【動画】デュッセルドルフ宇佐美貴史、加入後初の先発でゴール!右足で豪快な一発!

1: 名無しさん 2017/09/23(土) 20:29:58.35 
フォルトゥナ・デュッセルドルフに所属するFW宇佐美貴史が、加入後2ゴール目をマークした。

DKaF5rmUIAAjYIc.jpg 

デュッセルドルフは23日、ブンデスリーガ2部第8節でザンクト・パウリと対戦。宇佐美は初の先発出場を果たした。

すると、開始9分に結果を残す。右サイドからのコーナーキックのこぼれ球をペナルティーエリア内から右足を豪快に振り抜く。ボールはゴール右上に突き刺さり、デュッセルドルフ待望の先制点となった。宇佐美にとっては加入後2点目となる。

なお、試合はデュッセルドルフが1点をリードしている。



https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170923-00010003-goal-socc

引用元:2ch.sc

続きを読む

【動画】マインツ武藤嘉紀、ブンデス公式サイトでベスト11に!3人抜きのスーパーゴール

1: 名無しさん 2017/09/21(木) 22:19:08.55 
ブンデスリーガ公式サイトは21日、今週ミッドウィークに開催された第5節のベストイレブンを発表した。マインツに所属する日本代表FW武藤嘉紀も選出されている。

1144647_imgw968.jpg  

 武藤は現地時間20日に行われたホッフェンハイム戦で前半16分にチームの2点目を記録。ドリブルで3人を抜き去り、相手GKの股間を抜くシュートを決めた見事なゴールだった。だがマインツはその後逆転を許し、試合には2-3で敗れている。

 ブンデスリーガ公式サイトでは、「ファンタジーサッカー」のポイント獲得数に基づくベストイレブンを発表。武藤は1得点を記録したほか、試合最多の8本のシュートを放ったことなどが高得点に結びつき、ベストイレブン入りを果たした。

 他にはバイエルン・ミュンヘンでのリーグ初先発で1ゴール1アシストの活躍を見せたMFハメス・ロドリゲスや、開幕から5試合連続となる完封を成し遂げたボルシア・ドルトムントの守備陣2選手などが名を連ねている。



https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170921-00232282-footballc-socc

引用元:2ch.sc

続きを読む

【動画】香川真司、今季初得点で偉業に王手!岡崎慎司に並ぶブンデス日本人最多タイ通算37ゴール目!

1: 名無しさん 2017/09/21(木) 13:11:19.21 
二人のシンジが肩を並べた。ドルトムントの日本代表MF香川真司が現地時間20日の敵地ハンブルガーSV(HSV)戦で今季初ゴールをマーク。これがブンデスリーガ通算37得点目となり、シュツットガルトとマインツで活躍した日本代表FW岡崎慎司(現レスター・シティ)の持つ日本人選手の得点記録タイとなった。ブンデスリーガ公式サイトなどが伝えている。

20170921-00000011-ism-000-0-view.jpg 

香川は4-3-3システムの左インサイドハーフとして、今季リーグ戦で初スタメンに起用された。ボールに触る機会が少ない展開だったが、前半24分にDFエメル・トプラクが頭で合わせたボールを足元に収めると、ゴール至近距離から右足で押し込んでネットを揺らした。


 今季初ゴールは、そのまま日本人選手のブンデスリーガ最多得点記録に並ぶメモリアルな一撃となった。香川は2010-11シーズンにセレッソ大阪からドルトムントへ移籍して1年目から8ゴールを挙げる活躍を見せた。マンチェスター・ユナイテッド移籍を経て、通算6シーズン目での記録となる。

 岡崎は128試合、香川は2試合多い130試合目で37ゴールを決めた。ドイツテレビ局「シュポルト1」は「カガワがゴール記録に並んだ」と速報。「カガワは(岡崎よりも)2試合多かったが、同時に34アシストも記録している。オカザキはわずかに8つだけだ」として、フィニシュだけでなくチャンスメークでも高い力を発揮している香川の能力にも着目している。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170921-00010006-soccermzw-socc

引用元:2ch.sc

続きを読む

【動画】ドルトムント香川がリーグ初先発で今季初ゴール!味方シュート押し込み先制弾!

1: 名無しさん 2017/09/21(木) 05:07:35.82 
ドイツ・ブンデスリーガは現地時間20日、第5節の残り5試合が行なわれ、ドルトムントは敵地でハンブルガーSV(HSV)に3対0と勝利した。香川真司が先発出場で66分までプレーし、今季初ゴールとなる先制点を挙げている。

20170921-00000011-ism-000-0-view.jpg 

 ドルトムントは24分にゴール前から香川のゴールで先制。63分にヤルモレンコのクロスからオーバメヤンが追加点を挙げると、79分にはダフートのアシストからプリシッチの3点目で勝負を決めた。開幕から5試合無失点のドルトムントは、バイエルンに勝ち点1差の首位に立っている。



https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-00000011-ism-socc

引用元:2ch.sc

続きを読む

【動画】マインツ武藤嘉紀、今季2得点目!強引なドリブル突破からGK股抜き!

 ブンデスリーガ第5節が20日に行われ、マインツとホッフェンハイムが対戦した。マインツに所属する日本代表FW武藤嘉紀は、リーグ戦2試合ぶりのスタメン出場を果たしている。

OMZWJ0Gg.jpg 

 立ち上がり早々の5分、クリアボールを拾ったダニー・ラッツァのミドルシュートが決まり、ホームのマインツが先制に成功する。続く16分には武藤がドリブルでエリア内に侵入。強引な突破から左足でシュートを決め、マインツが追加点を奪う。武藤は今シーズン2得点目となった。

 一方のホッフェンハイムもすぐさま反撃。23分にナディエム・アミリが1点を返す。前半アディショナルタイムにはCKからザンドロ・ヴァーグナーが頭で決め、前半は2-2で折り返す。

 後半に入り56分、武藤がミドルシュートを放つも、相手DFのブロックに阻まれる。その後も一進一退の攻防が続く中、迎えた後半アディショナルタイム。ホッフェンハイムはCKの流れから抜け出したマルク・ウートがゴールを決めて、これが劇的な決勝点に。

 試合は2-3で終了。リードを守れなかったマインツは2連敗となった。武藤は先発フル出場を果たし、1得点を記録している。

 次節、マインツは日本代表FW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンと、ホッフェンハイムはシャルケとそれぞれホームで対戦する。

【スコア】
マインツ 2-3 ホッフェンハイム

【得点者】
1-0 5分 ダニー・ラッツァ(マインツ)
2-0 16分 武藤嘉紀(マインツ)
2-1 23分 ナディエム・アミリ(ホッフェンハイム)
2-2 45+1分 ザンドロ・ヴァーグナー(ホッフェンハイム)
2-3 90+3分 マルク・ウート(ホッフェンハイム)


http://news.livedoor.com/article/detail/13640540/


引用元:2ch.sc

続きを読む

オススメ

スポンサーリンク

お知らせ


rss-35.png hatena-35.png
相互リンク募集中です
お気軽にメール下さい!

最新記事

他サイト記事