蹴球まとめちゃんねる ≫ ブンデスリーガ

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

FIFA 19 通常版 PS4版
価格:7076円(税込、送料無料) (2018/9/6時点)


【動画】奥川雅也が今季2点目!ホルシュタイン・キールの5発快勝に大きく貢献

category - ブンデスリーガ 0
1: 名無しさん@蹴球 2019/03/16(土) 11:03:46.95
 ブンデスリーガ2部のホルシュタイン・キールに所属するMF奥川雅也が今季2点目を決めた。

20190316-38887421-gekisaka-000-1-view.jpg

 15日に行われた第26節エルツゲビルゲ・アウエ戦で先発出場した奥川は、3-1で迎えた後半31分に左サイドを突破したMFマティアス・ホンザクの折り返しを右足で押し込み、勝利を決定づけた。その後、1点を追加したキールが5-1で勝利。3試合ぶりの白星を飾った。

 今季ザルツブルクから期限付き移籍で加入した奥川は、ここまで11試合に出場。2月23日のボーフム戦で移籍後初ゴールを決めていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190316-38887421-gekisaka-socc

4: 名無しさん@蹴球 2019/03/16(土) 11:09:00.28
奥川ゴール

続きを読む

【画像】長谷部誠、フェイスガード付け出場も開始5分で脱ぎ捨てる!フランクフルトは敵地で3-0完勝

category - ブンデスリーガ 0
1: 名無しさん@蹴球 2019/03/12(火) 10:23:22.57
試合開始5分でフェイスガードを脱ぎ捨てる!

55375_ext_04_0.jpg 

 現地時間3月11日にブンデスリーガ第25節が行なわれ、フランクフルトはアウェーでデュッセルドルフと対戦し、3-0で勝利した。

 3月8日に行なわれたヨーロッパリーグ(EL)ラウンドオブ・16の第1レグ、ホームでのインテル戦、接触で鼻骨を骨折したと報じられたフランクフルトの長谷部誠はリベロで先発出場。鼻周りを保護するフェイスガードを装着してのプレーとなった。対するデュッセルドルフに所属する宇佐美貴史は、ベンチ外のため、出場しなかった。

 試合は開始早々、2連勝中のデュッセルドルフが勢いよく攻め込む展開に。2分、ホームチームのダビド・コフナツキがDFの裏に抜け出し、抑えたシュートでゴールネットを揺らす。だが、これはオフサイドと判定されノーゴールに。フランクフルトとしてはヒヤリとさせられる場面からスタートした。

 そんななか長谷部は、試合開始5分でフェイスガードを自ら脱ぎ捨て、保護のない状態で相手チームと対峙することを選ぶ。その後も試合終了までフェイスガード無しでプレーを続行した。

 その後、試合はフランクフルトが主導権を握る。守りを固めるデュッセルドルフに対し、アウェーチームは細かいパスを繋いで揺さぶりをかける。しかし、ボールを保持しながらも攻めあぐね、前線にロングボールを入れてロストし、素早いカウンターを食らうシーンもみられた。

 前線ではルカ・ヨビッチが奮闘し、32分、38分とCKから決定機を迎えるも、ゴールラインを割ることができなかった。

 負傷者を抱えたフランクフルトがアウェーでの勝利をもぎ取り、リーグ戦3連勝。いい流れでEL第2レグ、アウェーのインテル戦に向かうことになる。

 長谷部の負傷は気にかかるところだが、この試合でも気合いの入ったプレーでチームを鼓舞し、改めて欠かせない存在であることを証明している。果たして、背番号20がサン・シーロに立つ姿を見られるだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190312-00055375-sdigestw-socc

【得点者】
48分 0-1 パシエンシア(フランクフルト)
90分+1分 0-2 ハラー(フランクフルト)
90分+3分 0-3 ハラー(フランクフルト)


続きを読む

【悲報】宇佐美貴史が来季の構想外・・・キッカー「依然としてパフォーマンスにムラがある」

category - ブンデスリーガ 1
1: 名無しさん@蹴球 2019/03/11(月) 21:51:17.02
日本代表FW宇佐美貴史が、今夏以降もフォルトゥナ・デュッセルドルフに残る可能性は低いようだ。ドイツ誌『キッカー』が伝えている。

20190311-00010035-goal-000-2-view.jpg

2017-18シーズン、現ハノーファーの原口元気らとともにフォルトゥナの1部昇格に貢献した宇佐美は、昨夏に再びアウクスブルクからのレンタルでフォルトゥナに加入。しかし第24節消化時点で11位につけているなど、安定したシーズンを過ごすフォルトゥナは、宇佐美を来季の構想に含めていないかもしれない。

『キッカー』曰く、「タカシ・ウサミのパフォーマンスは依然としてムラがある」とのこと。「昇格シーズンでは重要な存在だった日本人選手は、サッカーの上手さを発揮することが少な過ぎ、(クラブは)彼を残すことを望んでいないだろう」と、フォルトゥナにレンタル期間を延長する考えはないという。

なお宇佐美は今シーズンここまで、公式戦18試合に出場して1ゴール4アシストを記録。現在26歳の同選手だが、所属元のアウクスブルクとは2021年まで契約を残している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190311-00010035-goal-socc

続きを読む

【悲報】ハノーファー原口元気“雪”に阻まれゴールならず!1アシスト記録も敗戦

category - ブンデスリーガ 1
1: 名無しさん@蹴球 2019/03/11(月) 13:54:36.55
 ドイツ・ブンデスリーガ第25節の試合が現地時間10日に行われ、ハノーファーとレバークーゼンが対戦。激しい雪の中で行われた試合はアウェイのレバークーゼンが3-2で勝利を収めた。

D1W1tYFWkAA7alR.jpg 

 ハノーファーの原口元気は先発でフル出場。浅野拓磨はベンチ入りしなかった。2点のビハインドから原口のアシストによるゴールなどで一旦は追いついたハノーファーだが、終盤に突き放されての敗戦に終わった。

 レバークーゼンがケビン・フォラントの2ゴールでリードしたあと、34分には原口に決定的なチャンス。GKからのロングボールを受けて守備陣を振り切り、相手GKもかわして無人のゴールに向けてシュートを放った。だがグラウンダーのボールは薄く積もった雪に阻まれて急激に減速し、ゴールラインわずか手前でストップ。戻ってきたDFに対応されてしまった。

 それでも51分には原口のアシストからジョナタスが1点を返し、73分にはミッチェル・ヴァイザーのオウンゴールで2-2の同点。しかし87分にはカイ・ハフェルツが決勝ゴールを奪いレバークーゼンが勝利を収めた。

 ハノーファーはこれでリーグ戦4連敗。残留圏の15位アウクスブルクには8ポイント、プレーオフ圏の16位シュトゥットガルトには5ポイントの差をつけられ、残り9試合で苦しい状況に追い込まれている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190311-00312720-footballc-socc

4: 名無しさん@蹴球 2019/03/11(月) 13:56:17.13
ついてねー



続きを読む

【朗報】宮市亮、ザンクトパウリと2年契約延長!首脳陣絶賛「人間性も非の打ちどころがない」

category - ブンデスリーガ 0
1: 名無しさん@蹴球 2019/03/06(水) 07:48:06.21
指揮官は「パワーにもスピードにも優れた攻撃的プレーヤー」と高評価

20190306-00174279-soccermzw-000-2-view.jpg

 ブンデスリーガ2部ザンクトパウリは5日、元日本代表FW宮市亮との契約を2年間延長したことを発表した。2021年6月30日までの契約延長となったなか、首脳陣から「パワーにもスピードにも優れた攻撃的プレーヤー」「人間性も非の打ちどころがない」と称賛の声が上がっている。

 現在26歳の宮市は中京大中京高からJリーグのクラブを経由せずにアーセナルに加入したが、イギリスの就労ビザ発行基準に達していなかったため、初年度はオランダの名門フェイエノールトへ期限付き移籍。2011年2月6日に18歳でプロデビューし、そのシーズンは12試合出場で3得点5アシストと上々の成績を残した。

 その後、アーセナル、ボルトン、ウィガンと渡り歩き、2013-14シーズンに再びアーセナルに復帰するも結果を残せず、2014-15シーズンはオランダのトゥウェンテでプレー。2015年夏にアーセナルとの契約を満了し、ザンクトパウリへ加入するも、同年7月と2017年6月に前十字じん帯断裂の大怪我を負った。

 長いリハビリを経て復活し、今季はブンデスリーガ2部で16試合に出場して3ゴールを挙げている。そんななか契約更新の運びとなり、スポーツディレクターのウーヴェ・シュテーファー氏が宮市についてクラブ公式サイトで言及。「亮は本当に素晴らしい我々の仲間で、人間性も非の打ちどころがない。そして負傷を重ねたものの、まだ彼にはポテンシャルが秘められていると、我々は思っている。その能力を存分に発揮してもらえるようサポートしていく」と語る。

 またマルクス・カウチンスキ監督も「亮はパワーにもスピードにも優れた攻撃的プレーヤーであり、相手の選手にとって彼を止めることは非常に難しい。非常にポジティブな人間で、このチームに完璧に合致している」と称賛した。

 ザンクトパウリで存在感を放ち、日本代表復帰を果たす日が訪れるだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190306-00174279-soccermzw-socc

続きを読む

他サイト新着記事