[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

FIFA 19 通常版 PS4版
価格:7076円(税込、送料無料) (2018/9/6時点)


ヴィッセル神戸、セレッソMF山口蛍の獲得決定的!移籍金2億円で“バルサ化”着々、ブスケツ的役割に期待

category - 移籍情報・噂 1
1: 名無しさん@蹴球 2018/12/11(火) 05:45:22.89 _USER9
20181211s00002179023000p_view.jpg

神戸がC大阪の元日本代表MF山口蛍(28)を完全移籍で獲得することが決定的となった。10日、複数の関係者が明かしたもの。元スペイン代表FWダビド・ビジャ(36)に続く大型補強で、クラブ初タイトルへ着々と戦力が整いつつある。

 「神戸の蛍」誕生まで秒読み段階に入った。山口は1日のリーグ最終節・横浜戦後に「とりあえず、去年(のオフは)はほとんど休んでいない。休むことだけを考えます」と去就に関しては言葉を濁していたが、複数のサッカー関係者によると、交渉は細部を詰める最終段階に突入。移籍金は推定2億円、年俸は推定1億円を超える複数年の大型契約で、年内にも正式発表される可能性が高い。

 三木谷浩史会長の掲げる“バルセロナ化”に、山口は欠かせないパーツだ。バルセロナには守備的MFで「アンカー」と呼ばれる位置に、スペイン代表MFブスケツが君臨。的確な状況判断や攻守のバランスを取るセンス、そして高い守備力で屋台骨を支えている。

 山口はブスケツのような役割を担う。来季からの新加入が決定しているFWビジャや元スペイン代表MFイニエスタ、元ドイツ代表FWポドルスキの守備負担を減らし、彼らの攻撃力を生かすことが期待されている。また、世界的な選手たちと同じピッチでプレーできるのは、山口の成長にもつながるはずだ。

 慣れ親しんだ関西で、大きく環境が変わらないのもメリット。日本が誇るダイナモが、クラブ悲願の初タイトルへ加速させていく。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181211-00000011-spnannex-socc

続きを読む

F・トーレス、Jリーグでありがちな傾向を問題視!「技術を信じすぎてチームの戦術を忘れがち」

category - 選手・小ネタ 0
1: 名無しさん@蹴球 2018/12/10(月) 18:52:48.55 _USER9
d8696_1498_905c47dcd0b718b8ae822431e55f850a.jpg 

 「神の子」からのご神託!! J1サガン鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンドトーレス(34)が西日本新聞社の独占インタビューに応じた。クラブによると7月の来日以降、国内の新聞社、テレビ局の単独取材に応じたのは初めて。来季の残留を明言している世界的ストライカーは14位で苦しみながら残留した現状を踏まえ、クラブにチームの課題や今後について提言する考えを明かした。ワールドカップ(W杯)と欧州チャンピオンズリーグ(CL)を制した実績と経験を積極的にクラブに注入し、日本サッカーのレベル向上にも貢献する覚悟だ。

 謙虚なストライカーがついに動く。残留の救世主となったフェルナンドトーレスが来季は積極的にチームづくりに関与する意欲を明かした。7月に途中加入して3得点をマーク。攻守に献身的なプレーを見せた今季は「シーズン中だったので、チームの戦い方や目指すものに早く適応しなければいけなかった」と我慢を重ねたが、来季はクラブの飛躍のために意見を惜しまずに出していく。

 「鳥栖にはたくさん改善しないといけないことがある。社長やスタッフとのミーティングを通じ、どうすればトップのチームになれるか相談したい」

 具体的に挙げた課題は、二つ。一つは後半の戦い方だ。鳥栖に限らずJリーグでは後半に攻守が目まぐるしく入れ替わる「オープンゲーム」になることが多い。この傾向を問題視した。

 「日本の選手たちは技術に自信を持ってプレーするが、技術を信じすぎてチームの戦術を忘れがち。特に試合後半では攻撃をする人と守備をする人に分かれ、中盤に誰もいないことがある。戦術は守備だけでなく、得点のチャンスを増やす上で大切なんだ」

 今夏、スペイン代表でともにプレーしたイニエスタ(神戸)と同じタイミングでJリーグに移籍。2人の世界的スタープレーヤーのJクラブ入りは大きな話題を呼んだ。試合での問題点について「イニエスタも私と同じように感じていたよ」と明かした。

 さらに敗戦後も悔しさをあらわにしない希薄さにも「怒らないなんて理解しづらい」と首をかしげる。常に厳しい目を向けられる欧州でプレーし続けてきたベテランFWは野球人気が高い日本で本格的に初めてプレーし、Jリーガーの覚悟不足が目に映ったようだ。

 「1試合負けたのが原因で、タイトルを取れなくなるかもしれない。たとえ1ポイントの勝ち点でも命綱と感じなければ選手として問題だ。時間がたてば、欧州のように周りからの重圧を感じなければいけない状況になる。そうすれば、Jリーグの選手はもっと強くなる」

 イニエスタが在籍する神戸に、来季は元同国代表で2010年W杯得点王のビジャが加入する。「Jリーグにはこれからもっとうまい選手が日本に来て、年々厳しいリーグになる。神戸のようなチームと競り合いたいならば、鳥栖も早く準備を進めないと」と危機感を示した。ピッチの内外で世界基準の考えを鳥栖に注ぎ込む。 
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15713027/

続きを読む

【悲報】バルセロナFWデンベレ、また2時間の遅刻!寝坊と説明し謝罪

category - 事件・話題 0
1: 名無しさん@蹴球 2018/12/10(月) 18:29:52.23 _USER9
1068696378-800x523.jpg 

スペイン1部リーグ、バルセロナのFWウスマン・デンベレが9日のチーム練習に2時間近く遅刻したという。バルセロナのラジオ局RAC1など複数のバルセロナメディアが伝えている。

 報道によると予定では同日の練習開始は11時。しかしデンベレは13時前になって練習場に姿を現した。すぐにチームメイトらに謝罪、寝坊したと説明したという。

 デンベレの遅刻は今回が初めてではなく、先月8日にも集合時間に1時間半遅れていた。バルベルデ監督はそのすぐ後のリーガ試合に同選手をスタンド観戦させペナルティーを課した。その後新たな問題もなく前日8日のエスパニョール戦では1ゴール1アシストをマーク。これ以上ないパフォーマンスを披露した直後の“再犯”となっただけに今後どういった対応がなされるか注目される。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181210-00000119-dal-socc

続きを読む

堂安律、プレミア王者マン・Cが来年1月に“堂安獲り”視野と英報道!「日本人スターの卵」

category - 移籍情報・噂 0
1: 名無しさん@蹴球 2018/12/10(月) 18:49:05.14 _USER9
20180809_ritsu-doan8680-1.jpg

フローニンゲンの日本代表MF堂安律はすでにビッグクラブ移籍の噂が複数浮上しているが、英メディアではマンチェスター・シティが来年1月の移籍マーケットで獲得を目指していると報じられた。

「マン・シティは1月に日本人スターの卵獲得を目指す」

 こう報じたのは英メディア「TEAMtalk」だ。フローニンゲンでブレーク中の堂安の獲得をシティが熱望しているようだと特集している。

「小柄なアタッキングミッドフィールダー」と称されている堂安に対しては、シティ以外にもチェルシーやアーセナル、アトレチコ・マドリード、そしてMF香川真司の所属するドルトムントも関心を持っていると言われる。

 そうしたなかで、シティのスカウトは堂安の視察を続けているという。ライバルクラブの動きも盛んに報じられるようになり、出し抜かれることを恐れているとも記されている。

 それでもシティは、フローニンゲンが元オランダ代表MFアリエン・ロッベン以来の若手有望株とも期待される堂安の獲得に自信ものぞかせているという。記事ではシティは1月中に獲得を決めたうえで、2020年夏までは引き続きオランダでプレーさせる可能性があると具体的な話も出てきている。シティは将来有望な堂安をじっくりと育てていくプランを持っているのかもしれない。

 海外挑戦2年目ながら日本代表の主力にも定着し、ビッグクラブが追いかける存在となった堂安。ペップ・グアルディオラ監督率いるメガクラブへの移籍は現実のものとなるだろうか

https://www.football-zone.net/archives/153372

続きを読む

【動画】韓国代表FWソン・フンミン、レスター戦で衝撃ミドル弾!英紙称賛「スペクタクル」

category - プレミアリーグ 0
1: 名無しさん@蹴球 2018/12/10(月) 16:52:31.05 _USER9
ペナルティーエリア外から左足一閃、トットナムの2-0勝利に貢献

20181233.jpg 

 トットナムの韓国代表FWソン・フンミンは、現地時間8日に行われたレスター・シティ戦(2-0)に先発出場。前半終了間際にペナルティーエリア外から左足で強烈なミドルシュートを叩き込み、英メディアから「スペクタクル」と称賛された。

0-0で迎えた前半アディショナルタイム1分、ソン・フンミンはペナルティーエリア手前の右サイドでパスを受けると、ドリブルで中央へ切れ込む。そして対峙したDFのプレッシャーを受ける前に左足を振り抜くと、カーブのかかった鋭いボールが勢い良くゴール左隅に突き刺さった。

 この一撃を英紙「デイリー・メール」は、「スペクタクルな先制点」「鮮やかカールショットがゴール左隅に」と報じた。今季序盤戦はアジア大会参加のために出遅れたソン・フンミンだが、直近4試合で3得点1アシストとゴールに絡む活躍を続けている。

 また、ソン・フンミンはレスター相手に愛称が良いというデータも残っている。特に先発した際には確かな結果を残しているようで、データ分析会社「オプタ」によれば今節を含むスタメン出場したレスター戦では、2試合で3得点1アシストだと伝えた。

 ドイツ時代には“ドルトムント・キラー”として知られていたソン・フンミンだが、イングランドでは新たに“レスター・キラー”ぶりを発揮している。


https://www.football-zone.net/archives/153024

続きを読む

他サイト新着記事