蹴球まとめちゃんねる ≫ 移籍情報・噂

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

FIFA 19 通常版 PS4版
価格:7076円(税込、送料無料) (2018/9/6時点)


元バルセロナDFアドリアーノ、ヴィッセル神戸移籍承諾!トルコ紙が報じる

category - 移籍情報・噂 0
1: 名無しさん@蹴球 2018/11/15(木) 19:43:36.21 _USER9
トルコ1部ベシクタシュは、バルセロナでプレー経験のある元ブラジル代表DFアドリアーノ(34)のJ1ヴィッセル神戸移籍を承諾したと、15日付のトルコ紙ハベル電子版が報じた。

16年夏にベシクタシュに加入したアドリアーノの契約は今季終了まで。同クラブは移籍金を得られる最後のタイミングで神戸との正式契約が成立したと報じた。移籍金は100万ユーロ(約1億3000万円)だという。

89392504-800x600.jpg 


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181115-00393125-nksports-socc

続きを読む

鹿島DF昌子源、フランス1部トゥールーズへ!移籍金はJクラブ日本人DF最高額300万ユーロ

category - 移籍情報・噂 1
1: 名無しさん@蹴球 2018/11/12(月) 05:39:13.79 _USER9
◆アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝第2戦 ペルセポリス0―0鹿島=2戦合計2―0=(10日・テヘラン)

6483330b-0aab-f7af-b666-ab26b4ea2c85.jpg 

 【テヘラン(イラン)10日=岡島智哉】鹿島は敵地での第2戦でペルセポリス(イラン)と0―0で引き分け2戦合計2―0とし、クラブ史上初のアジア制覇達成。
フル出場で20冠に貢献したが今冬、フランス1部・トゥールーズへの完全移籍が有力になったことが判明した。
今夏から2度にわたり正式オファーが届いており、移籍金はJクラブからの海外移籍では日本人DF史上最高額とみられる推定約300万ユーロ(約3億8700万円)。アジアを制し、最高の評価を受け世界に挑む。

 悲願であるクラブ初のアジア制覇を成し遂げ、いよいよ自らの思いを実行に移す。今夏のロシアW杯で3試合にフル出場し、日本代表の最終ラインで存在感を示すと、
直後にトゥールーズ、同じくフランス1部のストラスブールから正式オファーが届いた。鹿島での成長を描いていたが、W杯を経験し代表の先輩や同僚から助言を受け、海外へ挑戦する思いが強まった。

 鹿島はW杯後にDF植田直通(24)が同時期にベルギー1部セルクル・ブルージュへ移籍。「お前の代わりを見つけるのは無理だ」と強い慰留を受け、いったんは思いを封印した。
「夏にオファーを受けた時に鹿島に残った最大の目的が、ACLを取ることだったと思う。みんなの信頼に応えたかった」。負傷で離脱した時期もあったが、すべてを乗り越えてつかんだ20冠だった。

 関係者によると、移籍金は推定約300万ユーロ。DFでは過去最高額となる見通しだ。身体能力やコミュニケーション能力が求められ、日本人に不向きとも言われるセンターバックで最高クラスの評価を得た。
鹿島は欠かせない戦力として慰留に努める方針だが、フランスリーグの強豪パリSGにはロシアW杯優勝に貢献したフランス代表FWエムバペ、ブラジル代表FWネイマールら世界屈指の攻撃陣が所属。“鹿島魂”を胸に新たな戦いに進んでいく。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181112-00000034-sph-socc

続きを読む

サウサンプトン、中島翔哉獲得に興味あり!移籍金22億円を準備

category - 移籍情報・噂 0
1: 名無しさん@蹴球 2018/11/09(金) 06:46:57.44 _USER9
256928-fl_1.jpg 

ポルトガル1部ポルティモネンセの日本代表FW中島翔哉(24)について、
プレミアリーグのサウサンプトンが獲得に興味を示していると、7日付のボラ紙(電子版)など複数のポルトガルメディアが報じた。

日本代表DF吉田麻也(30)が所属するサウサンプトンは、得点力不足に苦しみリーグ16位に低迷。
1月の移籍期間で中島の獲得を目指しているという。ポルトガル紙レコルドによると、移籍金として1500万ポンド(約22億円)を準備している。
また日本代表FW岡崎慎司(32)が所属するプレミアリーグのレスターも、中島の獲得に興味を示していると報じられている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181109-00000012-spnannex-socc

続きを読む

ヴィッセル神戸、また大物獲得?“元バルサDFアドリアーノ”の移籍が加速!

category - 移籍情報・噂 0
1: 名無しさん@蹴球 2018/11/05(月) 19:23:21.01 _USER9
近年積極補強を行うJ1のヴィッセル神戸が、またしても大物選手の獲得を実現させようとしているようだ。

ef590_1638_e7e860c3_e464dab6.jpg 

まだ新体制が始まったばかりで、指揮官が理想とするポゼッションサッカーには程遠いであろう。ただ、そんなチームスタイルをさらに向上させるため、神戸の次なるターゲットとして元バルセロナDFアドリアーノが浮上。先日トルコメディアなどが「神戸がアドリアーノの獲得を熱望としている」と報じていたが、この移籍話に進展があったようだ。

トルコ紙『Hurriyet』によると、すでに神戸の関係者と同選手の代理人が面会し、シーズン終了後の正式オファーも提示。アドリアーノ側も前向きで、所属クラブとの契約を終了する方向で話が進んでいるという。

2010年から2016年にかけてバルセロナに在籍し、ブラジル代表でのプレイ経験もある34歳のアドリアーノ。バルセロナ退団後は戦いの舞台をトルコへ移し、ベシクタシュでプレイしている。新天地でもチームの主力として活躍しているが、今季限りでチームとの契約が満了を迎えフリーになるため、そこに目をつけた神戸が獲得を狙っていた。

この移籍が実現すれば、神戸の“バルサ化”がより一層進みそうだ。今後の動向にも目が離せない。

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15551226/

続きを読む

他サイト新着記事