蹴球まとめちゃんねる ≫ ブンデスリーガ

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

FIFA 19 通常版 PS4版
価格:7076円(税込、送料無料) (2018/9/6時点)


【朗報】長谷部誠はブンデス前半戦のベストDF!独誌「キッカー」で単独トップの平均点&ベスト11に選出!

category - ブンデスリーガ 0
1: 名無しさん@蹴球 2019/01/01(火) 12:09:01.52 _USER9
圧巻の前半戦に
フランクフルトに所属する元日本代表MFの長谷部誠は、ドイツ誌『キッカー』が選んだブンデスリーガ2018-19シーズン前半戦のベストイレブンに名を連ねた。

20190101-00010000-goal-000-1-view.jpg 

昨年のロシア・ワールドカップ後に代表からの引退を表明した長谷部だが、フランクフルトでは9月20日のヨーロッパリーグ・マルセイユ戦以降は16試合に連続でフル出場。バイエルン・ミュンヘンへと去ったニコ・コバチ監督の後任にアディ・ヒュッター監督を迎えてからもリベロとして群を抜く存在感を発揮し、秋には公式戦11試合負けなし(10勝1分け)に貢献。6位で折り返したチームの躍進において欠かせない存在となった。

そんな長谷部は、先日の高級紙『ズュートドイチェ・ツァイトゥング』に続き、『キッカー』のベスト11にも選出されることに。今シーズン前半戦にブンデスリーガで評価対象となった全フィールドプレーヤーの中で「2.73」と7位の平均点を叩き出し、DFとしては単独トップの成績に。同僚のリーグ得点ランキング1位タイのFWルカ・ヨヴィッチと5位セバスティアン・アレルらとともにベスト11に選ばれた。

なお『キッカー』が選んだ前半戦のベスト11は以下の通り。

GK
ロマン・ビュルキ(ボルシア・ドルトムント、『キッカー』平均点2.53)

DF
マティアス・ギンター(ボルシア・メンヒェングラットバッハ、2.83)
長谷部誠(フランクフルト、2.73)
ダン=アクセル・ザガドゥ(ボルシア・ドルトムント、2.94)

MF
ジェイドン・サンチョ(ボルシア・ドルトムント、2.65)
チアゴ・アルカンタラ(バイエルン・ミュンヘン、2.64)
ケレム・デミルバイ(ホッフェンハイム、2.45)
マルコ・ロイス(ボルシア・ドルトムント、2.68)

FW
ルカ・ヨヴィッチ(フランクフルト、2.58)
セバスティアン・アレル(フランクフルト、2.77)
パコ・アルカセル(ボルシア・ドルトムント、2.61)

(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190101-00010000-goal-socc

続きを読む

【悲報】宇佐美貴史、ゴール手前5mでシュート失敗 ブンデス公式が動画投稿…「なんてミスだ」

category - ブンデスリーガ 0
1: 名無しさん@蹴球 2018/12/23(日) 07:53:26.67 _USER9
ドルトムント戦2-1と勝利も…デュッセルドルフ宇佐美のシュートミスに脚光

20181223-00156232-soccermzw-000-1-view.jpg 

FW宇佐美貴史が所属するデュッセルドルフは、現地時間18日のドイツ・ブンデスリーガ第16節でドルトムントと対戦し、2-1と勝利した。
この試合でゴールをお膳立てした宇佐美だが、その一方でゴール手前5メートルからフリーの状態でシュートを放つも決めきれず、
ブンデス公式YouTubeチャンネルが動画を公開。「なんてミスだ」と驚きの声がファンから上がっている。

前半22分、MFドディ・ルケバキオのゴールでデュッセルドルフが先制。
1-0とリードで迎えた同38分、右サイドからDFジーン・ツィマーの鋭いクロスに反応したのが宇佐美だった。
タイミング良くゴール前に入り込んだ宇佐美は、フリーの状態でシュート。
相手GKはニアサイドに寄っており、無人に近い状態のゴールだったが、宇佐美は合わせきれずにボールも大きく逸れた。
後半11分には宇佐美のパスからDFヤン・ツィマーが追加点を叩き込んで2-0とリード。
終盤に1点返されるも、そのまま逃げ切って2-1と勝利した。

ブンデス公式YouTubeチャンネルでは、宇佐美のプレーに注目。
「タカシ・ウサミが無人のゴールでミス」と題した動画をアップすると、「今季ミス大賞候補の一つ」と評している。
返信欄では「オーマイゴッド」「ハハハハハ」「なんてミスだ」「ボールが後ろから来たりして、選手が時々ミスをするのは理解できる。だけどこれは説明できない」などコメントが並んだ。

今季無敗だったドルトムントに初めて土をつけたデュッセルドルフ。
注目を集めた一戦だっただけに、宇佐美のミスが一層際立つ形となってしまったようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181223-00156232-soccermzw-socc

https://youtu.be/gSESsNyX_WI


デュッセルドルフMF宇佐美貴史がゴール手前5メートルの位置からまさかのシュートミス

続きを読む

【動画】宮市亮、豪快なダイビングヘッドで今季2ゴール目!ザンクト・パウリの2連勝に貢献

category - ブンデスリーガ 0
1: 名無しさん@蹴球 2018/12/15(土) 22:59:02.61 _USER9
 ザンクト・パウリに所属する宮市亮がゴールを決めた。

20181215-00877540-soccerk-000-1-view.jpg 

 ブンデスリーガ2部第17節グロイター・フュルト戦に先発出場。69分に豪快なダイビングヘッドでゴールネットを揺らし、追加点を奪った。宮市にとっては復帰戦となった第6節インゴルシュタット戦以来、今シーズン2点目となった。

 試合は2-0でザンクト・パウリが勝利し、2連勝を挙げた。先発出場した宮市は88分までプレー。グロイター・フュルトに所属する井手口陽介はケガのため欠場している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181215-00877540-soccerk-socc

11: 名無しさん@蹴球 2018/12/15(土) 23:01:57.99
宮市ヘッド

続きを読む

香川真司がCLメンバー外で“退団説加速”と地元紙報道!地元ファン74%が新天地行きを支持

category - ブンデスリーガ 0
1: 名無しさん@蹴球 2018/12/12(水) 07:00:56.42 _USER9
スペイン行き熱望報道に加え、ベンチを温める日々が続いて去就報道が過熱

20181212-00153617-soccermzw-000-1-view.jpg 

 ドルトムントのMF香川真司は、ブンデスリーガ首位を走るチームで思うように出場機会を得られず、今冬に移籍する可能性が報じられ続けている。現地時間11日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ最終節モナコ戦に招集外となったなか、地元紙は「彼に居場所はない」と苦境を伝えるとともに、「冬に退団するという憶測を加速させている」と報じている。

 香川はここまでブンデスリーガで2試合、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)とDFBポカールで1試合ずつに出場。出場時間は205分に止まっている。

 11月6日にはU-23チームの一員としてレギオナルリーガ(4部相当)でプレーし、1試合4アシストを記録。しかし、トップチームではポジション争いでライバルに遅れを取っており、リーグ戦では9月26日のリーグ第5節ニュルンベルク戦(7-0)以降は出番がない。

 1月の移籍マーケット再開が近づき、メディアも各クラブの選手補強や放出の動きに注目。ブンデスリーガ首位を快走するドルトムントでは、出番の少ない選手に関する放出の噂が盛んに報じられ、11月には香川自身がスペイン行きを望んでいるとの報道が出た。

 11日のCL最終節モナコ戦の遠征メンバーから外れたなか、ドイツ地元紙「ルール・ナハリヒテン」は、「再びスカッドに不在。カガワのBVBでの時は終わる」と言及。「モナコへの旅は日本人不在で行われる。複数人の選手を欠くなか、彼に居場所はない。カガワがニース行きの便に乗っていなかったという事実は、冬に退団するという憶測を加速させている」と報じている。

「BVBはシンジ・カガワを冬に行かせるべきか?」とのテーマを設け、オンライン上で読者アンケートを実施。74%のファンが「はい、彼は別のクラブで再び自分を証明できる」と答え、「いいえ、彼のようなプレーヤーをBVBは常に使うことができる」と残留を推奨する声は26%だった。

 今冬の移籍市場で、香川はどのような決断を下すのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181212-00153617-soccermzw-socc

続きを読む

【朗報】宮市亮、2戦連続先発で決勝PKを獲得!ザンクトパウリは4試合ぶりの白星で上位を維持

category - ブンデスリーガ 1
1: 名無しさん@蹴球 2018/12/11(火) 12:51:23.19 _USER9
12月10日(現地時間)、ブンデスリーガ2部の第16節が行なわれ、ザンクトパウリは3-1でボーフムを下した。
 
DuGGbQiWoAAJLFl.jpg 

 ここまで3試合連続引き分けの6位(暫定)ザンクトパウリが、勝点1差の7位ボーフムのホームの乗り込んだ一戦、宮市亮は2試合連続でスタメンに名を連ね、2列目右サイドで試合開始を迎えた。
 
 ザンクトパウリはカウンターから開始20秒あまりでフェールマンが思い切ったミドルでファーストシュートを放ち、6分には左サイドに移った宮市からのクロスをアラギが受けて右足を振り抜き、ボールは右ポストを叩く。
 
 宮市が勝ち越しのチャンスを作る。ジュジャークからのスルーパスで抜け出し、GKリーマンをかわそうとしたところで足をかけられて倒され、PKを獲得したのだ。キッカーを務めたアラギのゴール右隅へのシュートはリーマンが好反応で止めるも、フェールマンが詰め、ザンクトパウリは勝ち越しに成功した。
 
 後半、ザンクトパウリはキックオフからの速い攻めでジュジャークが抜け出し、GKと1対1の場面を迎えるが、シュートはリーマンにブロックされて追加点はならない。対してボーフムは50分、サムがゴール右外へわずかに逸れるきわどいシュートを放った。
 
 前半に比べてザンクトパウリがボールを持つ時間は長くなり、ボールを奪ってからの速い攻めで再三、相手ゴールに迫る。宮市はプレッシャーを受けながらも、ドリブルでの仕掛けの他、スプリントして縦パスやクロスに合わせようとしたり、プレーに絡もうと逆サイドにも姿を見せたりと、より積極的な姿勢で存在感を示した。
 
 84分、こぼれ球をサムに強烈に叩かれて冷や汗をかいたザンクトパウリだが、その2分後、自陣でのボール奪取からネーリクがドリブルで運んで、右サイドのフェールマンへスルーパス。ここからさらに左に横パスが入り、フリーのデーリが無人のゴールに押し込んで決定的な3点目を挙げた。
 
 アディショナルタイム、セットプレーからヒンターゼーアの惜しいシュートを浴びるも、これをゴールライン上でブロックするなど、ゴールを守り通したザンクトパウリは4試合ぶりの勝利。前節終了時の順位である4位を維持した。
 
 敵地での戦いを制したザンクトパウリは次節、15日にホームで井手口陽介所属のグロイター・フュルトと対戦する。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181211-00051323-sdigestw-socc

続きを読む

他サイト新着記事