【動画】ドルトムント、バイエルンに屈し4戦未勝利…香川真司は惜しいシュートもゴールならず

1: 名無しさん 2017/11/05(日) 04:30:39.37 _USER9
20171105-00664631-soccerk-000-view.jpg 

【スコア】

ドルトムント 1-3 バイエルン

【得点者】
0-1 17分 アリエン・ロッベン(バイエルン)


0-2 37分 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)


0-3 67分 ダヴィド・アラバ(バイエルン)


1-3 88分 マルク・バルトラ(ドルトムント)



https://keiba.yahoo.co.jp/race/denma/1708050211/

 ブンデスリーガ第11節が4日に行われ、MF香川真司所属のドルトムントとバイエルンが対戦した。香川は公式戦2試合連続、リーグ戦では4試合ぶりとなる先発出場を果たした。

 勝ち点20で2位のドルトムントと同23で首位に立つバイエルンの直接対決。ドルトムントは香川のほか、ピエール・エメリク・オーバメヤンやアンドリー・ヤルモレンコがスタメンに名を連ねた。一方のバイエルンはロベルト・レヴァンドフスキやアリエン・ロッベン、ハメス・ロドリゲスらが起用された。

 1点を失ったドルトムントは30分、スルーパスでエリア内に抜け出したヤルモレンコが決定機を迎えたが、右足のシュートはGKに阻まれる。さらに32分にはカウンターからエリア手前右の香川にパスが渡ると、勝負を仕掛けた香川が左足でシュート。DFの股下を抜けたボールはGKの逆を突いたが、惜しくも右ポストの外側を叩いた。

 するとピンチを凌いだバイエルンが追加点を奪う。37分、右サイドを駆け上がったジョシュア・キミッヒがグラウンダーで折り返したボールをレヴァンドフスキが右足ヒールでシュート。DFに当ってコースが変わったボールがネットを揺らし、スコアは2-0となった。

 後半も先にゴールを奪ったのはバイエルンだった。67分、左サイドからダヴィド・アラバがクロスを上げると、GKの手前に走り込んだレヴァンドフスキが右足で狙う。レヴァンドフスキは足に当てることができなかったが、流れたボールがそのままゴール右に吸い込まれた。

 3点ビハインドとなったドルトムントは68分、香川に代えてマリオ・ゲッツェをピッチへ送り出す。しかし、なかなかゴールを奪うことができずに時間が経過。終盤の88分にマルク・バルトラがエリア内右から右足の強烈なシュートを突き刺して1点を返したが、反撃もここまで。このまま3-1でタイムアップを迎えた。

 敗れたドルトムントはこれでリーグ戦4試合白星なし。一方のバイエルンは4連勝となった。

 次節、ドルトムントは18日にアウェイで日本代表FW浅野拓磨所属のシュトゥットガルトと、バイエルンは同日にホームでアウクスブルクと対戦する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171105-00664631-soccerk-socc

引用元:2ch.sc

続きを読む

【動画】ドルトムント香川真司、キックフェイントから今季3点目!…1G1Aでポカール完勝に貢献!

1: 名無しさん 2017/10/25(水) 06:11:42.85 
10.24 DFBポカール2回戦 マクデブルク0-5ドルトムント]

20171025-00656940-soccerk-000-6-view.jpg 

ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司が、24日に行われたDFBポカール2回戦のマクデブルク(3部)戦で、今シーズン公式戦3点目をマークした。

 先発出場した香川は3点リードで迎えた79分、左サイドからクロスを上げ、マルク・バルトラのゴールをアシスト。すると、90分にはエリア内左でパスを受けると、鋭いキックフェイントでDFをかわし、左足シュートでダメ押しゴールを奪った。試合は直後にタイムアップを迎え、ドルトムントが5-0で完勝。フル出場した香川は1ゴール1アシストで、3回戦進出に貢献した。

 今シーズン公式戦10試合目で3ゴール目となった。香川は9月20日に行われたブンデスリーガ第5節のハンブルガーSV戦で初ゴールを記録。同30日の第7節アウクスブルク戦では鮮やかなループシュートを沈め、日本人歴代トップとなるブンデスリーガ通算38得点目をマーク。さらにその芸術的なループシュートはブンデスリーガ公式HPの月間ベストゴールにも選ばれていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171025-00656940-soccerk-socc

229: 名無しさん 2017/10/25(水) 07:42:49.76
カストロ→香川→ゲレイロ→フィリップ→香川→シャヒン→フィリップ→香川!!!


引用元:2ch.sc

続きを読む

【動画】フランクフルト長谷部誠、終了間際のシュートブロックで勝点1死守!神懸かりなブロックを独メディアが絶賛!

1: 名無しさん 2017/10/22(日) 07:35:08.52 
11シーズン目のブンデスリーガ。その衰えないプレゼンス

20171022-00031482-sdigestw-000-4-view.jpg 

見どころ満載のスぺクタクルなゲームは、最後の最後までドラマチックだった。終了間際に主人公を演じたのはほかでもない、日本代表の主将、長谷部誠である。
 
 土曜日のブンデスリーガ9節、アイントラハト・フランクフルトは本拠地に首位ボルシア・ドルトムントを迎えた。試合は終始オープンな展開で進み、フランクフルトの地元紙『Frankfurter Rundschau』は「4対4、5対5で終わってもおかしくない撃ち合いだった」と伝えたほど。ドルトムントが2-0とリードするも、フランクフルトは負けじと終盤の連続ゴールで追いつく。引き分け濃厚のムードが漂うなか、ホームチームが特大のピンチを迎える。
 
 時計の針が90分を過ぎたタイミングだ。フランクフルトは途中出場の17歳FWジェイドン・サンチョに決定的なシュートを放たれる。これはなんとかGKルーカス・フラデツキーが防いだが、こぼれ球が相手MFヌリ・シャヒンの前へ。およそ8メートルの距離からがら空きのゴールに蹴り込まれる。
 
 このトルコ代表のショットを、ゴールライン上でブロックしたのが長谷部である。胸元の高さに飛んできた難しい球を冷静に見極め、巧みな身のこなしで阻止した。
 
 先述の『Frankfurter Rundschau』紙は、長谷部のビッグプレーをこう評している。
 
「その時、ひとりのフランクフルターが防波堤となってシャヒンのシュートを防いだ。マコト・ハセベだ。常にクールに振る舞う男は、この日も出色の出来で、目まぐるしく展開が変わるゲームにおいて安定感が際立っていた。そしてラストプレーでも抜群の働き。チームを黒星から救ったのだ」
 
 ドイツのサッカー専門誌『KICKER』は、「ヒーローはハセベだ! シャヒンの渾身の一撃を奇跡的にクリアしたのだから。試合はその直後に終了した」と称え、全国スポーツ紙『BILD』は「ホームの大観衆は凍りついただろう。だがその刹那、ハセベが立ちはだかった」と描写した。
 
 ドルトムント戦では3-4-2-1システムのリベロに配置された。ニコ・コバチ監督は「本当に代えが利かない唯一無二の存在」としたうえで、「3-4-2-1と4-2-3-1を併用するうえでマコトの存在は欠かせない。メンバーを変更することなくふたつのシステムを使えるのだからね」と、厚い信頼を口にする。4-2-3-1ではボランチをこなし、高次元のプレーを保証するのだ。
 
 11シーズン目のブンデスリーガを戦うサムライ。33歳の衰えないプレゼンスに対して、賛辞が相次いだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171022-00031482-sdigestw-socc

長谷部、終了間際のシュートブロックで勝点1死守! ドルトムントは2点リードを守り切れず
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171022-00031466-sdigestw-socc

冷静な男 長谷部が見せた気迫のクリアをドイツ誌が絶賛「勇敢にライン上で救出した」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171022-00010002-soccermzw-socc

引用元:2ch.sc

続きを読む

【悲報】一発退場の原口元気を独メディアが糾弾!「なんて愚かな行為」「試合を壊した」

1: 名無しさん 2017/10/15(日) 13:56:52.70 
イライラを募らせて相手FWに強烈なタックルを…

 日本代表MFの原口元気が、一発レッドを食らった。

3_w_993_q_high_c_0_bild.jpg 
 
 10月14日のブンデスリーガ8節、ヘルタ・ベルリン対シャルケ04の一戦。実力拮抗の攻防戦を繰り広げていた両者だったが、44分に分岐点が訪れる。原口が相手FWギド・ブルグシュタラーに足の裏を見せるハードタックル。右足首を激しく削れられたオーストラリア代表ストライカーは大声を上げて倒れ込んだ。
 
 主審は迷わずレッドカードを提示。直前のテレビ映像では、なかなかいい形でボールを受けられず、イライラを募らせて大きなジェスチャーをする原口の姿が……。情状酌量の余地がないラフプレーだった。
 
 試合は後半に2点を奪われ、ヘルタは完敗。老舗サッカー専門誌『KICKER』は「試合を壊してしまった。10人になったヘルタは後半頭から2選手を投入したが、シャルケの後塵を拝した」と報じ、全国スポーツ紙の『BILD』は「なんて愚かな行為か! 完全に遅れたタックルで、ブルグシュタラーが大事に至らなかったのは幸いだった」と断じた。
 
 前節のバイエルン・ミュンヘン戦では圧巻の3人抜きで同点弾をアシストし、この日2戦連続スタメンを飾った原口。せっかくの良き流れを断ち切る、軽率なプレーだった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171015-00031133-sdigestw-socc

引用元:2ch.sc

続きを読む

オススメ

スポンサーリンク

お知らせ


rss-35.png hatena-35.png
相互リンク募集中です
お気軽にメール下さい!

最新記事

他サイト記事