香川真司、ドルトムントから今夏の退団も?クラブが中盤の刷新を計画中と現地報道!

1: 名無しさん@蹴球 2018/07/19(木) 06:07:47.13 _USER9
ボルシア・ドルトムントは日本代表MF香川真司の放出を考えているかもしれない。ドイツ『シュポルトバザー』が伝えている。

20180719-00000034-goal-000-2-view.jpg 
今シーズンからルシアン・ファーヴル監督が率いるドルトムントは今夏の移籍市場でGKマルヴィン・ヒッツやDFアブドゥ・ディアロ、アシュラフ・ハキミやMFトーマス・ディレイニー、FWマリウス・ヴォルフらと複数のレギュラークラスの選手を獲得。一方で、DFソクラティス・パパスタソプーロスやエリック・ドゥルム、MFゴンサロ・カストロやFWアンドリー・ヤルモレンコなどを手放し、戦力整理も進めている。

そんな中、さらにセンターFWの補強が急務となっているドルトムントだが、報道によるとファーヴル新監督はクラブ幹部にボローニャに所属するチリ代表MFエリック・プルガルを獲得することを要請したという。だが、新たなセントラルMFを加えた場合、すでに飽和状態となりつつある中盤の人員を減らす必要性が生じてくるとのことだ。

ミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)はファーヴル新監督の入団会見で先日、「我々は全員、より小さなスクワッドを望ましいと考える」と言及。『シュポルトバザー』では、MFでの最有力の放出候補はセバスティアン・ローデだと伝えられているが、「オファー次第では長い間貢献してきたBVBのスターたち、ヌリ・シャヒンやシンジ・カガワも“非売品“と見られなくなるだろう」との見解が述べられている。

今オフにはトルコメディアでガラタサライからの興味が伝えられた香川だが、ドルトムントとの契約は2020年まで。それを全うせずに日本代表の背番号10は今夏中に新天地に向かうことになるのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00000034-goal-socc

続きを読む

原口元気を逃したフォルトゥナ、宇佐美貴史の獲得に全力!「可能な限りすべてをトライ」

1: 名無しさん@蹴球 2018/06/13(水) 22:38:26.03 _USER9
フォルトゥナ・デュッセルドルフは、日本代表FW宇佐美貴史の完全移籍での獲得を諦めない。ドイツ紙『ビルト』が、同クラブのロベルト・シェーファーCEO(最高経営責任者)によるコメントを伝えた。

20180613-00000013-goal-000-2-view.jpg 
12日に、日本代表MF原口元気のヘルタ・ベルリンからハノーファーへの移籍が正式に発表された。それにより、フォルトゥナはレンタルプレーヤーとして1部昇格に貢献した“日本人両翼”を新シーズンに向けて完全移籍で獲得する可能性が消滅。だがクラブは宇佐美に関しては依然として獲得を狙い続けているようだ。

シェーファーCEOは『ビルト』に対し、「タカシはデュッセルドルフをとても居心地良いと思っており、以前にも我々の下に残る希望だと語ってくれた」と言及。「アウクスブルクとの意見交換はずっと続けてきているし、タカシが新シーズンもフォルトゥナでプレーするにあたって、可能な限りすべてをトライしているよ」と所属元クラブと話し合いに入っていることを明かしている。

一方、これまでの報道によると、アウクスブルク側はロシア・ワールドカップに出場することで宇佐美の市場価値が向上することに期待している模様。大舞台で好パフォーマンスを見せれば、フォルトゥナにとって手が届かない存在になる可能性もあり、シェーファーCEOの心境は複雑かもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180613-00000013-goal-socc

引用元:5ch.net

続きを読む

伊藤達哉にホッフェンハイムが興味?HSVは売却を即否定「我々の構想における肝要な存在」

1: 名無しさん@蹴球 2018/06/07(木) 23:17:43.52 _USER9
ハンブルガーSV(HSV)に所属するU-21日本代表FWの伊藤達哉に、ホッフェンハイムが興味を示しているようだ。その報道を受けたクラブは、同選手を“非売品“と強調し、売却の可能性を強く否定した。

20180607-00000035-goal-000-2-view.jpg 
昨年の秋に2軍からトップに引き上げられた伊藤は、すぐさまそのドリブル能力を示し、HSVのサポーターたちを魅了。冬にはクラブと2021年までとなるプロ契約を結んだ20歳だが、国内ではフランクフルトから、国外ではマンチェスター・シティやインテルからの興味が報じられ続けていた。

そして、ドイツ誌『キッカー』はユリアン・ナーゲルスマン監督率いるホッフェンハイムも同選手を狙っていると報道。新シーズンは降格したHSVとともに2部ではなく、来季のチャンピオンズリーグ出場権を獲得したクラブに移籍する可能性が伝えられた。

だが、HSV側は小柄のドリブラーの売却を即否定。スポーツ部門担当のラルフ・ベッカー取締役は同誌に対し、「タツヤを我々の構想における肝要な存在と見ている。彼を売却の対象とはしていない。彼はしっかりと構想に入っているんだ」と交渉にも応じない構えを示した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180607-00000035-goal-socc

引用元:5ch.net

続きを読む

【動画】フランクフルトがドイツ杯制覇!長谷部誠フル出場でバイエルン・ミュンヘン撃破に貢献!

1: 名無しさん 2018/05/20(日) 05:39:59.43 _USER9
DFBポカール決勝が19日に行われ、バイエルンとフランクフルトが対戦した。フランクフルトの日本代表MF長谷部誠はアンカーの位置で先発出場し、MF鎌田大地はメンバー外。なお、長谷部は、ひじ打ちで出場停止処分を受けていたため、公式戦4試合ぶりの出場となった。

HqxgMAj.jpg
 2年ぶりの優勝を狙うバイエルンは、シーズン途中に復帰したユップ・ハインケス監督のラストマッチ。チームを見事に立て直し、ブンデスリーガ6連覇に導いた指揮官を、2冠達成の花道で送り出したいところ。一方のフランクフルトも、ニコ・コヴァチ監督がバイエルンの次期監督に決まっており、これが最後の試合。指揮官を引き抜いた相手を倒しての30年ぶりの大会制覇を目指す。

 バイエルンは開始8分、エリア手前のFKでロベルト・レヴァンドフスキが直接狙うが、強烈なシュートはクロスバーに嫌われた。難を逃れたフランクフルトは11分、アンテ・レビッチが敵陣でハメス・ロドリゲスからボールをカットすると、こぼれ球を拾ったケヴィン・プリンス・ボアテングが素早く前線へスルーパス。そのまま走り上がったレビッチがシュートをゴール左隅に決めて、先制点を奪った。

 先制を許したバイエルンは25分、レヴァンドフスキがエリア内左に抜け出してシュートを放ったが、これは枠を捉えられず。フランクフルトは44分、マリウス・ヴォルフがヘディングシュートで追加点を狙うが、これは枠の左に外れた。

 さらにフランクフルトは終了間際、相手CKのこぼれ球を拾ったミヤト・ガチノヴィッチが独走で持ち上がり、無人のゴールに流し込んで勝負あり。フランクフルトが3-1でバイエルンを破り、30年ぶり5度目の優勝で、さらに来シーズンのヨーロッパリーグ本戦出場権も獲得した。なお、長谷部はフル出場で勝利に貢献し、ヴォルスブルク時代にリーグ優勝をした2008-09シーズン以来、9年ぶりのタイトル獲得となった。

【スコア】
バイエルン 1-3 フランクフルト

【得点者】
0-1 11分 アンテ・レビッチ(フランクフルト)
1-1 53分 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
1-2 82分 アンテ・レビッチ(フランクフルト)
1-3 90+6分 ミヤト・ガチノヴィッチ(フランクフルト)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180520-00760861-soccerk-socc

続きを読む

【動画】宇佐美貴史がヘディングで今季8点目!デュッセルドルフ、逆転で2部リーグ優勝達成!

1: 名無しさん 2018/05/14(月) 00:27:16.49 
 ブンデスリーガ2部最終節が行われ、宇佐美貴史と原口元気が所属するデュッセルドルフとニュルンベルクが対戦した。

DdFkBfmVwAA71vP.jpg 
 リーグ戦1位ニュルンベルクと2位デュッセルドルフの直接対決となり、勝ったほうが優勝となる一戦で、宇佐美と原口は先発出場した。

 開始早々に先制点を奪われると13分、自陣左サイドを深い位置まで押し込まれ、中央にクロスを送られる。マークを外したティム・レイボルドに合わせられ、早くも2点のリードを奪われた。

 しかし、宇佐美が反撃の狼煙をあげる。37分、左サイドでボールを持ったニコ・ギーセルマンが中央へクロスを上げると、相手のマークを外した宇佐美がヘディングでファーサイドに流し込み、点差を縮めた。

 さらに60分、敵陣ペナルティエリア外中央でボールを奪ったギーセルマンが思い切って左足を振り抜く。これがゴール左隅に決まって、スコアをタイに戻した。

 そして後半アディショナルタイム2分、左サイドからクロスが上がると、カーン・アイハンがヘディングで流し込み逆転に成功。試合はこのまま終了し、デュッセルドルフがリーグ優勝を達成した。原口は75分に途中交代、宇佐美はフル出場を果たした。

【スコア】
ニュルンベルク 2-3 デュッセルドルフ

【得点者】
1-0 6分 ゲオルク・マルクライター(ニュルンベルク)

2-0 13分 ティム・レイボルド(ニュルンベルク)
2-1 37分 宇佐美貴史(デュッセルドルフ)

2-2 60分 ニコ・ギーセルマン(デュッセルドルフ)
2-3 90+2分 カーン・アイハン(デュッセルドルフ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180514-00757498-soccerk-socc

引用元:5ch.net

続きを読む

お知らせ


rss-35.png hatena-35.png
相互リンク募集中です
お気軽にメール下さい!

最新記事

他サイト記事