【W杯】日本サポーターのゴミ拾いが世界的関心事に!…ロイター通信が写真を30枚以上配信

1: 名無しさん@蹴球 2018/06/25(月) 04:52:45.32 _USER9
日本サポーターのゴミ拾いが世界的関心事に…ロイター通信が写真を30枚以上配信

20180625-00000046-sph-000-3-view.jpg 
 日本サポーターがW杯観戦後に行っている「ゴミ拾い」が世界的関心事になった。この日、日本はセネガルと引き分け、試合後にはセネガルサポーターも一緒にゴミ袋を広げる姿があちこちで見られた。

 スペインのスポーツ紙「Marca」電子版は、ドイツのDPA通信が配信した記事を即座に掲載。「日本とセネガルのファンが試合後にゴミ拾いを行った」との見出しをつけ、コロンビア戦後にも同様の活動を行っていたことを紹介した。

 またロイター通信は、コロンビア戦後には「ゴミ拾い」の写真は1枚も配信しなかったが、この日は30枚を超える写真を配信。「ゴミ拾い」が世界的な関心事であることをうかがわせた。

 日本サポーターの動きは、すでに他国サポーターにも波及している。ウルグアイのエル・パイス紙は、ウルグアイ―サウジアラビア戦後に、ウルグアイサポーターが1か所にゴミを集めている様子の動画を同社公式ツイッターに掲載していた。

 日本代表戦では、日本国内で開催される親善試合などでも、試合後の清掃参加が呼びかけられている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180625-00000046-sph-socc

引用元:5ch.net

続きを読む

【悲報】韓国大統領、号泣中のソンフンミンらを訪問wwwww

323: 名無しさん@蹴球 2018/06/24(日) 15:56:24.42
急にロッカールームを訪問しただけだと思ったら、それだけじゃなかった。

気を落としてる選手たちに無理やり「ファイティング!(頑張ろう!)」を言わせ、泣いていたエースのソン・フンミンを探しては、みんなの前に連れてきてまた「ファイティング!」をさせ、最後は挨拶をもらう。

こりゃ酷い

Dga5GigVAAEX2Dl.jpg

引用元:5ch.net

続きを読む

【悲報】ブラジル代表チッチ監督、“歓喜の転倒”で負傷「真っすぐ歩けない」

1: 名無しさん@蹴球 2018/06/23(土) 18:31:55.52 _USER9
ロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグE組、ブラジル対コスタリカは終了間際の2ゴールでブラジルがなんとか勝ち点3を手に入れた。
その苦戦ぶりから解放されたシーンとして象徴的だったのは、MFフィリペ・コウチーニョの決勝弾後、チッチ監督の“歓喜の転倒”だった。
ブラジルメディア「グローボ・エスポルチ」によると、カリスマ指揮官はこのシーンに触れて「真っすぐ歩けない」と負傷したことを明かした。

2nCTVTM.gif 
https://www.football-zone.net/archives/114579

引用元:5ch.net

続きを読む

【悲報】スイス代表ジャカ&シャキリ、セルビア戦での“政治的ゴールパフォーマンス”で処分の可能性…

1: 名無しさん@蹴球 2018/06/23(土) 14:21:41.78 _USER9
■セルビア戦でコソボにルーツを持つ2選手が見せた行為が物議

ロシア・ワールドカップ(W杯)のグループEで初戦にブラジルと1-1のドローを演じたスイスは、
現地時間22日にセルビア相手に2-1で勝利を収めた。しかし、スコアラーとなったMFグラニト・ジャカ、
MFジェルダン・シャキリ両選手のゴールパフォーマンスが物議を醸し、処分の可能性も浮上している。
英紙「デイリー・ミラー」が報じた。

syaka_getty-560x373.jpg 
試合は前半5分にFWアレクサンダル・ミトロビッチがゴールを奪ってセルビアが先制する。
しかし、後半7分にスイスは背番号10のジャカが得意の左足でペナルティーエリア外から
強烈なミドルシュートを叩き込み同点とした。

そして迎えた後半45分、カウンターからエースのシャキリがゴール前までボールを運ぶと、
左足で冷静に蹴り込んでネット揺らした。
今大会26試合目にしてスイスが初の逆転勝利を果たしたチームとなった。

歓喜の一方で、ジャカとシャキリのゴールパフォーマンスは議論を呼んでいる。
両選手ともゴール後に、両手を開き、交差させて胸の前に掲げる独特の仕草を見せた。
これはアルバニア国旗に描かれた旗に描かれた双頭の鷲を象ったもの。
両選手がセルビアから独立し、人口の大半をアルバニア人が占めるコソボにルーツを持つことが関係している。

■FIFAは政治介入を認めていないが…

ジャカは両親がアルバニア移民で、兄タウラントはアルバニア代表としてプレー。
シャキリは両親がアルバニア人で、自身のスパイクにスイスとコソボの国旗をあしらうなど強い思い入れを抱いている。
コソボとは根深い民族問題を抱えるセルビア戦で、あえてこのパフォーマンスをしたと見られている。

2014年に欧州選手権予選でアルバニアとセルビアが対戦した際には
両サポーターによる暴動が発生し、試合が中止となった過去もある。

国際サッカー連盟(FIFA)ではサッカーの試合における政治介入を認めていない。
決勝トーナメント進出に向けて前進したスイスだが、
中心選手であるジャカとシャキリには何らかの処分が下される可能性もありそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180623-00114583-soccermzw-socc

引用元:5ch.net

続きを読む

「C・ロナウドに自宅へ招かれても断れ!」エブラが周囲に忠告する理由wwwwww

1: 名無しさん@蹴球 2018/06/22(金) 18:46:38.45 _USER9
「彼はマシンなんだ」(エブラ)

20180622-00042722-sdigestw-000-3-view.jpg 
数々の栄光を手に入れることができたのは、自分を厳しく律してきたからだ。バロンドールを5回受賞したクリスチアーノ・ロナウドが、徹底的に肉体を自己管理しているのはよく知られている。

 その凄さが分かるエピソードを披露したのが、マンチェスター・ユナイテッドでC・ロナウドと一緒にプレーした元フランス代表のパトリス・エブラだ。

 英紙『Daily Mail』によると、エブラは『ITV』のポッドキャストで、「クリスチアーノにランチを食べようと自宅に誘われたら、断ることを勧める」と、冗談めかして昔の思い出を明かした。
 
 ある日のこと、エブラはC・ロナウドからランチに招かれた。だが、練習後で疲れていたにもかかわらず、テーブルに置かれたのはサラダと薄味の鶏のむね肉のみ。飲み物もジュースはなく、水だけだったという。

「これから大きい肉でも出てくるのだろう」と考えていたエブラだが、食事はそれで終了。しかも、食べ終わったC・ロナウドは、立ち上がってサッカーボールで練習を始め、一緒にトレーニングしようとエブラに言ってきたのだ。

 結局、プールで泳ぐトレーニングにも付き合わされたというエブラ。その徹底ぶりに感嘆するとともに、「だから、彼に自宅へ招かれたら、断ることを勧めるよ。とにかくノーと言い続けるんだ」と、周囲の仲間に対して忠告するようになったという。

「彼はマシンなんだ。トレーニングを止めることを望まないんだよ」

 なおエブラは、C・ロナウドのエピソードをもうひとつ披露している。やはりユナイテッドに所属していた頃、リオ・ファーディナンドに卓球で負け、周囲からはやし立てられた時のことだ。

「すごく怒っていた」というC・ロナウドは、親戚に卓球台を買ってきてもらうと、2週間にわたって自宅でみっちり練習を重ねたという。そして見事、全員の前でファーディナンドにリベンジを果たしたそうだ。

 エブラは言う。「それがクリスチアーノ・ロナウドだ。だから、彼がいまもバロンドールの獲得にこだわり、ワールドカップの優勝を目指しても、僕は驚かない。彼は怒れる男だからね(笑)」

 向上のための努力を怠らず、激しい闘争心を持った負けず嫌い――そうしていまのクリスチアーノ・ロナウドがいるのだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180622-00042722-sdigestw-socc

引用元:5ch.net

続きを読む

お知らせ


rss-35.png hatena-35.png
相互リンク募集中です
お気軽にメール下さい!

最新記事

他サイト記事