【NHK】2018年サッカーテーマはSuchmosに決定!W杯でも使用

1: 名無しさん 2018/04/18(水) 15:26:20.26 
 NHKは18日、同局の2018年のサッカーテーマを担当するアーティストが「Suchmos(サチモス)」に決まったと発表した。

2016-07-21.png 

 Suchmosは13年に神奈川県で結成された6人組バンド。15年にCDデビューし、2016年に発表した「STAYTUNE」で世間に名を広めた。17年には「THE KIDS」で「第59回輝く!日本レコード大賞」で最優秀アルバム賞を受賞した。

 選考ポイントは世代や性別を超え、幅広く支持されるアーティストであり、サッカーの魅力や感動を独特の表現で伝えることができること。彼らの手掛ける楽曲は6月に開幕するサッカーW杯ロシア大会で使用される。楽曲は現在制作中で、5月に発表予定。ボーカルのYONCEは「世界中の視線を集めるピッチはどんな景色だろう。11人とサポーターが燃え上がるボルテージといかしたアイデアがあれば、感動的なシーンがきっと生まれる。心揺らすチャンスメイクを期待しています」とコメントを寄せた。

 近年の同局のサッカーテーマは10年「タマシイレボリューション」(Superfly)、11~12年「君と羊と青」(RADWINPS)、13年「Aoi」(サカナクション)、14~16年「NIPPON」(椎名林檎)、17年「Weare」(ONE OK ROCK」。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180418-00000111-spnannex-ent


引用元:5ch.net

続きを読む

【悲報】日本代表は3連敗?英メディアがロシアW杯の“勝敗予想”

1: 名無しさん 2018/03/20(火) 23:48:49.81 
グループHの本命はポーランドと予想

 ロシア・ワールドカップ(W杯)の開幕まで3カ月を切ったなか、今週と来週の国際Aマッチウィークを利用して各国が国際親善試合を行う予定となっている。そんななか英スポーツメディア「101 Great Goals」は、日本代表が入ったグループHの各国を紹介するとともに、グループステージの勝敗予想をしている。

20171202104451153.jpg 

 グループHには日本代表の他に、3大会ぶりに本戦へと出場するポーランド代表、2002年の日韓W杯以来の出場となるセネガル代表、そして前回大会で日本に勝利しているコロンビア代表が入っている。優勝経験のない4カ国が入ったグループHは、6試合すべてでエキサイティングな試合が行われるはずだとレポートされている。

 記事内で、グループHで最も本命に近い存在とされたのはポーランドだ。予選での活躍を評価するとともに、攻撃と守備に存在感のある選手がいることが大きいとしている。欧州トップリーグでプレーしている選手たちが大半を占めるなか、キーマンに挙げているのがバイエルン・ミュンヘンのFWロベルト・レバンドフスキだ。エースとして91試合で51ゴールを挙げ、同国代表の最多得点記録を更新し続けるストライカーは、W杯でもゴールデンブーツ(大会得点王)の候補になるとされている。

 また、セネガルは有望な若手を有しており、リバプールのFWサディオ・マネがトップフォームを取り戻せば非常に強烈な力を発揮できるだろうと評価している。

 一方、コロンビアについてはバルセロナのDFジェリー・ミナなど若手DFが出てきたことを評価。バイエルンのMFハメス・ロドリゲス、FWラダメル・ファルカオらが活躍することができれば、グループステージを突破できるだろうとしている。

GK川島は「信頼できる選手」と称賛
 そして日本に関しては、予選10試合で4度のクリーンシートを達成したことを挙げ、メスに所属するGK川島永嗣を「信頼できる選手」だと称賛している。

 またキーマンとなる選手にはデュッセルドルフのFW原口元気やレスター・シティのFW岡崎慎司らを挙げた。攻撃のオプションに関してはW杯に出場するチームでは最高のものではないが、グループステージを突破するチャンスを持っていると評価している。

 ただ、記事内の最後では「セネガルと日本は不利な立場に立たされている」と日本は3連敗で最下位という予想になっている。この低評価を払拭するほどの結果を、ハリルジャパンはロシアの地で手にすることができるだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180320-00010019-soccermzw-socc

引用元:5ch.net

続きを読む

<ロシアW杯でのVAR導入が決定!>FIFA会長「この決定をうれしく思う」批判的な意見がサポーターやコーチ陣からは噴出..

1: 名無しさん 2018/03/17(土) 13:10:06.81 
国際サッカー連盟(FIFA)はロシア・ワールドカップでのビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の使用を承認し

現在、ブンデスリーガ、セリエA、メジャーリーグ・サッカー、Aリーグ、さらにFAカップで使用されるVARは、昨年のコンフェデレーションズカップやクラブワールドカップでも試験的に導入されていた。

しかし、試合中にビデオレビューを行うことで試合が一時的に中断され、また微妙な判定を下すことに対して批判的な意見がサポーターやコーチ陣から噴出している。

さまざまな意見を受ける中、サッカーのルール改正を協議する国際サッカー評議会(IFAB)が先日の定例会議で今夏のワールドカップでのVAR導入にゴーサイン。

そして16日、コロンビアで行われたFIFAの会議でジャンニ・インファンティーノ会長が推し進める最新テクノロジーが6月にロシアで開催されるワールドカップで初めて採用されることが正式に決まっている。

インファンティーノ会長は「2018年のワールドカップでビデオ・アシスタント・レフェリーを初めて使用することになる。この決定に我々は非常にうれしく思う」とVAR導入が正式に決まったことへの満足を示している。

ワールドカップで正式に使用されることが決まったVARは今後も世界中で導入する動きが続いており、来シーズンからリーガ・エスパニョーラでも採用されることが決定。一方、欧州サッカー連盟(UEFA)は来季のチャンピオンズリーグでの同システム使用を見送る決断を下している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180317-00010000-goal-socc

no title

引用元:5ch.net

続きを読む

【悲報】FIFA、カタールから2022年W杯開催を剥奪?代替開催地の候補は…アメリカ

1: 名無しさん 2018/02/25(日) 23:12:57.19 
国際サッカー連盟(FIFA)は、2022年ワールドカップの開催を予定しているカタールから開催権を剥奪することを検討しており、イングランドあるいはアメリカが代替開催地の候補であるという。独誌『フォーカス』が23日付で伝えた。

20150531_Qatar_Getty-560x373.jpg 

 ロシアで行われる今年の大会に続いて、4年後にはカタールでワールドカップが開催される予定となっている。だが、両大会の開催国が決定された投票をめぐって票の買収などの汚職が行われ、不正な形で開催国が決定されたのではないかという疑惑が持たれている。

 また、ワールドカップ開催に向けたスタジアム建設の労働者の環境が劣悪であり人権を侵害しているとの批判や、酷暑の気候が大会にもたらす影響、カタールが昨年6月にサウジアラビアなど周辺諸国からの国交断絶措置を受けたことなど、様々な不安要素を抱えた大会となっている。

『フォーカス』がサウジアラビア外相の周辺筋からの情報として伝えたところによれば、カタールはワールドカップ開催権を剥奪される危機に立たされているという。FIFAはロシア大会終了後の今年9月にその決定を下す見通しだとされている。

 代替開催国としては、開催地決定時の決選投票でカタールに敗れたアメリカ、あるいはイングランドが有力だと伝えられている。もしアメリカで開催されれば1994年大会以来、イングランドで開催されれば1966年大会以来でいずれも2回目となる。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180225-00257951-footballc-socc

引用元:5ch.net

続きを読む

【ロシアW杯】日本戦中継局が決定!コロンビア戦はNHK、セネガル戦は日テレ、ポーランド戦はフジ

1: 名無しさん 2017/12/15(金) 15:36:54.64


 2018年ロシアW杯の各試合を中継する局が15日、決定。
1次リーグの日本戦は、6月19日のコロンビア戦(日本時間後9時)をNHK、
24日のセネガル戦(同深夜0時)を日本テレビ、28日のポーランド戦(同後11時)をフジテレビが、
それぞれ地上波で放送することになった。15日の開幕戦・ロシア対サウジアラビア(同深夜0時)と
7月16日の決勝(同深夜0時)はNHKが中継する。

 NHKは全64試合中32試合を地上波、1試合をBSで中継。BS1では全試合を録画で放送する。
日本テレビは日本・セネガル戦など8試合を放送。フジテレビは日本・ポーランド戦など8試合を放送する。

 フジテレビがW杯の日本戦を放送するのは、02年日韓大会の日本・ロシア戦以来16年ぶりとなる。
この試合は日本がW杯で初勝利した歴史的一戦となり、平均視聴率は66・1%と
同局史上最高視聴率を記録。いまだ破られていない。今回“当たりくじ”を引き当てた編成センターの立本洋之次長は
「験担ぎは特にしていませんが、今朝の『めざましテレビ』の星占いで1位だったので少しは期待していました。
それよりも今の危機的状況の中、社内のみんなの強い思いが一つになってこの結果に結びついてのではと思います」とコメントした。
http://www.hochi.co.jp/soccer/japan/20171215-OHT1T50084.html

引用元:2ch.sc

続きを読む

お知らせ


rss-35.png hatena-35.png
相互リンク募集中です
お気軽にメール下さい!

最新記事

他サイト記事