕掛けて右足でシュート。こぼれ球をロバートソンがヘッドで押し込おうとしたが、シュートはバーに阻まれる。その3分後にもアレクサンダー=アーノルドの惜しいミドルを放つなど、攻勢を強める。86分にはドリブルで3人をかわしたサラーが左足でシュートを放つも。枠を大きく外してしまう。

 試合は延長戦に突入。94分、ヴァイナルダムのクロスをフィルミーノがヘッド。ポストに弾かれたボールをそのまま押し込み、追加点を奪取。この試合2-0、トータルスコアで2-1とついに逆転に成功する。

 しかし、試合はまだ終わっていなかった。97分、GKアドリアンのフィードのミスがJ・フェリックスに渡り、ジョレンテにパス。途中出場のMFが狙い澄ましたシュートを突き刺し、貴重なアウェーゴールをゲットする。

 これでトータルスコア2-2、アウェーゴールの差で再びリードしたアトレティコは、さらに105分、再びジョレンテがネットを揺らしてリードを広げる。

 これで2点が必要になったリバプールは、延長後半からヴァイナルダムとヘンダーソンに代えて、オリギとファビーニョ、113分にはフォルミーノを下げて南野拓実を投入。リバプールでのCLデビューを飾った南野が好クロスを供給するなど、最後まで猛攻を仕掛けたが、ゴール前を固めるアウェーチームの堅牢を崩せず。逆に終了間際にモラタにダメ押し弾を食らい万事休した。

 結局、この試合は2-3で、トータルスコア2-4で敗れたリバプールの連覇の夢が潰えたのだった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200312-00070727-sdigestw-socc

続きを読む

【画像】EL・ラウンド16の組み合わせが決定!インテルはヘタフェと、マンUはLASKと激突

category - CL / EL 0
1: 名無しさん@蹴球 2020/02/28(金) 22:08:28.43
 ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16の組み合わせ抽選会が、28日に行われた。

 ラウンド32で昨シーズンのファイナリストであるアーセナルを撃破したオリンピアコスは、エスパニョールを破ったウルヴァーハンプトンと激突。またしてもイングランド勢との対決が決まった。

 優勝候補の一角であるインテルは、アヤックスを下して勝ち上がったヘタフェとの対戦が決定。またラウンド32で2戦合計6-1の大勝を収めたマンチェスター・Uは、オーストリアのLASKと対戦することになった。

 なお、奥川雅也が所属するザルツブルク(オーストリア)と、長谷部誠、鎌田大地が所属するフランクフルト(ドイツ)の一戦は、嵐の影響で日本時間2月29日2時へキックオフが延期に。そのため、現在16チームは出揃っていない状況となっている。

 ラウンド16の組み合わせは以下の通り。(※正式な日程は未定)

ER3PZvRUcAAz47b.jpg 

イスタンブール・バシャクシェヒル(トルコ) vs コペンハーゲン(デンマーク)
オリンピアコス(ギリシャ) vs ウルヴァーハンプトン(イングランド)
レンジャーズ(スコットランド) vs レヴァークーゼン(ドイツ)
ヴォルフスブルク(ドイツ) vs シャフタール(ウクライナ)
インテル(イタリア) vs ヘタフェ(スペイン)
セビージャ(スペイン) vs ローマ(イタリア)
<ザルツブルクvsフランクフルトの勝者> vs バーゼル(スイス)
LASK(オーストリア) vs マンチェスター・U(イングランド)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200228-01041208-soccerk-socc

続きを読む

【CL動画】 マン・Cがレアルに逆転勝利!S・ラモスが一発退場で第2戦欠場に

category - CL / EL 0
1: 名無しさん@蹴球 2020/02/27(木) 06:55:38.89
20200227-43478584-gekisaka-000-1-view.jpg

レアル・マドリード 1-2 マンチェスター・シティ
[得点者]
イスコ        (後半15分)
ガブリエル・ジェズス (後半33分)
ケヴィン・デ・ブライネ(後半38分)PK
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20085318

CL決勝T1回戦第1戦 結果
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/schedule/41

7: 名無しさん@蹴球 2020/02/27(木) 06:56:37.92
>>1

[2.26 欧州CL決勝T R・マドリー1-2マンチェスター・C]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は26日、決勝トーナメント1回戦の第1戦が行われ、サンティアゴ・ベルナベウではレアル・マドリー(スペイン)とマンチェスター・シティ(イングランド)と対戦。シティが終盤の2ゴールにより逆転し、2-1で先勝した。

 22日のリーガ・エスパニョーラ第25節でレバンテに0-1で敗れ、首位陥落したレアル。3月1日にバルセロナ戦を控える中、先発3人を変更し、DFマルセロとMFトニ・クロース、負傷したMFエデン・アザールに代えて、DFフェルラン・メンディとMFフェデリコ・バルベルデ、FWビニシウス・ジュニオールを起用した。

 グループ首位通過のシティは、22日のプレミアリーグ第27節のレスター・シティ戦(1-0)から2人を変更。FWセルヒオ・アグエロとMFフェルナンジーニョに代え、DFニコラス・オタメンディとFWガブリエル・ジェズスがスタメンに名を連ねた。

 決勝トーナメント1回戦屈指のビッグマッチ。過去の対戦で2勝2分と負けていないレアルは、前線からのチェイスで主導権を握り、ピッチを幅広く使ってFWカリム・ベンゼマを中心にゴールに迫った。さらにDFセルヒオ・ラモスとDFラファエル・バランの両センターバックも流れの中で攻撃参加。そのスペースをMFカゼミーロが埋め、シティのカウンターに備えた。


 レアルが均衡を破る。後半15分、敵陣中央で一気に3人がボールホルダーにプレスをかけ、MFルカ・モドリッチが引っかけてショートカウンター。PA左からビニシウスが相手2人に挟まれながらも中央へ折り返し、フリーとなっていたMFイスコが落ちついて流し込み、ホームチームが先制に成功した。

 アウェーゴールが欲しいシティは後半28分にMFベルナルド・シウバを下げ、FWラヒーム・スターリングを投入。レアルも30分にビニシウスに代えて、FWガレス・ベイルを送り込んだ。

 ともに終盤の展開を考えてベンチが動いた形だが、奏功したのはシティだった。後半34分、PA左でデ・ブルイネが粘ってクロスを入れると、ジェズスがヘディングシュートを叩き込んで同点。さらに37分にはPA左に侵入したスターリングがDFダニエル・カルバハルのスライディングタックルを受けてPKを獲得。キッカーを務めたデ・ブルイネがベルギー代表対決を制して、一気に2-1と逆転した。

 アウェーゴール2つを許したレアルは、後半41分に短くなったバックパスをジェズスに奪われ、後方からS・ラモスが倒してしまい、一発レッドカード。数的不利の中、シティから同点ゴールを奪うことはできず、そのままタイムアップ。シティが2-1で先勝した。

 なお、第2戦は3月17日にエティハド・スタジアムで行われる。



https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200227-43478584-gekisaka-socc

続きを読む

【動画】鎌田大地が日本人2人目のELハットトリックでザルツブルクを撃破!6ゴール目で得点ランク暫定トップタイ!

category - CL / EL 0
1: 名無しさん@蹴球 2020/02/21(金) 04:59:21.70
20200221-43478382-gekisaka-000-2-view.jpg

【スコア】
フランクフルト 4-1 ザルツブルク

【得点者】
1-0 12分 鎌田大地(フランクフルト)
2-0 43分 鎌田大地(フランクフルト)
3-0 53分 鎌田大地(フランクフルト)
4-0 56分 フィリップ・コスティッチ(フランクフルト)
4-1 85分 ファン・ヒチャン(PK/ザルツブルク)

[2.20 EL決勝T1回戦第1戦 フランクフルト4-1ザルツブルク]

 ヨーロッパリーグ(EL)は20日に決勝トーナメント1回戦第1戦を行い、FW鎌田大地とMF長谷部誠が所属するフランクフルトはホームでMF奥川雅也が所属するザルツブルクと対戦。鎌田が3得点を挙げ、フランクフルトが4-1で勝利を収めた。第2戦は27日に行われる。

 グループリーグを2位で通過したフランクフルトは4-3-3の布陣を敷く。鎌田は1日のブンデスリーガ第20節・デュッセルドルフ戦以来の先発出場に、長谷部は4日のDFBポカール3回戦・ライプツィヒ戦以来の先発になった。鎌田は右FW、長谷部は3センターのアンカーで起用されている。

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)でグループリーグ敗退となったザルツブルクはELへ。FWアーリング・ホーランドやFW南野拓実が海外移籍したが、公式戦2試合連続で得点を決めている奥川がトップ下で起用されている。

 試合は序盤からフランクフルト攻勢。前半12分、PA右角のDFアルマミ・トゥーレからパスを受けた鎌田が、相手GKの股間を通すシュートで先制に成功する。さらに同43分に追加点。長谷部が自陣でボールを収め、中盤に縦パスを送る。受けたMFジブリル・ソウがさらに最前線にスルーパスを送ると鎌田が反応。相手DFに追いつかれるが右足の切り返しで華麗に翻弄し、相手GKの構えも左足チップキックでかわしてゴールに流し込んだ。

 鎌田の2得点でフランクフルトは2-0で前半を折り返す。追いかけたいザルツブルクは後半から2枚のカードを切り、奥川は前半45分間で途中交代となった。

 後半に入ってもフランクフルトの勢いは留まらず。後半8分、PA手前からのMFフィリップ・コスティッチのキックは相手のブロックに遭うが、ボールはPA左ラインのDFエバン・エンディカへが拾う。すかさずPA中央に柔らかいクロスで折り返すと、最後は鎌田が頭でゴールに叩き込み、ハットトリックを達成した。

 データサイト『opta』によると、鎌田はクラブ初のELでのハットトリックを達成した選手となった。日本人選手としては2人目のELハットトリック。2018年11月8日に当時ザルツブルク所属の南野が記録して以来の偉業となった。

 また、鎌田は今大会6得点目を記録。レンジャーズ(スコットランド)のFWアルフレッド・モレロスと並び、得点ランク暫定トップタイとなった。

 フランクフルトはその4分後にダメ押し弾。中盤の鎌田が縦パスを送り、FWアンドレ・シウバが前線に運ぶ。PA左でコスティッチがラストパスを受け取ると、チーム4点目を冷静に決めた。

 4-0と点差を広げたフランクフルトだが、守備に手を抜くことはない。後半32分には自陣への進入を許すも、冷静に相手の動きを読んだ長谷部がブロック。36歳のベテラン日本人選手が貫禄の動きを見せた。

 フランクフルトは後半36分に鎌田を途中交代させると、同40分にはザルツブルクFWファン・ヒチャンにPKで失点を喫する。しかしその後はスコアが動くことなく、フランクフルトが1回戦第1戦を4-1で制した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200221-43478382-gekisaka-socc

61: 名無しさん@蹴球 2020/02/21(金) 05:27:47.96

続きを読む

他サイト新着記事