蹴球まとめちゃんねる ≫ 事件・話題

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

FIFA 19 通常版 PS4版
価格:7076円(税込、送料無料) (2018/9/6時点)


【悲報】バルサ地元紙が神戸のドタバタ劇に注目「世界王者が3人もいるのに苦しんでいる」

category - 事件・話題 1
1: 名無しさん@蹴球 2019/04/24(水) 08:42:13.94
 ヴィッセル神戸は23日、クラブ公式ツイッター(@visselkobe)上でMFアンドレス・イニエスタが新キャプテンに就任することを発表した。また、副キャプテンを日本代表MF山口蛍とDF西大伍が務めることも併せて報告している。

20190424-43466275-gekisaka-000-3-view.jpg 

 2年連続で主将を担っていたFWルーカス・ポドルスキは、フアン・マヌエル・リージョ前監督の辞任および吉田孝行監督の再登板が発表された17日、自身もキャプテンマークを返上する意向を明かしていた。

この神戸の“お家騒動”にバルセロナの地元紙『エル・ペリオディコ・デ・カタルーニャ』も注目している。
「アンドレス・イニエスタがルーカス・ポドルスキのキャプテン辞任に伴い、ヴィッセル神戸の新主将に任命された。
副キャプテンを務める地元選手の西大伍、山口蛍とともに、日本の最も重要なチームの1つの腕章を着用する責任を負うことになった」と報じ、神戸のチーム状況を次のように伝えた。

「イニエスタはバルセロナで22個の国内タイトルと10個の国際タイトルを獲得した後、2018年に契約を終了して神戸に加入した。
現在、神戸にはスペインリーグの古くからの知人や、2014年にドイツ代表の選手として世界チャンピオンに輝いたルーカス・ポドルスキなど、ワールドクラスの優れた選手たちがいる」

「兵庫県のチームに最近追加されたのはダビド・ビジャだ。彼はアメリカMLSのニューヨーク・シティを経て、昨年末にJ1リーグへ来た。
セルジ・サンペールも神戸でプレーするもう1人のスペイン人選手。バルセロナの下部組織出身の彼はクラブとの契約を解消した後、アジアの国に到着した。過去のキャリアで怪我に悩まされていたが、新しいリーグで再起を試みている」

だが、神戸はこれらの豪華なタレントを擁しながらもシーズン序盤で苦戦が続き、現在リーグ戦3連敗中。
一時4位まで浮上したが、第8節終了時点で3勝1分4敗(勝ち点10)の11位となっている。

同紙は「大スター(世界チャンピオン3人)がいるにもかかわらず、神戸は今季の初めに多くの苦しみを味わっている。
リーグ戦18チームのうち11位。スペイン人監督のフアン・マヌエル・リージョとの契約解除に合意した後、吉田孝行がファーストチームの指揮を執ることになった」と、神戸の難しい現状をレポートした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190424-43466275-gekisaka-socc

続きを読む

【動画】「恐怖のスピード!」エムバペが世界記録男ボルトに匹敵する“時速”をマーク!

category - 事件・話題 0
1: 名無しさん@蹴球 2019/04/23(火) 07:07:15.73
得点数を30点台に乗せ、キャリアハイを更新

20190423-00010000-sdigestw-000-2-view.jpg 

パリ・サンジェルマンのフランス代表FW、キリアン・エムバペが驚異的な数値を叩き出した。

日曜日に行なわれたリーグ・アン第33節、ホームでのモナコ戦。
すでに試合前、2位リールが引き分けたために2年連続8度目のリーグ優勝を決めていたパリSGは、エムバペのハットトリックの大活躍で3-1の勝利を収め、戴冠に華を添えた。

世間をあっと言わせたのは、エムバペの先制点だった。15分、パリSGがロングカウンターを仕掛ける。
ハーフウェイライン付近でボールを受けたエムバペはすぐさま右サイドのムサ・ディアビにパス。
すると猛然と敵陣中央を駆け抜け、瞬く間に守備者ふたりを置き去りにした。タメを作ったディアビの好パスを受け、難なくゴールを割ったのだ。

テレビ中継局がこのダッシュ時の速度を集計したところ、ビックリするような値が出た。
トップスピードが時速38キロに達していたというのだ!

これはあのウサイン・ボルトを上回るもの。2009年の世界陸上で、ジャマイカの英雄は100メートル走の世界新記録、9秒58をマークした。
その平均スピードは、時速37.58キロ。
わずかに今回のエムバペが勝利したのである。つまり20歳の韋駄天がまったく同じペースで100メートルを走破すれば、ボルトの世界記録を塗り替えられるということだ。

ただ、ボルトの場合は「平均スピード」であって「トップスピード」ではない。レコード樹立時のトップスピードは時速44.72キロに達していた。

それでも、エムバペの走りは圧巻だ。英紙『The Sun』はSNS上における以下のような称賛コメントを掲載している。

「恐怖を感じさせるほどのスピードだ! 決定的な殺傷能力がある」
「地球上のどんな優秀なディフェンダーをも混乱させるだろう。非現実的な才能だ」
「なんて加速力だろう。驚異的としか言いようがない!」

モナコ戦の3発で今季リーグ戦の得点数を30としたエムバペ。
自身のキャリアハイを更新するとともに、初のリーグ・アン得点王の座もほぼ確定させ、まさに“最速”でスターダムを駆け上がっている。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190423-00010000-sdigestw-socc

続きを読む

【悲報】ポドルスキがボールボーイに暴言?「ちゃんと渡すんだ!この野郎」欧州メディアが報じる

category - 事件・話題 0
1: 名無しさん@蹴球 2019/04/21(日) 07:37:27.04
 土曜日に行なわれたJ1リーグ第8節、浦和レッズ対ヴィッセル神戸の一戦は、前者が興梠慎三のPKによるゴールを守り切って1-0の勝利を挙げた。浦和が連勝で順位を6位に上げた一方で、3連敗の神戸は11位に低迷。暗いトンネルから抜け出せずにいる。

D4pCtRqUIAEJk8I.jpg 

 この試合で、神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキがボールボーイに対し、両手を広げて苦言を呈するシーンがあった。59分だ。1点を追う神戸が攻勢を仕掛ける時間帯で、浦和の敵陣でボールがタッチラインを割る。スローインで再開を急ぎたいポドルスキは手元にすぐボールが欲しかったが、ボールボーイはゴロでボールを転がした。

 ドイツ・メディア『Sport1』やオーストリア・メディア『Heute』などによると、この際にポドルスキがボールボーイにドイツ語で暴言を吐いたという。いまや欧州でもJ1リーグはDAZNを通じて放映されており、ピッチマイクがその声を拾っていたのだ。

 マイルドな表現をすれば、「ちゃんと渡すんだ、この野郎!」。実際にはスラングを使っており、もっと強い響きだったようだ。『Heute』は「プリンス・ポルディが大声で少年を叱責した。彼がしっかりとボールを渡さなかったのが理由だ」」と説明し、「この日はポドルスキの日ではなかった。ヴィッセルは試合に敗れ、彼自身も71分に交代を命じられている」と伝えた。

 突然の政権交代となり、みずからキャプテンマークを返上したポドルスキ。リードを許している状況下で、フラストレーションが溜まっていたのかもしれないが……。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190421-00010000-sdigestw-socc

続きを読む

【悲報】日本開催バルサ対チェルシーのチケット価格wwwwww

category - 事件・話題 4
574: 名無しさん@蹴球 2019/04/18(木) 18:05:44.41
catch.png


チケット代

FCバルセロナ 対 チェルシーFC
プレミアム席 200,000円(税込)
カテゴリー1前段 70,000円(税込)
カテゴリー1中段 60,000円(税込)
カテゴリー1後段 50,000円(税込)
カテゴリー2 40,000円(税込)
カテゴリー3 35,000円(税込)
カテゴリー4 28,000円(税込)
カテゴリー5前段 20,000円(税込)
カテゴリー5後段 15,000円(税込)

saitama_stadium.jpg

https://ticket.rakuten.co.jp/features/rakutencup/index.html

続きを読む

他サイト新着記事