蹴球まとめちゃんねる ≫ セリエA

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

FIFA 19 通常版 PS4版
価格:7076円(税込、送料無料) (2018/9/6時点)


ユベントスがサッリ監督を電撃解任!CL敗退からわずか半日で更迭を決断

category - セリエA 0
1: 名無しさん@蹴球 2020/08/08(土) 22:14:25.12 _USER9
 20200808-00077417-sdigestw-000-7-view.jpg 

ユベントスは8月8日、マウリツィオ・サッリ監督を解任したことを発表した。

 マッシミリアーノ・アッレーグリの後任として、今シーズンから指揮を執ったイタリア人指揮官は、国内では前人未到のセリエA9連覇を果たしたが、7日に開催されたチャンピオンズ・リーグのラウンド・オブ16第2レグで、アウェーゴールの差で格下のリヨンに屈し、敗退が決定。厳しい批判に晒されていた。

 試合後、サッリは「わたしは何も予期していない。契約があり、それを遵守する。ハイレベルなディレクターたちが、1試合を基に決定するとは思わない。もっと幅広い検討すると思う」と語っていた。

 一方、アンドレア・アニェッリ会長は「国内9連覇でサッリと一緒にカルチョの歴史の素晴らしい1ページを記した」と前置きしたうえで、「チャンピオンズ・リーグは落胆だ。以前が夢だったとしたら、今は目標だ。数日かけて総合的に検討する」と話し、続投させるのかどうかの判断が注目されていた。

 イタリアの絶対王者が後任に誰を迎えるのか。今後の動きが注目される。


https://news.yahoo.co.jp/articles/be36a713c585730dd984f93dd311d8cadc78623e

続きを読む

【動画】ユベントス、前人未到セリエAを9連覇!36回目のスクデッド獲得!

category - セリエA 0
1: 名無しさん@蹴球 2020/07/27(月) 06:54:05.26 _USER9
[7.26 セリエA第36節 ユベントス2-0サンプドリア]

20200727-43482186-gekisaka-000-1-view.jpg

ユベントスがホームでDF吉田麻也の所属するサンプドリアを2-0で下し、自らの記録を更新する9シーズン連続となる36回目のリーグ優勝を決めた。

優勝に王手をかけた中で迎えた前節の敵地でのウディネーゼ戦はまさかの逆転負け。ホームで改めてスクデットを狙うことになったユベントスが自力で優勝を決める条件は勝利のみという状況で迎えた。
ただ前半29分にDFダニーロが競り合いで頭部を負傷。同40分にはFWパウロ・ディバラが左足鼠径部付近を痛めて交代となるなど、9連覇を前に試練が襲う。

しかしそんな中で先制点が決まる。前半終了間際のアディショナルタイム6分、右サイドでFKを獲得したユベントスはMFミラレム・ピャニッチが横パス。
サインプレーで意表を突くと、FWクリスティアーノ・ロナウドがグラウンダーのダイレクトで流し込み、前半のうちにスコアを動かすことに成功する。

待望の追加点は後半22分、C・ロナウドのミドルシュートをGKが弾いたところにいち早く反応したFWフェデリコ・ベルナルデスキが押し込んでリードを2点に広げる。
同44分にDFアレックス・サンドロの突破から獲得したPKを蹴ったC・ロナウドのシュートはクロスバーを弾いたが、2-0で逃げ切ってホームで歓喜の瞬間を迎えた。



https://news.yahoo.co.jp/articles/98f576d6a3e77896f65ef415cbb34fe815c3d883

158: 名無しさん@蹴球 2020/07/27(月) 08:14:51.22
Ed4yaM8UwAADTkV.jpg


続きを読む

【動画】ボローニャ冨安健洋がセリエA初得点!…ミラン相手に豪快な左足ミドルを叩き込む

category - セリエA 1
1: 名無しさん@蹴球 2020/07/19(日) 05:56:30.34
 ボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋が、18日にセリエA初ゴールを決めた。

20200719-01098276-soccerk-000-4-view.jpg 

 冨安はセリエA第34節のミラン戦に先発出場を果たす。ボローニャの2点ビハインドで迎えた44分、冨安はミランのイタリア代表DFアレッシオ・ロマニョーリをかわして、右サイドからペナルティーアーク内に切り込む。冨安が左足を振り抜くと、ボールはゴール左上に決まり、セリエA初ゴールを決めた。

 これによりセリエAでは、三浦知良、中田英寿、名波浩、中村俊輔、小笠原満男、森本貴幸、長友佑都、本田圭佑に続いて日本人選手9人目となるゴールとなった。

 イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』も冨安を称賛。「(イタリア代表GKジャンルイジ・)ドンナルンマを驚かせたトミヤスの素晴らしいゴールで、ボローニャが不利な状況を打開した」と掲載した。

 現在21歳の冨安は2019年夏にシント・トロイデンからボローニャに移籍。同選手は今シーズン、公式戦29試合に出場している。昨年12月に行われたセリエA第16節のアタランタ戦では移籍後初アシストを記録した。

 なお、ボローニャは1-5でミランに大敗。ボローニャは4試合勝ち無しの状態が続き、11勝10分13敗で暫定10位に位置している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/08346c726cb900930b60776fd0b9315a35725400

20: 名無しさん@蹴球 2020/07/19(日) 06:13:27.99
すごい


159: 名無しさん@蹴球 2020/07/19(日) 08:12:10.97
スーパーゴール&スーパーひどい守備
https://www.youtube.com/watch?v=wJeRK1azEdw

続きを読む

【動画】冨安健洋がC・ロナウドとマッチアップ!ユーベがC・ロナウド&ディバラ弾で首位キープ!

category - セリエA 0
1: 名無しさん@蹴球 2020/06/23(火) 06:52:00.28
セリエA第27節、ボローニャvsユベントスが22日に行われ、0-2でユベントスが勝利した。ボローニャのDF冨安健洋はフル出場している。

20200623-00376596-usoccer-000-1-view.jpg

中断前、1分け2敗と3戦勝利のなかった10位ボローニャ(勝ち点34)は、今季のユベントスとの1stマッチを負傷欠場していた冨安が[4-2-3-1]の右サイドバックで先発となった。

一方、再開後のコッパ・イタリア2試合で低調な試合を演じ、ナポリ相手に優勝を逃した首位ユベントス(勝ち点63)は、2位ラツィオに1ポイント差とされている中、ナポリ戦で負傷したアレックス・サンドロが欠場。3トップは右からベルナルデスキ、ディバラ、C・ロナウドで形成した。

冨安がC・ロナウドとマッチアップした中、まずはユベントスに決定機。7分、ボックス左から中に切れ込んだC・ロナウドがオンターゲットのシュートを放ったが、GKスコルプスキの好守に阻まれた。

オープンな立ち上がりとなった中、ユベントスは21分にPKを獲得する。左CKの流れでデ・リフトがデンスウィルに倒され、VARの末にPKとなった。このPKをC・ロナウドが決めてユベントスが先制した。

先制後はユベントスが敵陣でのプレーを増やした中、36分に加点する。ベルナルデスキのパスを受けたペナルティアーク中央のディバラが左足を一閃。パーフェクトなシュートがゴール左上に突き刺さった。

ユベントスが2点をリードして迎えた後半、開始7分に決定機。冨安の背後でスルーパスを受けたボックス左のC・ロナウドがシュートに持ち込むも枠を捉えきれなかった。

1分後にもベルナルデスキのミドルシュートが左ポストに直撃したユベントスは、65分に負傷したデ・シリオに代えてダニーロを投入。

前がかるボローニャに対し、終盤にかけては守備に徹したユベントスがダニーロの退場があったものの、シャットアウト。リーグ再開初戦を制し首位をキープしている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/074fab93d66108be3743823d350ef98b786df8ab

133: 名無しさん@蹴球 2020/06/23(火) 08:59:54.75

続きを読む

セリエA最下位ブレシア会長が今季中止を求める!「スクデット?そんなものどうでもいい」

category - セリエA 0
1: 名無しさん@蹴球 2020/03/23(月) 12:27:39.89
「生活が第一であるべき」

20200323-00010010-goal-000-5-view.jpg

ブレシアのマッシモ・チェッリーノ会長は、セリエAの2019-20シーズンの打ち切りを求めた。

昨年末に中国で確認されて以降、世界各国で猛威を振るう新型コロナウイルス。中でもイタリアの状況は非常に深刻で、22日現在、感染者数が6万人に達する勢いで、死者も5400人を超えた。フットボール界もこの影響を受けており、9日にセリエAの中断が決定。ユヴェントスのパウロ・ディバラやミラン幹部パオロ・マルディーニ氏など、複数関係者にも感染が確認されている。

終息の見通しすら立たない現状を受け、セリエA再開への懸念が広がる中、ここまで最下位に沈むブレシアのチェッリーノ会長は、イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』で国内の状況を憂慮するとともに、フットボールどころではないと主張した。

「毎日のように大切な人が亡くなる中で、人々は仕事や元通りの生活を強く願っている。チャンピオンシップの話をしたいと思うか?タイトルがどうした?そんなものを気にしていられるか。私も外出する恐怖に怯え、鬱になってしまいそうだ」

「フットボールに関してのことは、すべて来シーズンに延期すればいい。現実的にならなければいけない。これは大厄災だ。ファンすらフットボールの再開を求めてはいない。生活が第一であるべきだ。病院で酸素に繋がれたり、挿管中のウルトラスがいて、愛すべき人の喪に伏すウルトラスもいる」

「今季中にプレーできるとは思わない。次のシーズンのことを考える時だ。現実を理解していない人間もまだまだいるが、彼らはウイルスよりも悪だ。私自身、奇跡を信じることを止めた。シーズンは終わりだ。誰かスクデットを欲しがる人間がいればくれてやればいい。それでおしまいだ」

そして最後に、同会長は「私はブレシアが最下位だからこのようなことを言っているわけではない」と強調している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200323-00010010-goal-socc

続きを読む

他サイト新着記事