蹴球まとめちゃんねる ≫ 事件・話題

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

FIFA 19 通常版 PS4版
価格:7076円(税込、送料無料) (2018/9/6時点)


【悲報】名古屋グランパス・金崎夢生が新型コロナウイルスに感染したことを発表

category - 事件・話題 1
1: 名無しさん@蹴球 2020/06/02(火) 22:41:36.00
6/2(火) 22:38配信

700751_l.jpg 
https://news.yahoo.co.jp/articles/b82e02379d066aa431f18f1f60acfb0affdc60a8

デイリースポーツ
 
J1名古屋グランパスは2日、オンラインによる緊急記者会見を開き、MF金崎夢生が新型コロナウイルスに感染したことを発表した。

名古屋は1日から全体練習をスタートさせたばかりだった。

Jリーグは5月29日に臨時実行委員会をウェブ上で開催し、2月下旬から中断しているJ1を7月4日に、J2再開とJ3開幕を6月27日とすることを決定。また、公式戦に先立ち、全選手にPCR検査を実施することも発表していた

続きを読む

【画像】キング・カズ長男が芸能界入り!松坂桃李ら擁する「トップコート」に所属を発表

category - 事件・話題 0
1: 名無しさん@蹴球 2020/06/01(月) 13:00:42.57

65106_60_563186e9_162b48f4.jpg 

J1横浜Cの元日本代表FW三浦知良(53)とタレント・三浦りさ子(52)の長男・三浦●(けものへんに寮のうかんむりなし)太(りょうた、22)が、
芸能事務所「トップコート」に所属したことが1日、事務所の公式サイトで発表された。

公式サイトでは「ネクストアーティスト」欄に、最新写真3点とともに紹介されている。
15歳で単身ブラジルへサッカー留学し、昨年放送されたTBS系「グランメゾン東京」(木村拓哉主演)に出演。父親譲りの端正なルックスが魅力だ。
トップコートは、中村倫也(33)、松坂桃李(31)、菅田将暉(27)ら人気実力共に兼ね備えた俳優が多数所属。頼もしい先輩たちの背中を追って、本格的に俳優業に挑んでいく。

https://news.livedoor.com/article/detail/18346722/


続きを読む

自身の不倫で離婚したイカルディ妻ワンダ・ナラ、元夫マキシ・ロペスを訴訟

category - 事件・話題 0
1: 名無しさん@蹴球 2020/05/28(木) 16:41:33.71
20200528-00010005-sportes-000-1-view.jpg 

現在、マウロ・イカルディの妻であり代理人のワンダ・ナラは元夫であるアルゼンチン人選手のマキシ・ロペスへ、子供への養育費支払いを訴訟。

裁判はワンダ・ナラが勝訴したようで、不払いの場合は1日100ユーロ(約1万円)を支払わなければならないようだ。

マキシ・ロペス側は「債務不履行者」として登録されており、借金をすることができなくなるため、この判決を不服として上訴している。

2008年、当時モデルやセクシー女優として有名だったワンダ・ナラと結婚したマキシ・ロペスだったが、その後不倫が発覚し、2013年に離婚。
なんと不倫相手は元チームメイトのイカルディだった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/78f0e2a38099d4cdc8393165ee4bd611d6d97d2f

続きを読む

【悲報】久保建英、来季レアル・マドリードで居場所なし...地元紙報じる

category - 事件・話題 1
1: 名無しさん@蹴球 2020/05/19(火) 19:52:06.52
20200519-25190573-nksports-000-6-view.jpg 

今夏、新型コロナウイルスの影響で財政面で苦しんでいるレアル・マドリードとバルセロナの2クラブで、最大30人が退団する可能性があるという。

スペイン紙マルカによると、マジョルカへ期限付き移籍しているMF久保建英(18)は来季、Rマドリードでの居場所はないと伝えた。

Rマドリードは来季、久保ら期限付き移籍中の選手も含めるとトップチームに35人以上を抱える。そのため、選手を放出する人員整理が必要となる。

その中で期限付き移籍中の選手に目を向けると、現時点で来季のトップチーム復帰が確実なのはGKルニン(オビエド)のみであるという。その理由は第2GKのアレオラが期限付き移籍元のパリサンジェルマンに戻るためであると伝えた。

一方で、久保については、バジェホ(グラナダ)、マジョラル(レバンテ)、オスカル・ロドリゲス(レガネス)と同様に、来季のトップチームで居場所がないと伝えている。

その他では、アクラフ(ドルトムント)についてポテンシャルに疑問の余地はないが、レギュラーの座を確実に与えられないため、首脳陣は連れ戻すかを検討中という。また、セバージョス(アーセナル)はジダン監督と合わないため移籍の可能性があると伝えた。さらにレギロン(セビリア)はもう1年セビリアでプレーすることを望んでいる。オドリオソラ(バイエルン・ミュンヘン)の将来は不透明で、ヘイニエルは期限付き移籍が濃厚となっている。

トップチームではハメス・ロドリゲス、ベール、ブラヒム、マリアーノ、ヨヴィッチ、マルセロ、ルーカス・バスケスに移籍報道が出ている。

バルセロナではメッシ、ルイス・スアレス、グリーズマン、デヨング、ブスケツ、アルバ、ピケ、テアステーゲン以外の全選手が放出可能となっているという。

最近、トップチームではセルジ・ロベルト、ウムティティ、ジュニオル、ラキティッチ、ビダル、アルトゥール、セメド、デンベレ、さらには2月に獲得したばかりのブライスバイテに移籍報道が出ている。

そして期限付き移籍の選手ではコウチーニョ(Bミュンヘン)、ワゲ(ニース)、トディボ(シャルケ)、アレニャ(ベティス)、エメルソン(ベティス)、ラフィーニャ(セルタ)、オリオル・ブスケツ(トゥエンテ)に退団の可能性があると伝えた。

Rマドリードとバルセロナは現在、多数の選手の将来が不透明になっているため、今夏の移籍市場は非常に慌ただしいものになる可能性があるだろう。

5/19(火) 日刊スポーツ 18:53https://news.yahoo.co.jp/articles/2a398b196094a4585a54efdbc9a4fe5673b49e80

続きを読む

他サイト新着記事