【悲報】ホームで敗戦のドルトムント…香川に独紙は酷評「簡単に奪われ過ぎ」「印象的なプレーほぼなし」

1: 名無しさん 2017/11/22(水) 13:03:41.80 
先発の香川、独紙は酷評「簡単に奪われ過ぎ」「印象的なプレーほぼなし」/欧州CL

20171122-00671743-soccerk-000-1-view.jpg 
 
ドルトムントは、21日に行われたチャンピオンズリーグ・グループリーグ第5節でトッテナムに1-2と敗れ、敗退が決定した。この試合に先発したMF香川真司だが、地元紙は低めの評価を下している。

グループリーグ突破のため勝利が絶対条件、かつレアル・マドリーがアポエルに敗れる必要があるという厳しい状況の中、ホームにトッテナムを迎えたドルトムント。31分にFWピエール=エメリク・オーバメヤンのゴールで先制するも、前半のうちに同点に追いつかれると、76分にソン・フンミンに勝ち越し弾を奪われる。さらにはこの試合でビッグセーブを連発していたGKロマン・ビュルキが負傷交代するなど、最悪の展開に。結局最後まで追いつくことができず、グループ敗退が決定した。

先発出場を果たした香川だが、得点に絡むことはできず。同点で迎えた66分にベンチに下がっている。

地元メディア『WAZ』は、香川のプレーに対し「4」と低めの採点をつけた。「日本人選手は試合になかなか入り込めず、ファーストボールを簡単に奪われ過ぎた。徐々にパス成功率を上げ、先制点の起点にもなった」と寸評している。なお、好セーブを見せたGKロマン・ビュルキ(「2」)やアシストを記録したFWアンドリ―・ヤルモレンコ(「2.5」)には高評価をつけたが、DFマルク・バルトラには「5.5」と厳しい評価を下した。

『ルールナハリヒテン』でも、香川の採点は「4」となった。「序盤に迎えた2つの不運な場面が、意思と実行の差を象徴している。彼のプレーはインパクトを与えることはほとんどなかったが、相手ボールにおいては懸命に働いた」と守備での貢献に言及。
ビュルキに「2」とチーム最高点をつけ、ヤルモレンコは「4」という採点になった。また『WAZ』と同様に、バルトラには単独ワーストとなる「5」をつけている。
(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)



http://www.sanspo.com/soccer/news/20171122/sci17112211080013-n1.html

引用元:2ch.sc

続きを読む

【動画】ソン・フンミンがCLでMOMに!ドルトムント戦は10試合出場で8ゴールwwwww

1: 名無しさん 2017/11/22(水) 09:41:21.04
2017-10-22-tottenham-son_137jstlzl25a01atyj7ihm4vde.jpg 

現地時間21日にチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第5節の試合が行われ、トッテナムはドルトムントのホームに乗り込んで対戦し2-1の逆転勝利をおさめた。この試合で決勝点を決めたトッテナム所属の韓国代表FWソン・フンミンが、英メディア『BBC』が選ぶMOM(マン・オブザ・マッチ)に選出されている。

 試合開始して31分、ドルトムントのピエール・エメリク・オーバメヤンに先制点を決められた。しかし、49分にハリー・ケインが同点弾を決めると、76分にはソン・フンミンが追加点。この得点が決勝点となり、トッテナムが2-1の勝利をおさめている。

 ソン・フンミンはこれまで、ハンブルガーSVやレバークーゼン、トッテナムでプレーしてきたが、その間に何度もドルトムントと対戦している。これまでにドルトムント戦で10試合に出場し8得点を記録するなど、ドルトムント戦を大の得意としている。同メディアはソン・フンミンをMOMに選出し、寸評では「後半はドルトムントのディフェンダーを悩まし、MOMの活躍で素晴らしい勝利を掴み取った」とコメントした。


https://www.footballchannel.jp/2017/11/22/post242400/

引用元:2ch.sc

続きを読む

【動画】ドルトムント、トッテナムに逆転負けでCL敗退!先発の香川は後半途中に交代…

1: 名無しさん 2017/11/22(水) 06:43:05.85 
20171122-00671743-soccerk-000-1-view.jpg 

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第5節が21日に行われ、MF香川真司所属のドルトムントとトッテナムが対戦した。香川は公式戦4試合連続で先発出場した。

 グループHの首位に立つトッテナムはすでに決勝トーナメント進出が決定。一方のドルトムントはこの試合に勝った上で、同時刻に行われる試合でレアル・マドリードがアポエルと引き分け以下に終わらない限り、グループステージ敗退となる。

 試合はトッテナムがやや押し気味に進めたが、先制したのはドルトムントだった。31分、ペナルティエリア手前中央でパスを受けたアンドリー・ヤルモレンコが右足ヒールでエリア内へ送ると、抜け出したピエール・エメリク・オーバメヤンがゴール左下へ流し込んだ。

 その後は再びトッテナムが敵陣に押し込んでチャンスを作ったがゴール青奪うことはできず、このまま1-0で前半を折り返した。

 後半に入り49分、トッテナムは高い位置でボールを奪うと、エリア手前中央でパスを受けたハリー・ケインが右足でシュート。これがゴール左下に決まり、試合は振り出しに戻った。

 追い付かれたドルトムントは66分、香川を下げてゴンサロ・カストロを投入。しかし、次のゴールを奪ったのはトッテナムだった。76分、左サイドを個人技で突破したデレ・アリが折り返すと、エリア内で受けたソン・フンミンがワントラップから右足でシュート。これがゴール右上に決まった。

 試合はこのままタイムアップを迎え、トッテナムが2-1で勝利。敗れたドルトムントはグループステージ敗退が決まった。

 次節は12月6日に行われ、ドルトムントはアウェイでレアル・マドリードと、トッテナムはホームでアポエルと対戦する。

【スコア】
ドルトムント 1-2 トッテナム

【得点者】
1-0 31分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
1-1 49分 ハリー・ケイン(トッテナム)
1-2 76分 ソン・フンミン(トッテナム)



https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171122-00671743-soccerk-socc

引用元:2ch.sc

続きを読む

【画像】UEFA、「21世紀ベスト11」を発表wwwwwwwwww

1: 名無しさん 2017/11/21(火) 23:03:44.19
GK
カシージャス

DF
プジョル
ラーム
セルヒオラモス
ピケ

MF
シャビ
イニエスタ
ジェラード

FW
クリロナ
メッシ
アンリ

4WYLAxI.jpg

5: 名無しさん 2017/11/21(火) 23:04:59.81
UEFAは21日、毎年恒例となっているチーム・オブ・ザ・イヤーの発表に先立ち、21世紀ベスト11を発表した。

今回のベスト11は過去にチーム・オブ・ザ・イヤーに選出された回数や国際大会での活躍などを考慮して選出されている。
イレブンの内訳を見ると、バルセロナの選手が5人、レアル・マドリードの選手が3人(現ポルトのカシージャスを含む)と、スペインの2強から計8名が選出される結果となった。
なお、ティエリ・アンリはバルセロナでもプレーしたが、チーム・オブ・ザ・イヤー受賞時はアーセナルに在籍していたため、元アーセナルとしてカウントされている。
また、国籍別に見てもスペイン人がトップの6人と、21世紀におけるスペインサッカーの強さが際立つ。

https://www.soccer-king.jp/news/world/cl/20171121/671685.html

引用元:2ch.sc

続きを読む

浦和レッズ、ラファエル・シルバへの差別的投稿、GK西川へのレーザー光線をAFCに報告!

1: 名無しさん 2017/11/21(火) 18:49:33.36 
 J1浦和は21日、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝第1戦のアルヒラル(サウジアラビア)戦で先制点を決めたFWラファエル・シルバのインスタグラムに対し、差別的な投稿があったことをアジア・サッカー連盟(AFC)に報告した。

また、第1戦でGK西川周作がスタンドからレーザー光線を顔などに当てられた件の報告書も提出したという。ラファエル・シルバのインスタグラムには、アルヒラルサポーターと見られる人物から「猿の絵文字」などが投稿されていた。

jle17112117550006-p1.jpg 

 浦和はこの日、公式ホームページで「すでにSNSや報道でご存じかと思いますが、浦和レッズの選手であり、私たちのファミリーである、ラファエル シルバ、マウリシオなどのInstagramアカウントに、差別的な投稿がなされました。ラファエル シルバは、『この世界にまだ差別主義者がいることを悲しんでいます。私は私の肌に誇りを持っています』とメッセージを発信しています。

浦和レッズとしましては、AFCに事実を報告しました。私たちは、私たちのファミリーである選手をいかなる差別からも守ります。浦和レッズは、2014年に差別撲滅に向けた行動計画『ZERO TOLERANCE(絶対許さない)』を策定し、クラブ内はもちろん、ホームゲーム時のスタジアムやホームタウン内の学校において、啓発活動を軸に取り組んでいます。今後も差別を断固として許さないというFIFAをはじめとするサッカーファミリー全体の方針に共鳴しながら、この取り組みを推進してまいります」などと発表した。

 ラファエル・シルバは21日の練習後、取材に応じ、「何も僕を傷つけることはできない。そういう(差別的な)意図があっても、届いていない。第2戦のことだけに集中したい」などと冷静に話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171121-00000141-sph-socc

引用元:2ch.sc

続きを読む

オススメ

スポンサーリンク

お知らせ


rss-35.png hatena-35.png
相互リンク募集中です
お気軽にメール下さい!

最新記事

他サイト記事