蹴球まとめちゃんねる ≫ 移籍情報・噂

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

FIFA 19 通常版 PS4版
価格:7076円(税込、送料無料) (2018/9/6時点)


【悲報】中島翔哉、カタールの強豪アルドゥハイル移籍?ポルトガル専門サイトがクラブ間合意と報道

category - 移籍情報・噂 2
1: 名無しさん@蹴球 2019/01/18(金) 06:19:13.42
775199674_KW_7569_A7C88DD2C923A908C065167ADC5CBF47-550x367.jpg 

 ポルトガル1部ポルティモネンセの日本代表FW中島翔哉(24)が中東に移籍する可能性が浮上した。

 ポルトガルの主要サッカー専門サイト「zerozero」が16日、1月に中島がカタール1部の強豪アルドゥハイルに移籍することでクラブ間合意したと報道。

これまでプレミアリーグのレスター、ウルバーハンプトン、ポルトガルの強豪ベンフィカ、ポルトなどが候補に浮上したが、ポルティモネンセが設定した移籍金が4000万ユーロ(約50億円)と高額であることから交渉難航が伝えられていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00000067-spnannex-socc

続きを読む

中島翔哉にカタール移籍説が急浮上!「金銭面でポルティモネンセと合意」とも

category - 移籍情報・噂 0
1: 名無しさん@蹴球 2019/01/17(木) 08:25:56.17
約52億円の違約金を支払えるクラブとなると──

ステップアップ移籍を模索する中島だが、クラブは可能な限り高額で売却したいはず。いかなる結末を迎えるのか。

 ポルトガルから仰天ニュースが飛び込んできた。今冬のステップアップ移籍が期待されているポルティモネンセの日本代表MF、中島翔哉に、カタール行きの話が急浮上したのだ。

 伝えたのはポルトガル・メディア『zerozero.pt』で、「ポルトガル国内でもイングランドでもなく、ナカジマはカタールに行く」との見出しを打ち、以下のように報じている。

2019011700393443a.jpg 

「ショウヤ・ナカジマの去就問題が驚きの展開を見せそうだ。ポルティモネンセMFはこの冬にもカタールのアル・ドゥハイルに活躍の場を移すだろう。両クラブは水面下で接触し、すでに金銭面で合意に達したようだ。もちろん全面的な交渉成立には至っておらず、まだ状況を見定める必要がある。

 目下、日本代表はUAEで開催されているアジアカップに参戦中。中島は大会登録メンバーとして一旦は当地に入ったが、開幕直前に右ふくらはぎの負傷によって離脱を余儀なくされた。現在はポルティモネンセに戻っており、復帰に向けてリハビリを続けている。

 クラブ側は冬の"売却"に躍起だ。移籍濃厚と目されたウォルバーハンプトン行きは破談となったものの、ポルトガル国内のベンフィカ、ポルトをはじめ、ウェストハム・ユナイテッド、サウサンプトン(ともにイングランド)、シャフタール・ドネツク(ウクライナ)、セビージャ(スペイン)、フランクフルト、ヴォルフスブルク、シュツットガルト(いずれもドイツ)、そしてフェイエノールト(オランダ)と、中島の獲得に前向きな強豪クラブは枚挙に暇がない。

 とはいえ、サウサンプトンが1700万ユーロ(約22億円)前後のオファーを提示してもポルティモネンセ側は首を縦に振らず、いずれの交渉も難航している。中島とクラブの現行契約は2020年6月まで。違約金は4000万ユーロ(約52億円)に設定されており、クラブ側は満額を支払える交渉相手を模索しているのだ。

 同メディアも「次のワールドカップでの躍進を見据える日本人選手にとっては、(カタール行きは)大きな賭けであり、考えられない行き先だろう」と記しているが、巨額資金を用意できるクラブが現われていないだけに、信憑性が低いとも言い切れない。

https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=52908

続きを読む

【朗報】板倉滉、マンチェスター・Cへ移籍!ビザの関係で今季はフローニンゲンへレンタル!

category - 移籍情報・噂 2
1: 名無しさん@蹴球 2019/01/15(火) 04:27:28.60
板倉 マンC移籍!川崎Fの東京五輪世代MF、移籍金は1億4000万円
 
d35286-76-331806-0.png 

 川崎FのU―22日本代表MF板倉滉(21)が、プレミアの名門マンチェスターCに移籍することが14日、分かった。現地メディアによれば移籍金は100万ポンド(約1億4000万円)で複数年契約。同クラブが世界中の若手有望株を集結させるプロジェクトを推進する中、20年東京五輪の主力候補にも大きな期待が寄せられている。当面は労働許可証の関係で他チームで武者修行する予定だ。

オランダ・エールディビジのフローニンゲンは14日、マンチェスター・シティからDF板倉滉(21)がレンタル移籍で加入することを発表した。

 昨季、川崎フロンターレからベガルタ仙台に期限付き移籍していた板倉。川崎Fからマンチェスター・Cに完全移籍したうえで、2020年夏までの期限付き移籍でフローニンゲンに加入することになった。

 フローニンゲンは公式サイトに板倉が英語で話す動画も掲載。「偉大なクラブであるフローニンゲンに加わることができてとてもうれしいです」と笑顔で話す板倉は15日にオランダに到着する予定だという。

 東京五輪世代の板倉はセンターバックだけでなく、ボランチもこなすユーティリティープレイヤー。186cmの長身を生かした対人の強さには定評がある。フローニンゲンには日本代表MF堂安律も所属しており、オランダで東京五輪世代コンビが誕生することになった。

 川崎Fの下部組織出身の板倉は15年にトップチームに昇格。16年にJ1で2試合、17年にJ1で5試合に出場し、昨季は期限付き移籍先の仙台で24試合出場3得点を記録した。各年代別代表にも名を連ね、17年のU-20W杯、昨年のAFC U-23選手権、アジア競技大会にも出場した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-18439400-gekisaka-socc

続きを読む

【悲報】ベティス、EU圏外枠を空けるため乾貴士を放出か…移籍先にはアラベス、バジャドリーが挙げられる

category - 移籍情報・噂 2
1: 名無しさん@蹴球 2019/01/14(月) 23:27:43.13
ベティスがこの冬の移籍市場で日本代表MF乾貴士を放出する可能性が浮上している。

20190114-00010048-goal-000-1-view.jpg 

スペインメディアの『アス』や『デスマルケ』によれば、ベティスはこの冬の移籍市場でブラジルのアトレチコ・ミネイロに所属する右サイドバック、DFエメルソンを獲得することを考慮している模様。U-20ブラジル代表でプレーする19歳の同選手について、ベティスはバルセロナと共同で保有権を獲得する考えで、この夏にチームに加える予定と以前から報じられてきた。しかし予定を早めて、冬にチームに加える可能性を検討しているという。

両メディアは、ベティスのこの冬でのエメルソンの獲得に関して、一つ「不都合」があるとしている。それはEU圏外枠の三枠が、最近に獲得したメキシコ人FWディエゴ・ライネス、ブラジル人DFシドネイ、そして乾貴士で埋められていることだ。そのためにエメルソンをチームに加えられる条件として、出場機会に恵まれていない乾の放出を挙げられている。

加えて『デスマルケ』、さらに『ディアリオ・セビージャ』は、そんな乾に対してベティスと同様にリーガ・エスパニョーラ1部に所属するアラベス、バジャドリーが興味を示していると報道。『デスマルケ』は「現在アジアカップに参加している乾は、この冬の市場でクラブを去るかもしれない。アラベス、バジャドリーは、ベティスに対して彼の状況を問い合わせた。今後数日で、動きが加速する可能性がある」と伝えている。

乾は昨夏の移籍市場でエイバルとの契約が終了し、ベティスに加入。加入当初こそレギュラーだったものの、ここ最近は出場機会に恵まれない状況が続いている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190114-00010048-goal-socc

続きを読む

21歳・柏DF中山雄太、オランダ・PECズヴォレへ完全移籍!…メディアカルチェック後に正式契約へ

category - 移籍情報・噂 0
1: 名無しさん@蹴球 2019/01/14(月) 11:47:44.85
20190114-00010019-goal-000-2-view.jpg 

柏レイソルは14日、DF中山雄太がオランダのPECズヴォレへ完全移籍すると発表した。メディカルチェック後に正式契約が行われる見込みとしている。

茨城県出身の中山は、1997年2月16日生まれの21歳。柏の育成組織からトップチームに昇格して、2015年にJリーグデビューを果たす。
昨季は負傷の影響もあり、J1リーグ戦19試合の出場にとどまったが、3得点を記録。また、終盤は守備的MFとしてプレーした。J1リーグ戦通算では、76試合に出場して6得点となっている。

中山のコメントは正式契約後、あらためて掲載するとしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190114-00010019-goal-socc

続きを読む

他サイト新着記事