蹴球まとめちゃんねる ≫ W杯

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

FIFA 19 通常版 PS4版
価格:7076円(税込、送料無料) (2018/9/6時点)


【悲報】本田圭佑率いるカンボジア代表、14失点…イランに大敗

category - W杯 3
1: 名無しさん@蹴球 2019/10/11(金) 00:32:53.20
<ワールドカップ(W杯)アジア2次予選:イラン14-0カンボジア>◇C組◇10日◇イラン・テヘラン

EGhvmvRWkAAbPuv.jpg 

本田圭佑(33)が実質的な監督を務めるFIFAランク169位カンボジアは、アウェーで同ランクでアジア最上位となる23位のイランと対戦し、
0-14と大敗し、W杯アジア2次予選3試合を終えて1分け2敗となった。

水色のパンツに紺のジャケットを着こなした本田はピッチサイドで指揮を執ったが、前半だけで7失点を喫した。後半にも7点を献上。
終わってみればFWアズムン(3得点)とFWアンサリファルド(4得点)の2人にハットトリックを許すなど、計14失点を喫した。



https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191011-10110012-nksports-socc

続きを読む

【動画】日本代表、6ゴールでモンゴルに快勝!南野・吉田・長友・永井・遠藤・鎌田がゴール!

category - W杯 0
1: 名無しさん@蹴球 2019/10/10(木) 21:25:16.96
FIFAワールドカップ・アジア予選 2次予選
2019/10/10(木)19:35
埼玉スタジアム2002

日本 vs モンゴル



https://soccer.yahoo.co.jp/japan/game/member/2019101001

260: 名無しさん@蹴球 2019/10/10(木) 21:29:30.31
>>1
[10.10 W杯アジア2次予選 日本6-0モンゴル 埼玉]

20191010-43472647-gekisaka-000-1-view.jpg 

 日本代表は10日、カタールW杯アジア2次予選の第2戦でモンゴル代表と対戦し、6-0で大勝した。前半22分にMF南野拓実の3戦連発弾で先制すると、その後も怒涛のゴールラッシュ。ホーム初戦を6得点の完封勝利で飾り、9月10日のミャンマー戦(○2-0)に続く2連勝。チームは明日11日に日本を出発し、15日のタジキスタン戦(ドゥシャンベ)に臨む。

 日本はケガで招集を見送られたFW大迫勇也に代わる1トップでFW永井謙佑を起用。中盤の右サイドでMF伊東純也、ボランチではMF遠藤航が先発した。永井と伊東は6月9日のキリンチャレンジ杯・エルサルバドル戦(○2-0)以来のスタメン。遠藤は1月28日のアジア杯準決勝・イラン戦(○3-0)以来の出場となった。そのほかはミャンマー戦から変わらず、GK権田修一に4バックは右からDF酒井宏樹、DF冨安健洋、DF吉田麻也、DF長友佑都。中盤はMF柴崎岳と遠藤のダブルボランチで、2列目は右から伊東、南野、MF中島翔哉と並び、永井が1トップに入った。

 それでも前半22分、待望の先制点を奪う。右サイドの酒井から縦パスを受けた伊東がゴール前にクロス。うまくDFの間に走り込んだ南野がヘディングで捉え、ゴールネットを揺らした。南野は3戦連発の国際Aマッチ8得点目。UEFAチャンピオンズリーグのリバプール戦で1ゴール1アシストを記録するなど所属クラブでの好調ぶりを代表戦でも発揮した。

 交代枠を使い切り、さらなる追加点を目指す日本。後半37分、中島の横パスから遠藤が右足でミドルシュートを放つと、GKが前に弾いたこぼれ球を鎌田が頭で押し込んだ。鎌田のA代表初ゴールで6-0。6人で6ゴールを奪う圧勝劇を見せ、2連勝でタジキスタンに乗り込む。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191010-43472647-gekisaka-socc

続きを読む

【W杯アジア2次予選】ミャンマー戦のスタメン予想!久保の先発起用は…?

category - W杯 0
1: 名無しさん@蹴球 2019/09/09(月) 23:49:03.46
20190909-00063910-sdigestw-000-11-view.jpg 

指揮官は「コンディションの良い選手を起用したい」と説明

森保ジャパンは、9月10日にカタール・ワールドカップのアジア2次予選の初戦を迎える。対戦相手はミャンマー。敵地ヤンゴンのトゥナン・スタジアムで、日本時間の21時20分にキックオフされる予定だ。
 
 前日会見で森保一監督は「今回の招集メンバーのなかで、キリンチャレンジカップ(パラグアイ戦)を戦ってきましたが、その活動のなかでコンディションの良い選手を起用したいと思います」と説明。チームは9月5日に国内でパラグアイと対戦して2-0で勝利し、その翌日にミャンマーへ移動。現地でトレーニングを積んできたが、そのスケジュールのなかで森保監督は各選手のコンディションをチェックし、メンバー選考を行なうようだ。
 
 もっともワールドカップ予選の大事な初戦であり、指揮官は大きく冒険はしないはず。パラグアイ戦のスタメンをベースに、数人の入れ替え、もしくは顔ぶれを変えずに臨むのではないか。
 
 まずGKはシュミット・ダニエルと権田修一の争いになるだろう。パラグアイ戦ではシュミットが先発予定だったが、前日の練習で右踵を負傷。急遽、スタメン出場した権田が無失点勝利に貢献した。ただミャンマー戦に向けては、シュミットの状態は問題なそうで、ここではシュミットを先発と予想した。
 
 最終ラインはパラグアイ戦と変わらない見込みで、左から長友佑都、吉田麻也、冨安健洋、酒井宏樹の並びになるはず。ただ、先手を取った際など、もし守備を重視する場合はパラグアイ戦で試した冨安を右SBに回し、CBに植田直通を入れる形もオプションとして活用するかもしれない。

橋本と遠藤は甲乙つけがたいが

ボランチでは柴崎岳は欠かせないとして、相棒は橋本拳人と遠藤航で悩むところだ。橋本はパラグアイ戦で先発し、まずまずのプレーを披露。遠藤は今夏に移籍したシュツットガルトで出場機会を掴めず、試合勘でやや不安が残る。ただ遠藤は代表での経験値で橋本を上回り、まず固く試合に入りたい場合は、遠藤を起用する可能性も十分にあるだろう。
 
 中盤2列目は、森保ジャパンの攻撃を引っ張る中島翔哉と堂安律を予想。ただし、堂安はここ最近、代表で結果を残せておらず、その状態を森保監督がどう見るか。攻撃に変化を加えた場合は久保建英の抜擢もあるのかもしれない。指揮官はその点については「今日(試合前日)の練習を見て決めたい」と話している。
 
 FWは大迫勇也と南野拓実のコンビが濃厚だ。ともにパラグアイ戦ではゴールを奪っており、調子は上向き。天候やピッチ状況に不安は残るが、チームを助けるゴールを奪ってもらいたい。
 
 下馬評では日本有利の声が大半だが、大迫が「思ってた以上の環境。すごいとしか言いようがなく、まさかな部分もあるように感じる。ただ、そこはしっかり認めて、自分たちのなかで整理して臨みたい」と語っているように、高温多湿な環境やピッチコンディションに苦しめられるかもしれない。その状況でチームとして真価を発揮できるのか楽しみだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190909-00063910-sdigestw-socc

続きを読む

【WOWOW】香川、岡崎、柴崎が加入のスペイン2部リーグを中継!毎節最大3試合

category - W杯 0
1: 名無しさん@蹴球 2019/08/15(木) 23:24:43.73
WOWOWは15日、スペイン1部リーグに加えて、スペイン2部リーグの放送と配信を開始すると発表した。

 17日に開幕するスペイン2部リーグは、MF香川真司(サラゴサ)、FW岡崎慎司(マラガ)、MF柴崎岳(デポルティボ)が新加入。WOWOWは、日本人選手の出場予定試合を毎節最大3試合を生中継する。日本人対決、激しい1部昇格争いなどに大きな注目が集まりそうだ。

 また、16日に開幕するスペイン1部リーグは、MF乾貴士が2季ぶりにエイバルに復帰。WOWOWは毎節最大5試合を生中継する。

190115_LaLiga123-800x450.jpg

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190815-00000185-spnannex-socc

続きを読む

【画像】日本代表、ミャンマーなどと同組…カタールW杯アジア2次予選組み合わせが発表!

category - W杯 1
1: 名無しさん@蹴球 2019/07/17(水) 18:30:34.74
2022年カタールW杯アジア2次予選の組み合わせ抽選会が17日、クアラルンプール(マレーシア)で行われ、FIFAランク28位の日本はキルギスタン、タジキスタン、ミャンマー、モンゴルと同じF組に入った。

D_qvzvUU8AEWu-v.jpg 

 W杯7大会連続出場を狙う森保ジャパンは第1ポットで優位は揺るがないが、初出場した98年フランスW杯以降、予選免除だった02年日韓大会を除く5大会で、日本がアジア予選を全勝で突破したことはない。

 2次予選の各組1位と、2位の中で上位4チームの12チームが20年9月から始まる最終予選に進出。最終予選は、各組上位2位までがW杯出場権を獲得し、各組の3位同士が対戦して勝者がアジア5位として大陸間プレーオフに進出する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190717-00010004-spht-socc

8: 名無しさん@蹴球 2019/07/17(水) 18:31:48.85
2022年W杯カタール大会のアジア2次予選の組み合わせ抽選会が17日、マレーシアのクアラルンプールで行われた。7大会連続のW杯出場を目指す日本代表(FIFAランキング28位)はグループFに入った。

2次予選は40チームが8組に分かれてホームアンドアウェー方式で行われ、各組1位と2位の成績上位4チームの計12チームが最終予選に進む。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190717-07170745-nksports-socc


W杯カタール大会アジア予選の方式
20190717-07170745-nksports-000-2-view.jpg

12: 名無しさん@蹴球 2019/07/17(水) 18:31:51.74
▼A組
中国
シリア
フィリピン
モルジブ
グアム
▼B組
オーストラリア
ヨルダン
台湾
クウェート
ネパール
▼C組
イラン
イラク
バーレーン
香港
カンボジア
▼D組
サウジアラビア
ウズベキスタン
パレスチナ
イエメン
シンガポール

15: 名無しさん@蹴球 2019/07/17(水) 18:32:02.52
▼E組
カタール
オマーン
インド
アフガニスタン
バングラデシュ
▼F組
日本
キルギス
タジキスタン
ミャンマー
モンゴル
▼G組
UAE
ベトナム
タイ
マレーシア
インドネシア
▼H組
韓国
レバノン
北朝鮮
トルクメニスタン
スリランカ

続きを読む

他サイト新着記事