【悲報】長谷部誠、4試合出場停止で今季終了…ひじ打ちで一発退場、追加処分決定

1: 名無しさん 2018/04/24(火) 20:20:48.47 
フランクフルトは24日、日本代表MF長谷部誠が4試合の出場停止処分を科されたと発表した。ブンデスリーガは残り3試合であるため、同選手は今シーズンのリーグ戦でピッチに立つことができなくなった。

長谷部は21日に行われたブンデスリーガ第31節のヘルタ・ベルリン戦で先発メンバーに名を連ねたが、0-2で迎えた79分にレッドカードを受けた。ドイツ人FWダヴィー・ゼルケとの競り合いからひじ打ちを見舞い、一発退場となったのだった。

そして今回、ドイツサッカー連盟(DFB)が長谷部へ追加処分を科すことを決定。「相手選手に対する悪質な反スポーツ行為」として、4試合の出場停止処分を受けることが決まった。

フランクフルトの発表によると、長谷部と同クラブは異議申し立てなどは行わず、処分を受け入れる見通しとのこと。同選手は2014年夏からフランクフルトでプレーしているが、レッドカードを受けるのは今回が初めてだった。

今回の処分により、3試合を残して今シーズンの公式戦全日程を終えることとなった長谷部。自身11シーズン目のブンデスリーガは24試合出場(先発は23試合)を記録して幕を閉じた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00747815-soccerk-socc

no title

181: 名無しさん 2018/04/24(火) 20:49:04.54

>>1
長谷部肘打ち


引用元:5ch.net

続きを読む

【動画】原口、宇佐美がアシスト!3ゴールに絡みデュッセルドルフが優勝へ前進

1: 名無しさん 2018/04/22(日) 22:23:50.12 
■ブンデスリーガ2部第31節 デュッセルドルフ 3-0 インゴルシュタット

20180422-00000030-goal-000-3-view.jpg 

デュッセルドルフ:ヘニングス(6分)、ギーゼルマン(39分)、ボルムート(65分)

ブンデスリーガ2部第31節が22日に行なわれ、首位のフォルトゥナ・デュッセルドルフはインゴルシュタットと対戦した。

2部優勝目前まで来て3連敗と、足踏み状態の続くデュッセルドルフ。この日も原口元気、宇佐美貴史を両サイドに配置し、ゴールを狙う。

立ち上がり、先に結果を残したのは原口。7分、FKのトリックプレーから原口が左サイドを駆け上がってクロスを上げると、ローヴェン・ヘニングスが流し込み、ホームのデュッセルドルフが先制に成功する。

さらに39分には、今度は宇佐美のコーナーからニコ・ギーゼルマンが頭で合わせ追加点。デュッセルドルフが2点をリードして前半を終える。

後半立ち上がりには原口が抜け出し、キーパーと一対一のチャンスを迎えるが、GKの好守でゴールはならず。その後も宇佐美とのコンビネーションでカウンターの起点となり、決定機を作っていく。

すると65分には宇佐美のコーナーキックから最後はDFロビン・ボルムートが押し込み、決定的な3点目を挙げる。

その後、原口に再び決定機が訪れる。クロスにワントラップからボレーで狙うが、再びGKの好セーブでゴールは生まれず。

それでも両日本人アタッカーの活躍もあり、デュッセルドルフは3-0で快勝。リーグ戦残り3試合で首位をキープしている。なお、原口はフル出場、宇佐美は79分に途中交代した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180422-00000030-goal-socc

7: 名無しさん 2018/04/22(日) 22:27:24.95
原口アシスト


宇佐美アシスト

引用元:5ch.net

続きを読む

【動画】長谷部誠がPK献上&肘打ちで一発退場!フランクフルト、完敗でEL出場権が遠のく

1: 名無しさん 2018/04/22(日) 00:37:11.91 
長谷部誠がPK献上&肘打ちで一発退場…フランクフルト、完敗で欧州カップ戦出場が遠のく
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180422-00000040-goal-socc

no title

ブンデスリーガ第31節が21日に行なわれ、フランクフルトとヘルタ・ベルリンが対戦した。

7位につけるフランクフルトは、来シーズンの欧州カップ戦出場を目指し、ヘルタ・ベルリンを迎え撃った。ミッドウィークのDFBポカールでもフル出場を果たした長谷部誠は、センターバックで先発している。

試合はスコアレスで迎えた57分に動く。長谷部がデイヴィ・ゼルケをエリア内で倒してしまい、PKに。ビデオによる判定に委ねられたが、結局PKとなり、これをゼルケ自身が決めてヘルタが先制する。

さらに77分、高い位置でボールを失うと、フランクフルトがハイラインを突かれる。ヘルタのマシュー・レッキーが裏に抜け出し、冷静にネットを揺らした。

その2分後にはフランクフルトをさらなる悲劇が襲う。長谷部がボールを持って運んでいったところにゼルケがプレス。ややファウル気味の寄せに長谷部が苛立ち、肘を振ってしまう。これがゼルケの顔面に直撃し、判定は一発退場。フランクフルトは数的不利に陥ってしまう。

すると後半アディショナルタイムにはヘルタがダメ押し弾を挙げて勝負あり。0-3で敗れたフランクフルトは7位のままで、上位との勝ち点差を縮めることはできなかった。

32: 名無しさん 2018/04/22(日) 00:46:06.22

引用元:5ch.net

続きを読む

ドルトムント、ザルツブルク、ローゼ監督の招へい?次期監督候補に急浮上とオーストリア紙

1: 名無しさん 2018/04/17(火) 23:22:04.69 
ドルトムント、ザルツブルク指揮官の招へいを目指す?次期監督候補に急浮上とオーストリア紙

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180417-00000027-goal-socc

no title

ボルシア・ドルトムントは、レッドブル・ザルツブルク率いるマルコ・ローゼ監督を招へいするかもしれない。オーストリア紙『ザルツブルガー・ナハリヒテン』が伝えた。

香川真司が所属するドルトムントは3月、南野拓実がプレーするザルツブルクに敗れてヨーロッパリーグ敗退が決まると、その後ブンデスリーガではバイエルン・ミュンヘンに0-6で敗れ、先日宿敵シャルケとのルールダービーを0-2と落としている。
その結果、クラブはペーター・シュテーガー監督との契約を更新せず、新監督を招く可能性が高まっているところだ。

そして、次期監督はザルツブルクのドイツ人指揮官、ローゼ監督となる可能性が浮上。『ザルツブルガー・ナハリヒテン』によれば、ドルトムント幹部はその手腕を以前から高く評価しているという。
ニースのルシアン・ファブレ監督とともに次期監督の最有力候補と見ているようだ。

現役時代はハノーファーやマインツなどでプレーしたローゼ監督は昨年ザルツブルクのU-19チームをUEFAユースリーグ制覇に導き、今季からトップの指揮を執ることに。
クラブとの2019年までの契約には契約解除条項が盛り込まれておらず、他クラブに向かう場合、高額の違約金が発生すると見られる。

引用元:5ch.net

続きを読む

【動画】宇佐美貴史の芸術的ミドル弾!“カーブショット”に「アンリかよ」

1: 名無しさん 2018/04/15(日) 22:29:19.13 
ハイデンハイム戦に先発の宇佐美、エリア左から鮮やかなミドルシュートで同点弾

20180415-00010024-soccermzw-000-view.jpg 
 
ドイツ2部デュッセルドルフは現地時間15日、リーグ第30節ハイデンハイム戦に臨み、
1点リードされた後半6分に先発出場の日本代表FW宇佐美貴史が鮮やかなミドルシュートで同点ゴールを叩き込み、今季リーグ7ゴール目をマークした。

首位を走るデュッセルドルフだが、前半23分に先制点を献上。1点ビハインドで前半を折り返すと、後半6分に33番を背負う日本人アタッカーが魅せる。

相手ペナルティーエリア左前で横パスを受けた宇佐美は相手DFと対峙。小刻みなタッチでドリブルを仕掛けると、細かいタッチからわずかにボールを右へ動かし、
巧みにシュートコースを作り出して右足を振り抜く。カーブがかかった一撃に対して相手GKは全く動けず、圧巻のシュートがゴール右上に吸い込まれた。

宇佐美が4試合ぶりにゴールを決めると、DAZN公式ツイッターもゴール動画を配信。「宇佐美貴史がゴラッソを沈めた!! 
ペナルティーエリア左手前から芸術的なコントロールショット」と称賛した。返信欄では「凄いな。アンリかよ」と称賛の声が上がっている。

試合はデュッセルドルフが追いつくも、後半11分、34分に再び被弾。1-3と敗れ3連敗となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180415-00010024-soccermzw-socc

6: 名無しさん 2018/04/15(日) 22:31:44.73
宇佐美始まったな


引用元:5ch.net

続きを読む

お知らせ


rss-35.png hatena-35.png
相互リンク募集中です
お気軽にメール下さい!

最新記事

他サイト記事