[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

FIFA 19 通常版 PS4版
価格:7076円(税込、送料無料) (2018/9/6時点)


【動画】柴崎岳(デポルティボ・ラ・コルーニャ)>開幕戦で先制点演出!地元紙絶賛「昇格の夢を見せてくれると確信」

category - ラ・リーガ 0
1: 名無しさん@蹴球 2019/08/19(月) 13:02:36.03
オビエド戦でフル出場し、3-2の勝利に貢献 「絶え間ない献身性」にも賛辞

20190819-00211444-soccermzw-000-1-view.jpg 

日本代表MF柴崎岳が所属するデポルティボ・ラ・コルーニャは現地時間18日にリーガ・エスパニョーラ2部第1節オビエド戦に臨み、3-2と白星スタートを切った。柴崎は先発フル出場を果たして先制ゴールの起点になるなど活躍したなかで、地元紙から「日本人のファンタジスタ」と賛辞を送られている。

 この日、柴崎は4-2-3-1の左ボランチとしてキックオフの笛を聞いた。すると前半20分、ボールを奪い取った柴崎が攻撃の起点となって攻撃を展開し、コートジボワール人FWママドゥ・コネの先制ゴールを導き出した。後半はお互いが2点ずつを挙げる打ち合いとなり、柴崎は中盤を落ち着かせる役割を90分間にわたって任された。

 1部復帰を目指すデポルティボにとって、幸先の良い勝ち点3。そのなかで柴崎の働きを高く評価しているのは地元メディアの「ラボス・デ・ガリシア」だ。「日本のファンタジスタとエレファンツ(コートジボワール代表の愛称)の積み重ね」とのタイトルで、柴崎とコネの働きを評価。特に柴崎についてはこのように記されている。

「ガクはガス(体力)が続くことを、祈り続けなければならなかった。攻撃面でも守備面でもだ。彼の絶え間ない献身性、そして驚くべきキックから危険なパスを送り込んだ。何よりも後方からパスを入れつつ(守備での危険な場面を)カバーすることで、相手のラインを打ち破るのを楽にした」

 このように攻守両面での気の利いたプレーぶりが評価されている。そしてこの90分間で得たメディアからの信頼はかなり大きいようだ。

「(デポルティボの本拠地の)リアソールは、昇格の夢を見せてくれる選手だと確信し、恋に落ちていた。日本人はデビュー戦で輝き、デポルでの融合が上手くいっていることが明らかになった」

 1990年代後半から2000年代前半にかけて「スーペル・デポル」と呼ばれる黄金期を築いたデポルティボも、近年は1部と2部を行き来する低迷期にある。その状況を打開する役割を期待されている柴崎だが、初の公式戦でのプレーはクラブ内外に実力を示したと言えるだろう



https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190819-00211444-soccermzw-socc

続きを読む

堂安律、PSV移籍合意報道きたあああああああ!!!

category - 移籍情報・噂 0
1: 名無しさん@蹴球 2019/08/19(月) 02:13:31.13
<オランダリーグ:AZ0-0フローニンゲン>◇18日◇デンハーグ

news_282138_1.jpg 

フローニンゲンの日本代表MF堂安律が、ホーム扱いのAZ戦を欠場した。

堂安不在だったが、フローニンゲンのMF板倉滉と、名古屋グランパスから移籍したAZのDF菅原由勢の日本人対決は実現した。

PSV移籍が取りざたされている堂安は、ウオーミングアップの途中で突如、欠場となったようだ。頭痛を訴えたというが、
オランダの一部メディアには試合直前にPSV移籍が合意に達したため、急きょ欠場したと報じているものもある。

試合終了時点で両クラブから正式な発表は何もないが、キャプテンマークを巻くはずだった堂安の突然の欠場で、騒がしくなっていた日本代表MFの周囲がさらに騒がしくなりそうな気配だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190819-08190027-nksports-socc

続きを読む

【動画】G大阪はまたも終了間際に失点!開始15分でルキアン退場も、磐田が土壇場PK弾で追いついてドロー…

category - Jリーグ 1
1: 名無しさん@蹴球 2019/08/18(日) 21:00:41.42
20190818-00010034-goal-000-4-view.jpg 

G大阪 1-1 磐田
[得点者]
44'小野瀬 康介(G大阪)

90+5'中山 仁斗(磐田)PK

スタジアム:パナソニック スタジアム 吹田
入場者数:37,334人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/081802/live/#live

J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/

9: 名無しさん@蹴球 2019/08/18(日) 21:01:48.31
>>1
開始15分の退場も、磐田が土壇場PK弾で追いついてドロー…G大阪はまたも終了間際に失点

明治安田生命J1リーグ第23節が18日に行われ、ガンバ大阪とジュビロ磐田による残留争うライバルの直接対決が行われた。

G大阪は遠藤保仁、倉田秋、宇佐美貴史、パトリックといった強力攻撃陣がスタメンに。井手口陽介、アデミウソンはベンチスタートとなった。一方、ジュビロ磐田は小林稔コーチが代行監督としてベンチに座る。スタメンには田口泰士、上原力也、山田大記が入り、新加入のファビオがスタメン入りした。古巣対戦となった今野泰幸はベンチスタートに。

磐田が積極的な入りでシュートチャンスを作るなど好機を生み出すが、15分にアクシデント。FWルキアンがファウルの笛の後にボールを蹴ってしまい、2枚目のイエローカードで退場。早い時間から数的不利を強いられてしまう。

直後のパトリックのヘディングシュートはGKカミンスキーが好守でしのぐが、前半終了間際に試合が動く。小野瀬康介のクロス性のボールがそのままゴールへと吸い込まれ、G大阪が先制に成功する。

後半に入っても、G大阪ペースは変わらず。磐田は数的不利を素早い切り替えでなんとか対応しつつ、58分にはアダイウトンを投入し、反撃の一手を打つ。

相手のミスから徐々に敵陣にも踏み込めるようになった磐田は、78分には荒木大吾も投入して勝負に出る。80分には右サイドからG大阪が完全に崩し、宇佐美が至近距離からフリーで右足を振り抜くが、バーに嫌われる。

終盤にかけては磐田が、リスクを冒して攻勢をかけると、最後の最後で実る。ロングボールから中山仁斗ペナルティーエリアで倒され、PKを獲得。これを自ら沈め、磐田が土壇場で追いつく。試合はそのまま終了し、1-1で勝点1を分け合った。

■試合結果
G大阪 1-1 磐田
■得点者
G大阪:小野瀬(44分)
磐田:中山(90+5分)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190818-00010034-goal-socc

続きを読む

【動画】絶好調・ザルツ南野拓実がまたゴール!今季公式戦5戦4得点と勢い止まらず

category - 各国代表・リーグ 2
1: 名無しさん@蹴球 2019/08/18(日) 12:51:45.25
[8.17 オーストリア・ブンデスリーガ第4節 ザンクト・ペルテン0-6ザルツブルク]

 20190818-43470627-gekisaka-000-3-view.jpg 

 オーストリア・ブンデスリーガ第4節が17日に行われ、FW南野拓実とFW奥川雅也の所属するザルツブルクがザンクト・ペルテンのホームに乗り込み、6-0の完封勝利を収めた。先発出場した南野は後半22分までプレーして1ゴールを記録。前節、負傷交代した奥川はベンチ外だった。

 スコアレスで試合が進む中、前半30分にFWファン・ヒチャンのアシストからFWアーリング・ハーランドがネットを揺らしてザルツブルクが先制に成功。さらに同38分にはMFドミニク・ショボスライのお膳立てからファン・ヒチャンが決め、リードを2点差に広げる。

 2-0とザルツブルクがリードしたまま後半を迎えると、同5分にハーランドが自身2点目を沈め、同8分にはハーランドのラストパスから南野が決めてリードは4点差に。南野はリーグ戦3ゴール目、公式戦5試合4得点と結果を残し続けている。

 攻撃の手を緩めないザルツブルクは同10分にDFアンドレアス・ウルマーが5点目を奪取すると、同12分にはザンクト・ペルテンMFダニエル・シュッツが退場して数的優位に立つ。その後も後半24分にFWセク・コイタが加点したザルツブルクが6-0で圧勝した。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190818-43470627-gekisaka-socc

続きを読む

他サイト新着記事