蹴球まとめちゃんねる TOP  >  事件・話題

スペイン紙「タケは戻りたがっている」久保建英が古巣バルサの練習に参加!

[ 2017年01月15日 02:33 ] カテゴリ:事件・話題 | TB(0) | CM(0)
1: 名無しさん 2017/01/14(土) 21:27:49.10 ID:CAP_USER9
FC東京U-18に所属するFW久保建英がオフを利用し、古巣であるバルセロナ下部組織の練習に参加したようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。

news_207828_1.jpg 

 同紙は「タケは戻りたがっている」と題し、久保のバルセロナ訪問をレポート。記事によると、久保は15~16歳の同世代にあたるカデーテAの練習に参加したという。久々に久保とトレーニングを行った元同僚は、彼が驚異的なレベルのプレーを示したと話し、バルセロナの指導者も久保がエリートになり得る全ての資質を備えていることを確認。また、今回の練習参加により、バルセロナは久保が将来的に復帰する意思があることを確かめることができたと報じている。

 久保は2011年にバルセロナの下部組織に入団。しかし、15年にクラブの18歳未満の外国人選手獲得違反による制裁で公式戦出場停止処分が続いたことで、同年3月に帰国し、FC東京U-15むさしに加入した。

 帰国後もその才能を発揮し、16年に中学3年ながら飛び級でFC東京U-18に昇格。さらに同年9月、トップチームに2種登録されると、11月5日に行われたJ3第28節の長野戦(1-2)で後半開始から投入され、Jリーグ史上最年少出場記録を15歳5か月1日に更新した。

 代表では、16年にU-16日本代表としてU-17W杯の出場権獲得に貢献しただけでなく、同年12月に実施されたU-19代表のアルゼンチン遠征にも飛び級で初選出。同国U-19代表との国際親善試合でデビューを果たしている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170114-01635882-gekisaka-socc

引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1484396869/

【悲報】<アジアサッカー連盟>全北現代のACL出場権”剥奪を審査中!

[ 2017年01月13日 13:05 ] カテゴリ:事件・話題 | TB(0) | CM(1)
1: 名無しさん 2017/01/13(金) 12:16:48.13 ID:CAP_USER9
(AFC)が、2016年AFCチャンピオンズリーグ王者=全北現代の2017シーズン出場権剥奪を審議していると明かした。

20161223165648412.jpg 

 AFCは過去、全北のスカウト担当が審判に裏金を渡していたとの疑惑を審議。今後、最終的にACL出場の可否が決定する予定だ。

 韓国プロサッカー連盟関係者は12日、「これまでAFCが全北の裏金疑惑について資料を要求し、連盟は積極的に協力した」とし、「AFCは去る11日午後、全北に問題があると判断し”出場管理機構(Entry Control body)”へ同問題を提起すると伝えた」と経緯を説明した。

 なお、同件について関係者は「まだ剥奪が決定したわけではない」としながら、「AFCが出場管理機構に同事案を渡し、これから検討していく。現在のところ、どのような決定が下るかはわからない」と明かした。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170113-00000024-wow-socc

引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1484277408/

【朗報】35歳のカシージャス、三浦カズの契約更新に反応!Twitterでぶったまげる

[ 2017年01月13日 08:00 ] カテゴリ:事件・話題 | TB(0) | CM(0)
1: 名無しさん 2017/01/12(木) 17:13:38.04 ID:CAP_USER9
01d4de47-4a85-4495-a2aa-a880d8bc12b1.jpg 

世界中で報じられている三浦知良に関する契約更新のニュース。

カズは来月、サッカー選手としては異例の50歳を迎える。

そんなカズの偉業に反応したのは、各国メディアだけではなかった。ポルトでプレーするGKイケル・カシ―ジャスは、以下のようなツイートを投稿。
https://twitter.com/IkerCasillas/status/819336926490673153

カシージャスは現在35歳。

ツイートによればカシージャスは40歳までプレーする意思があるそうなのだが、50歳まで現役を続けるカズの報道を知りびっくり仰天!

驚きの絵文字をつけると同時に、「なんて素晴らしいんだ、ミウラ」と称賛のメッセージを送った(#respect というハッシュタグも)。

ポルトに移籍後、イージーミスが目立ったカシージャス。しかし今季は素晴らしいパフォーマンスを見せており、リーグ戦で16試合に出場しわずか7失点。クリーンシートを10度マークし、ポルトの2位に貢献している。

カシージャスは今年5月、36歳を迎える。

http://qoly.jp/2017/01/12/iker-casillas-on-kazuyoshi-miura-kwm-1

引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1484208818/

【悲報】ベルギークラブが<“11-0“で大勝>中国のレベルに疑問!「彼らのレベルは我々の3部相当だ」

[ 2017年01月13日 06:08 ] カテゴリ:事件・話題 | TB(0) | CM(0)
1: 名無しさん 2017/01/12(木) 21:57:29.20 ID:CAP_USER9
ベルギー1部リーグのヘントを率いるハイン・ヴァンハーゼブルック監督は、
中国スーパーリーグのクラブに親善試合で“11-0“の大勝を収めたあと、
移籍市場を騒がせる中国クラブのレベルに疑問を呈している。11日付のベルギーメディア『HLN』が伝えた。

3945b1d2.jpg 

ベルギー1部で現在7位のヘントは、現地時間10日に行われた親善試合で中国の延辺富徳と対戦。
昨季の中国スーパーリーグを9位で終えたチームに対し、11-0のスコアで勝利を収めた。

この冬の移籍市場では多くのスター選手が中国からの巨額のオファーを受け、移籍に応じている。

サッカー界の“第一線“だとみなされる欧州主要リーグを離れ、
レベル的には劣るとされるリーグへ移籍することには、ファンやメディアから疑問や批判の声も少なくない。

1試合の親善試合の結果で判断できるものではないとはいえ、ヘントの指揮官は中国クラブの力に厳しい判断を下している。
「中国1部と2部の2チームとの対戦を提案していたが、1部の方を選んで良かったね(笑)。
彼らのレベルは我々の3部相当だ。スピードはかなり遅く、ラインは大きく開いていた」

ベルギー代表MFのアクセル・ヴィツェルも中国行きを選んだ選手の一人だが、
少数のスター選手を加えても劇的にレベルが向上するとは限らないとヴァンハーゼブルック監督は語る。

「そういう投資をしたいのであれば、中国にはヴィツェルのような選手たちがまだまだ必要だろう。
各チームに1人や2人のスター選手がいても中国のレベルを引き上げることにはならないからね」

ヴィツェルのほか、この冬にはFWカルロス・テベス、MFオスカル、MFジョン・オビ・ミケルなどの中国移籍が決まっている。
他にも多くのスター選手が各クラブに在籍しているが、金満補強は中国サッカー自体のレベル向上に繋がるのだろうか。


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170112-00010030-footballc-socc

引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1484225849/

【悲報】サッカー中国代表、アイスランドに完封負け…韓国メディア「13億が30万に敗れた」

[ 2017年01月12日 22:47 ] カテゴリ:事件・話題 | TB(0) | CM(0)
1: 名無しさん 2017/01/12(木) 17:28:13.84 ID:CAP_USER9
中国人はいくらカネ積んでもW杯行けない・・・韓国メディアの挑発に、冷静かつ謙虚な中国サポーター

C1zp0emUQAI-wny.jpg 

 国際サッカー連盟(FIFA)は10日、2026年の大会よりワールドカップ(W杯)出場国を現行の32から48に増やすことを決定した。2度目のW杯出場を念願としている中国にとっては間違いなく朗報だが、同日開幕した中国主催による国際Aマッチ大会「中国杯」で、中国代表はアイスランド代表に0-2で敗れた。

 FIFAランキングからすれば「順当」と言える敗戦ではあるが、現在W杯最終予選で同じ組に入っている隣国・韓国のメディアはこの結果を大いに揶揄したようだ。中国メディア・今日頭条は11日、「13億人が30万人に負けた」とする韓国メディアの報道を紹介する記事を掲載した。

 記事は、この試合に臨んだ中国代表18人のうちこれまで代表として出場した経験を持つ選手はわずか6人だったと紹介。最新のFIFAランキングで21位のアイスランド代表に対して善戦し、0-2で敗れたものの「多くのサポーター、そして選手たちはピッチの上で満足感を見せた」と伝えた。

 その一方で、一部の韓国メディアがこの試合結果について「13億人の人口を持つ中国が、なんと人口わずか30万人のアイスランドに負けた。リッピが来ても意味がない」と嘲笑気味に報じたこと、さらに一部韓国サポーターからは「中国人はどんなにお金を積んでもW杯に行くことは難しい」といった声が出たと紹介している。

 記事はこれに対して「専門性のない話。国の人口とサッカー人口は異なる」と断じた。また、サッカー人口比率の差に加えて、サッカー指導者やトレーニング施設の充実ぶりが両国では全く異なり、それが実力の差にもつながっていることを指摘した。

 FIFAランク20位程度以内の強豪を3カ国招き、開催国の中国を加えた4カ国で行われる「中国杯」は勝つことよりも、中国代表を世界トップレベルの力に触れさせる機会という意味合いが強い。この点からしても、韓国メディアや一部サポーターの揶揄は的外れと言える。揺れる国内情勢や経済状況に対するフラストレーションも溜まっているのだろう。

 しかし、ことサッカーに関しては中国の人びとは実に謙虚。記事は「もちろん韓国メディアやサポーターの風刺に対して、われわれも自らの至らない点をはっきりと認識すべきだ。臥薪嘗胆だ」と結んでいる。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF) 

https://news.biglobe.ne.jp/international/0112/scn_170112_0983677043.html

引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1484209693/

他サイト記事
ブログパーツ
オススメ
お知らせ

rss-35.png hatena-35.png
相互リンク募集中です
お気軽にメール下さい!
カテゴリー
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ